樋口新葉さんを見て、ちょっと思ったこと。

以前も書いたことがあるような気がしますが、テラバヤシはフィギュアスケートを見るのが大好きです。
この週末も、韓国で開催されているフィギュアスケートの四大陸選手権の放送を楽しんでおりました。

女子シングルでは三原舞依さんという初出場の日本人選手が初優勝を飾りました。
現在の日本のエース宮原知子さんを思い出すような(と言っては三原さんに失礼ですが)、生真面目な人柄と正確な技術。インタビューの受け答えも初々しく生真面目で、キス&クライでの振る舞いも愛らしく、今後彼女のファンがどんどん増えて行くんだろうな、彼女のことを嫌いというスケートファンはきっとあまりでてこないだろうな、と思わせる選手です(私も、非常にほほえましく拝見しておりました)。

その一方で、今回その力を全く発揮できなかった選手がいました。それがタイトルにも書いた樋口新葉さんです。
樋口さんは、まだ高校1年生。今シーズン、ジュニアからシニアに上がって世界レベルの大会にも続々出場。全日本選手権で2位になり、今回の四大陸選手権と3月の世界選手権の日本代表を勝ちとりました。
ジュニア時代からスピード感あふれる演技と難易度の高いジャンプを武器に国際大会で良い成績を収めており、シニアに上がった今年は、さらなる活躍が期待されていました。
宮原知子さんが故障で四大陸選手権を欠場することとなったあと、表彰台に上がることを期待されていたのは、ジュニア時代の成績や全日本の順位から考えて、三原さんではなくむしろ樋口さんだったでしょう。
しかし、ショートプログラムでもフリースケーティングでもミスを連発して、まさかの9位に沈んでしまいました。
フリースケーティングの後はキス&クライで人目もはばからず、号泣していました。

樋口さんは、宮原さんや三原さんとは対照的な選手です。
インタビューを受けても、ニコニコ受け答えすることはほとんどありません。
アナウンサーが、テレビ受けしそうなコメントを拾おうとかなり誘導的な質問をしても、空気を読んで気の利いたコメントを言うこともありません。今回も、アナウンサーがかなり誘導したのに、しばし沈思黙考した後、最低限のコメントしかせずにその場を去っていきました。

日本では、女子スケート選手(特に若い選手)で人気が出るのは、清潔感や可憐さ、愛らしさがある選手です。宮原さんも三原さんもそうですし、昨年世界ジュニア選手権を制した本田真凛さんは、「愛らしい」を体現したような選手です。日本人の多くが大好きな?浅田真央さんもそうでした。
しかし、樋口さんは、それに逆らうかのような大人っぽい色香の漂う演技をする選手です(シニアに上がってから、急にそのような演技になりました。ばっちり本人の雰囲気にはまっています)。メイクも、清潔感よりは色っぽさを強調するものです。

日本の女子フィギュアの歴史をさかのぼると、伊藤みどりさん、荒川静香さん、村主章枝さん、安藤美姫さんなどなどと個性的な選手が何人も思い浮かびます。しかし、最近は、小粒であまり個性が際立たない女子選手が多くてつまらないなと思っていました。樋口さんは、テラバヤシから見れば、久々に出てきた個性派です。

号泣している樋口さんの姿を見ながら、面白い人だな、頑張ってほしいな、と思いました。そして、ふと、考えました。
これって、我々の業界にも言えることなのかなあと。

テラバヤシの事務所は、おひとりさまのこじんまりしたところですから、修習生を迎え入れることは、今のところありません。
しかし、それでも業務上修習生と関わることはありますし、弁護士会の研修などで、新人の弁護士さんにお会いしてお話をさせていただくことも決して少なくありません。
最近の修習生や、新人の弁護士さん、皆さんまじめそうな感じに見えるのですが、爆発力というか、個性というか、「いっちょやったるで」というギラギラした感じを漂わす人に会ったことがないなあと思うのです。
「まじめで」とは書かず、あえて「まじめそうな感じに見える」と書いたのは、実務修習中の修習生なんかに会うと、場合によっては「別に興味ないけどカリキュラムとして必要だからやっている」感ありありの人なんかもいたりするし、新人弁護士の研修も同じで「会でやれって言われたから出ている」という態度がにじみ出ている人も少なくなかったりするからです。
決められたカリキュラムをこなしはするけれど、それさえすれば結末がある程度約束されていて、かつ他に力を注がなければいけないものがある(就職とか2回試験とか、ボスに与えられた仕事とか)のであれば、それ以上はやらない、みんなそうだしね、という「レールの上に乗って右ならえ」的な人ばっかりだよな、と感じるのです。

テラバヤシが弁護士になった10年前も、おそらく先輩弁護士から見れば、「小粒な奴が増えた」と思われていたのだろうと想像します。私が受かったのは、新司法試験元年。旧試験合格者と新試験合格者が初めて弁護士になった「弁護士業界大量流入時代」の幕開けともいえる時季でした。いい具合に希釈された薄味な人間が業界内に急に増えたと思った同業の先輩は、いっぱいおられたのであろうと思います。

しかし、それでも、少なくとも私の周りには、同期や少し上の先輩も含めて、「変な人(注:必ずしも悪い意味ではありません)」は結構な数存在しました。
特に法テラスの同期や1,2年上の先輩(特に1年上の先輩)の中には、社会人としてちょっとどうなのだろうと首をかしげるような言動の方も何人かはいたりして(いや、テラバヤシもそう思われていたのは百も承知で書いてますが)、スタッフ弁護士のメーリングリストは、そういう人たちの発言をめぐって大炎上することもしばしばありました。
もう、樋口新葉や安藤美姫なんてかわいいもんで、(かなり古いですが)トーニャ・ハーディングレベルの人がゴロゴロ?していたわけです。
メーリスの炎上が何かを生んでいたわけでは決してありませんが、あのころ、メーリングリストを炎上させていたスタッフ弁護士の何人かは、今や、自身のフィールドを確立し、大活躍しています(ここで固有名詞を挙げることは控えさせていただきたいと思います)。

弁護士の仕事は、決して社会常識にかなうものばかりではありません。一般の人から「ゲスい仕事している」と非難されることでも、しなければならないことは多々あります。
そういう仕事の中身を考えた場合、長いものに巻かれない(巻かれることができない)個性派が一定数いることは必要ですし、たくさんは必要ないと思うけれど、「ブチ切れた感覚」の持ち主もいなければならないと思うのです。

体を使った技術の極限と芸術の極限を追及していくフィギュアスケート界では、常人と違う感覚を持っていることが有効に働くことが多いといえましょう。レールの上に乗って右ならえ、では、決して、人の心や歴史に残るスケーターになることはできないのではないでしょうか。

かなり無理やりな感じもしますが、一般社会の感覚とは違った感覚で仕事をしなければならないことが多い弁護士の世界も、とても似ていると思います。個性派や異端が必要ですし、それを受け入れる空気が業界内にないといけないように思います(未だ失われはいないと思いますが)。

トーニャ・ハーディングになれ、とは言いません。
でも、修習生や新人の弁護士さんの中に、せめて樋口新葉さんくらいの人はいてほしいなと、思うのであります。




[PR]
Commented by 炎上とは無縁の、希釈された薄味な人間以下 at 2017-03-02 14:40 x
いつもながら、考えさせられる貴重な記事です。
今回、トーニャ・ハーディング氏について始めて知りました。
「昔フィギア選手、現在ボクサー」という氏の経歴と、
「トーニャ・ハーディングになれ、とは言いません。でも…」
という先生のお言葉とが心にしみました。
Commented by 条鋼に乗ってGo at 2017-03-02 14:47 x
もし単に「長いものに巻かれない(巻かれることができない)個性派」ということであれば、それは不良であり、全身全霊をもって徹底的に叩き潰すべき姿勢であるとも思われますが、「リーガルマインドを曲げることが出来ない」ということであれば納得が行きます。素敵なパーソナリティとの出会いに恵まれますように。
by terarinterarin | 2017-02-20 01:46 | Comments(2)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin