弁護士とスケジュール帳のお話。

先日の投稿で年内終わりの予定でした。

しかし、今年を閉めようと思った時、ひとつ気になることが出てきてしまいました。

このブログが法テラスネタで注目されてから、「弁護士として生活していく中で思ったよしなしごと」を書こうという初心をやや忘れ、社会的な出来事ばかりについて書くようになってしまいました。
無意識のうちに「取り上げられたい」「いいね!いっぱいほしい」などというあさましい気持ちが芽生えていたのです。

お陰様で?BLOGOSのブロガーにもしてもらい、投稿が転載されるようになりました(コメントは罵詈雑言が多そうだと思って怖くて見ていませんが)。

弁護士10年目を過ぎた2016年の年の瀬、初心に戻って、何の示唆もない話を投稿して終わろうと思うに至りました。そうしなければ、なんだか悔いが残りそうだと。

そこで、今日はくだらない話を書くことにしました。

弁護士にとってスケジュール帳は、なくてはならない必須アイテムのひとつです。
訴訟や調停の期日、打ち合わせや相談の期日をすっぽかすわけにはいかないですし、何か月も先のスケジュールを押さえなければならないこともあります(テラバヤシは、つい最近2017年9月のスケジュールが押さえられてしまいました)。
そんなことを覚えていることは不可能ですし、埋まったスケジュールの隙間にさらにスケジュールを入れなければならないこともあります。手帳とにらめっこする必要があります。
家族や恋人よりも一緒にいる時間が長い、スケジュール帳は、弁護士にとって、そんな存在です。

最近では、スマホのスケジュール機能やグーグルカレンダーでスケジュール管理をしている弁護士も結構いるようですが、テラバヤシは手帳派です(大きな事務所ではグーグルカレンダーで弁護士のスケジュール管理をしているところも少なくないようです)。
以前、スケジュールから友人知人の連絡先からデータ化して管理していた友人が、それらをすべて誤って消去してしまうという大惨事を見たことがあるからです。

さて、弁護士が持つスケジュール帳と言えば、「訟廷日誌」という分厚い黒い手帳と「弁護士日誌」という薄手の毎年表紙の色が変わる手帳があります。
前者は有料で値段は2000円弱。後者は無料で、毎年確か11月くらいに無料で配布してくれていました(東京限定かもしれませんが)。
毎日のスケジュールを記載する欄が市販の手帳よりもかなりたくさんあること、翌年のスケジュール記載欄も3月末までの分は設けられていること、前年と翌年のカレンダーがついていることなどが特徴です。一冊にまとまっているか分冊されているかは別として、訴訟の手数料等など業務上必要な情報についても手帳化されて一緒に配布されることもまた、大きな特徴でした。

テラバヤシは、5年ほど前に一度だけ訟廷日誌を買ったことがありましたが、分厚くて使いにくいと感じたため、その後は無料配布される弁護士日誌の方を愛用しておりました。
そして、翌年3月の分までスケジュールが記載できるのをよいことに、毎年年末ぎりぎりになるまで、スケジュール帳の書き換えを行っておりませんでした。

12月も半ばを過ぎたころ、ハタと気づきました。
そういえば今年は、2017年の弁護士日誌が送られてきていないことに。

しかし、ちょうどそのころ、民事裁判の期日でお会いした相手方の代理人の手元には、ブルー系の2017年のものと思しき弁護士日誌があるのを見ておりました。

なぜだ。
なぜ私のところにはないのだ。
その話を私の友人にしたところ、その友人のところにも弁護士日誌が来ていないことがわかりました。
なぜだ、なぜだとふたりしてひとしきり話していましたが、ある日、その友人がとある情報を仕入れました。

2017年の弁護士日誌から有料になった。
値段は1000円である。

そういわれてみれば、何か月か前に弁護士協同組合から冊子が届いた際に、そんなことを書いている紙が入っていたような記憶が、どことなーく蘇りました。
もしかすると、ネット販売などで入手することも可能だったのかもしれませんが、帰省の予定であるとか諸々考えて、今年は弁護士日誌の入手をあきらめ、市販のものを購入することにしました。

で、書店に行って手帳を買おうとしたのですが、弁護士日誌に慣れていた身からすると、どれもこれも使いにくいものばかり。
まず、時間の流れが左から右に向かって区切られているものは(ことのほかこのタイプが多い)、我々の職業からすると、その時間に予定されている用件をスペース的に書けないため、完璧にアウト。おそらく、ビジネスマンなんかを念頭に置くと「会議」とか短いワードでしか予定が記載されないから、こういう作りになっているのではないかと推察されます。
用件を書くスペースが日ごとにしっかり確保されている手帳を買おうとすると、サイズが大きくなるか、分厚くなるかのどちらか。
荷物をできるだけコンパクトにしたい身からすると、どちらも選びたくない。
そして、全体的に必要ないページが結構ある印象(メモ部分や連絡先の記載欄がやたら多いなど)。

弁護士日誌や訟廷日誌は、自分たちの仕事にとって「必要にして十分な手帳」であることを改めてしみじみ感じました。

で、結局、テラバヤシの2017年のお供は、モレスキンのスケジュール帳になりました。
一番シンプルで無駄がなかったというのが理由です。
実は、モレスキンのノート自体は、消耗品として高すぎると感じており、日々のメモどりにはダイソーが販売しているB6判のモレスキンもどき、俗称「ダイスキン」を愛用しております。
そういうテラバヤシにとっては、モレスキンのスケジュール帳を使うなどという行為は、なんというか踏み絵を踏むような複雑な心境でした。が、他の手帳は、もうどうしてもいやだったので、思い切って購入に至りました。

舶来物のため、日本の祝祭日の記載等は全くなく、かつ、2016年12月の最終週から始まり、2017年12月の最終週で終わるというまさに「1年物」の手帳です。まさに究極のシンプルです。
購入して一番最初にしたのは、2017年の日祝祭日に赤丸をつけることでした。
そして、2018年の手帳は相当早めに買うことがもはや義務付けられているといっても過言ではありません。

ですが、モレスキンのおニューの手帳に、スケジュールを記載してみたところ、手帳としての使い勝手は、かなり良いな、と感じるようになりました。
究極のシンプル故、自分なりに使いやすいように作りこんでいくことができるように思います。

これから1年お世話になることになりますが、転記を意識しなければならない時期になったとき、果たして弁護士日誌に戻るのか、2018年もモレスキンで行くことにするのかは、まだわかりません。
が、今年私と同じように(あんまりいないか)弁護士日誌を入手しそびれた人には、モレスキンのスケジュール帳をお勧めしたい気分なのでした。

これでほんとに今年の投稿は終わりにします。

皆様、よいお年を!!




[PR]
by terarinterarin | 2016-12-28 22:32 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin