他人の人生に対しては、謙虚でありたい。

「フィリピンの女の人なんて、日本人の金持ちの男をつかむのが目的で、日本の飲み屋で働いてるんでしょ。そういう男つかんで楽しようという魂胆が許せない。日本に入れなきゃいいのに。」

何年か前に、知り合いにこんなことを言われたことがありました。
かなり古くからの結構親しい知り合いで、家族ぐるみでよくして頂いた方だったので、こんな言葉が出たのを聞いた時には、ちょっとびっくりしました。
と同時に、悲しくなりました。

私は、弁護士登録して3年目頃から現在に至るまで、ぽつぽつとフィリピンの女性の依頼を受けて仕事をしてきました。
日本で生活している人、フィリピンにいる人(故に打ち合わせはスカイプで行ったりします)、様々ですが、そのほとんどは、最低でも一度は来日していて、日本のクラブやパブでショーに出たり、男性相手の接客をする仕事をしていました。
彼女たちの目的は、日本で少しでも多くの金を稼いで、フィリピンにいる家族に送金し、家族たちが少しでもいい暮らしができるようにすることでした。
その過程で日本人の男性と出会い、恋に落ちて関係を持ち、そのまま結婚したり、子供ができたりした後、様々な事情により過酷な環境に突入してしまったりするのですが、少なくとも私がこれまでに会ってきたフィリピンの女性は、先の知り合いが言うようなよこしまな目的で日本に来たわけではなく、毎日を必死に生きている人たちでした(もちろん、中には、「いい男さんをつかんでいい暮らしをするぞ」という人もいると思いますが、日本人の女性だってそういう人はあまたいるのであって、それ自体非難に値するようなことでは全くないと思います)。
私は、自分の考えをはっきり言い、子供や家族に対する愛情が深く、正直なフィリピンの女性にお会いするたびに、「ああ、いいなあ」としみじみ思うのでした。
知り合いが持っている「日本に来るフィリピン女性」に対するイメージは、実際のそれとは全くかい離していて、私は、この話を聞いた後、ちょっとムキになって、「フィリピン女性は素敵な人々である」ということを語ってしまったのでした。

弁護士の中でも、偏見が先に立って話を聞かないという人はいるようです。
これも何年か前の話ですが、SNSで知り合ったものすごく年上の男性と交際し始めて子供ができたので結婚したが、とんでもない変質的な男で何とか逃げてきたという10代の女性から、離婚の依頼を受けたことがありました。
私の前にその女性が相談した女性の弁護士が、彼女の話を聞くや、「そんなふしだらなことをして何を言ってるんだ、自業自得だ」と怒鳴りつけて追い返したということを聞きました。
自分の力では解決できないので、また弁護士のところには来てみたものの、また怒鳴りつけられるのではないかと、その女性は私の前でのびくびくしていました。

確かに、法律相談を受けていると、「その判断はどうだったんだろう」、「なんでここで立ち止まれなかったんだろう」と思うことは結構あります。
実際に依頼を受けても、その人の従来までの発想の仕方や物言いが原因で、事件の解決が阻害されることもなくはありません。
そういうときは、「そういう考え方はこの先やめないとトラブルが大きくなりますよ」と言うこともありますし、その指摘が元で依頼者との関係が悪化することもあったりします。
しかし、根本的には、その人がそれまで歩んできた人生というのは、その人が置かれていた環境があったからこそ出来上がってきたものなのであって、自分がその人生の当事者でなく、実際にその人の人生を体験していない以上、否定したり揶揄したりすることはできないんじゃないか、と、私は思います。

それは、どんな事件の当事者でも同じです。
日本人だろうと、外国の人だろうと、犯罪を犯した人であろうと同じなのだと思うのです。
「犯罪者」などというと、また「犯罪者に甘い」「犯罪者のすべては否定すべきである」などという意見も飛び出してくるような気がします。
しかし、犯罪を犯した人の人生を振り返り、それをみつめて分析することは、その人の更生を促し再犯を防ぐことにもつながります。一般的な犯罪予防の手掛かりになることもあるはずです。やはり、同じだろうと思うのです。

「とにかく話をよく聞いてあげるんだよ」

この言葉は、私が最初に入った事務所のボスが、初めて国選の刑事弁護をやることになった私にかけた言葉でした。
弁護士になってもうすぐ満10年になります。
いつもふざけているボスでしたが、奥にある意味は結構深い言葉なんだなあ、としみじみ感じたりするのでした。









[PR]
Commented by Hammer at 2017-07-09 14:13 x
これはいい話。
仕事で中国の方(主に女性)かカウンターパートになることがありますが、ハッキリしたたかでいいなぁと思います。たまに騙されますが。
目の前の人を見ず、イメージで決めつけするのは損ですね。
Commented by 実際、話を聞いてもらえる所などあまりない at 2017-07-09 14:47 x
事務方にメール着拒され
「コメントするな、成果しあげろ」的な、
無言の圧力を受けています(いるような気がします)
(皆さんお忙しいに違いなく、とにもかくにも世知辛い)。

それが何か具体的に力になるわけでなくとも
こちらの言い分を聞いてもらえる所があるのは
とても素敵なことだと思います。
とにかくしっかりがんばろー
by terarinterarin | 2017-07-08 22:46 | Comments(2)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin