<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

独立して、1週間が経ちました。
この間、刑事事件が2つほど舞い込み、しかも慣れない事務もぼちぼちやらねばならず、なんだか、どうしていいかわからないくらい忙しかった寺林です。

今日は珍しくこの時間事務所にいますが、このあとお出かけします。

FBにも投稿しましたが、本日ちょっと嬉しいことがありました。
法テラス愛知でスタッフ弁護士をやっていた当時、エクスタンとして、2週間ほど事務所に来ていた当時のロースクール生のNさん(男性)から、メールが来たのです。
なんで、新しいメールアドレスを知っているんだろうと思ったら、先日知り合った司法修習生の方と偶然にも同期だったのだとか・・・いやいや世の中狭いものです。

無事に司法試験に合格して司法修習も無事に終え、現在都内のとある事務所で弁護士をしているのだそうです。
再来週、事務所に遊びに来てくれることになりました。

このNさんですが、他職経験があって、とても好奇心が旺盛な人でした。
これもFBの方には、書いたのですが・・・
名古屋にいた当時、私は、刑事事件をやたらめったらやっていて、当然彼が来ていた当時も、刑事事件を複数持っていました。
ある日の夕方、担当している事件の被疑者に接見に行こうとしたところ、自分も一緒に行っていいかと言い出しました。
司法修習生は接見に同席できますが、ロースクール生はできません。それを承知で彼は言っていたわけです。
要は、接見に至るまでの流れを見たかったらしい。
中には入れないから(まあ、厳密にいうと、弁護人という立場ではない一般面会であればできるのですが、立会の警察官が同席してしまうので、そんなことはこちらの立場としてはできない)、じゃあ、私の手続が済んだら帰ってねと念を押して、一緒に連れて行きました。

警察の玄関口の人に事情を話し、留置施設の受付まで同行して、どういう手続をするのか教えて、私は接見室に入っていきました。当然彼はそのまま帰っただろうと思ったのですが・・・
翌日事務所で聞いたところ、ロースクール生が来たことに興味を持った警察職員が彼を呼び止めて、色々と話をしてくれたのだそうです。
Nさんも全く物怖じしないタチであったため、自分が聞きたいことはあらかた聞いてきたようです。
「自分たちが一生懸命頑張って逮捕したのに、弁護士さんはすぐに釈放させようとするんだ」などと聞き捨てならんことまで警察の人は彼に話していたようで、報告を受けて苦笑いしていたのをよく覚えています。

Nさんは、法律事務所の隣にあった地方事務所(法テラスの一般的な業務を行うところ)の職員さんにもよく馴染んで、お昼は一緒に休憩室でお弁当を食べて世間話をしていました。
法テラス愛知時代は何人かのエクスタンを迎えましたが、その中でもNさんは、一番馬力があって、個性的で、記憶に残っている方で、たまに「どうしているかな」などと思い出していました。

法テラスに来ることも多少考えているようなことをエクスタン終了間際に言っていましたが、その後、そういう噂も聞かなかったので、結局別な選択をしたのだろうとは思っていました。
当初の希望進路と変わることなど、よくある話ですから。
まして、私が彼と会ったのは、彼がまだ司法試験に受かる前のことだったので・・・
ただ、今いる事務所は、公的な活動をなさっている弁護士が多い事務所のようで、Nさん自身は、ある意味初志貫徹したのかもしれないなとも思っています。
会うのがとても楽しみです。

思えば、法テラス愛知にいた頃は、まだまだ今より体力もあって、1日に拘置所と2件の警察署を回って接見をはしごする、なんて芸当をなんの苦もなく続けておりました。
朝、立川に行って、そのまま午後池袋に行っただけでひいふう言っている今の体たらくを考えると、信じられない仕事っぷりでした。

ただ、今の気持ちは、法テラス愛知にいた頃の気持ちに多少似てるかなあ、なんて一方では思ったりしています。
何が待っているのか不安はあれど、自分のやりたいことをやろう、こういことしたい、ああいうことしたい、という、青い夢、みたいなものを、いい年こいて抱えているような気分です(きゃー、恥ずかしい)。

そんななかで、Nさんと再会するというのも、なにか示唆的な感じがしなくもない。
弁護士になったNさんと、そのうち事件をご一緒できると、なお嬉しいかな、などと思います。



[PR]
by terarinterarin | 2014-10-30 17:46 | Comments(0)
どうも。開業3日目が終了しつつある、テラバヤシです。
独立2日前に風邪をひきました。ちょうど札幌から東京に戻る日でした。
時間を追うごとにのどは痛くなり、声は出なくなり(その日の夜にしゃべらなあかん仕事がありましたが)、すわ、発熱で22日の開業断念か!!と、ちょっと焦りました。
が、東京に戻ってかかりつけ医に行き、お薬を処方してもらって、とりあえず、最低限の仕事のみしつつ、あとは無理をしないことにして2日間過ごして、22日開業にこぎつけました、どうにか。

開業初日の22日は、自分でもよく何をやっているのかわからないまま過ぎていきました。
午前中に弁護士会にもろもろの届け出を出しに行き、霞が関のドトールでミラノサンドを急いで食べ、夕方に来客があるというのに、まだ来客用のお茶セットを買っていなかったので、有楽町無印に走ってひと揃えし、雨もひどかったのでタクシーで戻りました。

そのあとは、お届け物の嵐。
アスクルで頼んでおいた事務用品一式に、島忠ホームズで買っておいた戸棚。予め予告されていた贈り物に、予告なく突然届いてびっくりした贈り物。
配置を決めて、(後にすりゃいいのにあんまりうれしいもので)FBにアップするのに写真を撮り、その間に仕事の関係の電話対応がいくつか…
なんてことをやっている間に、開所祝いのお友達二人がやってきて、おしゃべりターイム!!
という具合に暮れていきました。

2日目の昨日は、まず「新規開業の洗礼」ともいえる出来事から始まりました。
FBにも書いたけど、新規開設した法律事務所の先生に芸能人がインタビューして記事を載せる。先生もその芸能人と一緒に撮った写真などをブログとかに載せていい。
つきましては、肖像権の二次使用料として5万円ちょうだい、というお誘いです。
これ、途中まで話に乗りかけました。恥ずかしいことに。
ただ、最後に金の話をされて「は~?」となり、お断り。
この電話の対応のせいで、自宅を出るのが20分ほど遅れる羽目に…

さらに、同様の手口で(今度は芸能人は使わないけど、WEB上の記事で私を紹介するとかいうお誘い)2万円くれというお電話が…
結構直後だっただけに、電話口に出た営業さんと思しき男性の話をさえぎって「で、料金いくらなんですか?」と聞いたところ、2万円と案外すんなり白状しました。たぶんマニュアルと違う順序になっちゃったんだろうね、かわいそうに。
二度とその手に乗るか、とばかりに、速攻お断り。

こういう業者って、検索エンジンで全く上に上がってこないはずの私のサイトとか、私のブログとかFBの記事とかちゃんとチェックしているみたいで、直後にFBに「被害報告?書き込み」したからなのか、そのあと、さっぱり何もなくなりました…

昨日もお届け物ラッシュは続き、おかげさまでお茶道具、お茶の葉、コーヒー、お菓子などなどのおもてなし用品に事務用品は、ほぼパーフェクトに揃ってしまい、一人で事務所でうれしい悲鳴を上げつつ、送達場所変更届などなど、裁判所に出す書類などを一人コツコツと作成していたのでした…何しろ事務員置いていないので…

で、そういう書面を作りながら「そうだ!!パラリーガル用の本を一冊買おう!!」と思い立ちました。
パラリーガル(法律事務職員)を置かない、そして、弁護士は、事務職員がやってくれてる細かいことはわかんない、特に私はわかんない(注:これでも新人のころは、当時のボスの教えに忠実に、自分で訴状出しに行ったりしたんだぞ)、ということで、虎の巻は必須と思ったわけです。
大抵の法律事務所にある基本中の基本を一冊買いました。これでだめなら、過去の事務局頼り、かつ応用編の本を買います。

さて、事務職員がいなくて一番懸案だった電話問題ですが、確かに電話番はいたほうがいいんだろうな、と思っています。
それは、事務所にかかってきた電話→携帯に転送が、開業3日目にして使えないことが判明したということではないのです(むしろ、これである程度いけるんちゃうか、と思っている。手前味噌ですが)。
実は、風邪のほう、のどの痛みはほぼなくなり、体も全くだるくないのですが、悲しきアレルギー体質のため、毎度のことながらひどい咳に見舞われ、なんと声が枯れたまま。
森進一のように味のある声でも、青江三奈のように艶っぽい声でもなく(古い!!)、ただノイジーなだけの声。しかも、悲しいことに声量だけはいつも通り、という、本当に騒音チックな声になってしまっているのです。

正直、この声で電話対応するのがつらいです。電話に出たと思ったら、のっけからこの声、というのは、聞いてるほうもびっくりだろうと思われます。
で、今日再度かかりつけに行ったら、「治したいならしゃべらないのが一番」と言われたのです。そりゃ、無理です、無理。

そんなわけで、開業直後から、肝心の弁護士がなんともしまらない感じで恐縮です。
ただ、本当に手前味噌ながら開業3日目にして、これから開業するかもしれない皆さんに向けて言えることがいくつかあるなあと思い、その点お伝えしようと思います。

まず、ひとつめですが、事務所をどういうスペースにするかということには、それなりにこだわったほうがいいなと思います。一言でいうと雰囲気作りです。
自分が仕事する場所で、自分がそれを選べるわけですから、そうであれば自分が居心地よい空間にしたほうが絶対いい。
そして、来てくれるお客(相談者、依頼者)とどう向き合いたいかも雰囲気づくりには、とても関係してきます。
私の場合、少しこだわりすぎてストレスがたまった部分はありますが、それでも、自分なりにいい空間ができたと思っています。

ふたつめは、広告宣伝費にはお金をかけすぎるべきではない、ということかなあ。
まあ、ア○○ーレさんとかア○○さんレベルまでかける余力と覚悟があれば別なんでしょうが、そうでない限りは、最初からウェブでドッカンなんて、仕事来るわけないと思います。あくまでウェブサイトは、興味を持って見てくれる人用、あとは料金体系の周知、くらいの気持ちで、過度な期待を寄せるべきではないし、だから、あんまりお金をかける必要もないと思います。
私の場合、まだ調整が結構必要ですが、ウェブサイトは業者に頼まず自分で作りましたし、今は、ウェブ音痴でもある程度のことができるソフトやウェブサイトがありますので、こまごました時間を使いながらのんびり作るくらいが、ちょうどいいかな、と思います。

なお、テラバヤシは、もともと文章を書くのが好きなので、(いろんな人から採算合わないよねとか言われつつ)「シェアしたくなる法律事務所」の記事を書いたり、このブログをやったりしています。
このブログも、徐々にPV伸びているみたいですし、シェア法のほうも、おかげさまで、PVが上がる記事が増えてきました。
知名度とかってこういう風にじわじわ上がるもので、お客さんの定着も、そういうジワジワしたもののほうが、確実なんではないか、という気がしています。

最後、こじんまり始める場合には、「事務局がやってくれることを機械に代わってもらう」ための投資がある程度必要だと思います。
それが、この前パニックになって無事解決した、FAX転送なんかの問題なのですが、おかげさまでとても助かっています…特に私の場合、出歩くことも少なくないので、出先からFAX確認する、電話を自分で極力とる、というのが、最大の課題でした。
電話のほうは、今後、電話受け付けサービス(結構高いですが)を状況次第で使うかもしれませんが、その時取れなくても、とれるようになったらすぐに連絡する…という心掛けでいれば、特に東京あたりであれば、何とかこの手でこなしていけるのではないか、とも思っています。

さて、開業3日目にして初仕事が入りそうな予感です。
ちょいと風変わりな刑事事件のようです。
どこにいても、開業しても、テラバヤシはテラバヤシ、ということなんでしょうか。

でも、私、刑事弁護しかやってないわけじゃないんで、そこんとこ皆さん、よろしくお願いします。






[PR]
by terarinterarin | 2014-10-24 22:36 | Comments(2)

独立前にひと休み。

どうも。札幌の実家にいる寺林でございます。

複合機設定トラブルも出張サポート業者さんがわずか1時間で全面解決して下さり、一件落着(ですが、どうも経費的にeFAXの方がお安いという情報提供が…)。
そして、先週10日には、札幌から両親がやってきて、事務所の掃除などなどきめ細かい(そしてある意味ありがたいと言っておいたほうが親孝行になりそうな)作業をやってくれました。
まだ、小口現金だの、必要なハンコ類だの、郵券だの(その他私が気がついていないであろういくつかのこと)の準備が残されてはおりますが、とりあえず、「これで事務所開けても大丈夫」という状況にはなりました。

というわけで、開業前に多少お休みしようと思い、帰ってきちゃいました(ま、予定通りなのですが)。

が。案外休んでいなかったりします。
まずは、法令調査の依頼が直前に飛び込んできて(うーん、こういう依頼って結構マニアックな感じもするのですが)、調査自体は概ね済んでいたのですが、報告書にまとめるのがまだ、という状況で、その報告書作りをやったり。
あと…以前も書きましたが、無謀にも自身でHP作りに取り組んでいて、仕上げがまだなのです。オープン日の朝イチでアップ(無理だと思いますが…)を目標に仕上げ作業。
その他、諸々依頼者とのメールでの連絡…

スマホとPCがあれば、どこにいても仕事ができる時代。便利ですけど、どこにいても気が休まる暇がない…というのは案外本当の話なのかもしれません。独立後は益々そうなるんでしょうなあと今から覚悟しています。

とはいえ、「場所変えただけで休む間もない」という状況かというとそうではありません。
FBにも投稿しましたが、本日は、受験時代のお師匠とランチをしてまいりました。

このお師匠、研究者を脱落した私が司法試験に転向した時から合格するまでの10年間、民事系科目の私の悲惨な答案を丁寧に添削し、受験用のゼミに呼んでくれたり、何かと面倒を見続けてくれました。
寺林合格の最大の功労者?といっても過言ではないお方です。
なかなか受からない私に対して「司法試験は諦めなければ受かる試験だ」「徳をつんだ人から受かるのだ」とずっとずっと励まし続けてくれました。
私にとっては、札幌M高の大先輩でもあるのですが、M高の後輩は無条件で可愛がるという母校愛の強さ?もお持ちの方でいらっしゃいます。

H大法学部、ロースクール出身者の中には、この先生に足を向けて寝られない人が、そりゃあたくさんいるはずです。
かなりな毒舌で、学生に対して強烈な毒を吐きつつも、付いてくる人間は決して見捨てない、そういう懐の深いところがある先生でした。

数年前に退官されてからは、ご自宅で悠々自適に暮らしていらっしゃるようでした。
一時体調を崩されていたようですが、帰省するたびにランチをご一緒させていただいております。
夏に帰省した際に独立の話をし、独立前に一度戻ってこようと思っていると話したところ、「じゃあ、その時に美味しいものを食べに行こう」とお誘いいただき、本日、ご一緒したというわけです。

一時鳴りを潜めていた毒舌も、本日はなめらかに口をついて出てきていて、多少お体の方も調子がいいのかなあなどと嬉しい気持ちで眺めていました。
「先月購入した新車に慣れてないから、この辺を一回りドライブしましょう」という危険なお誘いを受けて車に乗りました。
若干身構えましたが、殊のほか運転はお上手で、運転中、恐怖心を感じることもありませんでした。
楽しい時間でした。

自分も弁護士になってもう8年目です。
自分が年をとったぶん、親も年をとり、当然恩師も年をとっているわけです。
その親が独立する娘の事務所を訪ねてきてあれこれ世話を焼く姿というのは、本人からしてみると、まあ、アレなんですが、たぶん世間様から見ると健気で心優しいものに映るのでしょう…
年老いた恩師の姿を見るのは、若干辛かったりもするのですが、帰省の連絡をすると一緒にご飯を食べようと言ってもらえるというのは、やっぱり嬉しいし、今だからこそできるものなのかなと思ったりもします。

親に世話を焼いてもらえるのも、恩師にランチを誘ってもらえるのも、永遠に続くわけでもなく、そう遠くない未来に終わってしまうかもしれないとも思うわけです。
そんなことを噛み締めながら、世話焼きの親と毒舌の恩師は大事にせなあかんなあと、なぜか関西弁で感慨にふける寺林なのでした。




[PR]
by terarinterarin | 2014-10-16 00:10 | Comments(2)
昨日、独立後の新事務所のFBページを立ち上げました(注:開業予定日は10月22日です)。

URLはこちら。
https://www.facebook.com/tomoelaw323

事務所の名前は、「ともえ法律事務所」。
この「ともえ」ですが、私の下の名前です。
実は、前々から独立するときには、下の名前を平仮名にしてつけようと決めていました。

実は私の名前は、上も下も珍しいのです。
「寺林」というのは、字面は地味ですが、全国津々浦々探してもなかなかいない。以前何かで調べたところ、1000世帯ないらしいということがわかりました。
そして厄介なのが、「平林」さんと聞き間違えられることがよくあるのです。
電話で名前を聞かれたときに普通に「テラバヤシ」と発音しても(ゆっくり発音しても)、7割から8割くらいは「ヒラバヤシ」と聞き間違えられる。
1年くらい前からは「お寺に林と書いて寺林といいます」と予め言うようにしているほどです。

で、こういう聞き間違い安い苗字を事務所の名前に据えるのはよくなかろうと、「寺林法律事務所」はなくなりました。
じゃ、自分の名前と関係なしになにか思いを込めたカッチョいい言葉でもつけてみようか、とも考えたのですが、これがなかなか…

花言葉の意味から花の名前とかっていう柄でもないですし、日本語で何か好きな言葉を英語やフランス語に置き換えて、というのもこそばゆい。
コピーライティングのセンスがまるでないのか、しっくりくるものは無し。
そもそも、そんなに真剣にも考えなかったのですが…

じゃあ、まあ下の名前で行くか、となりました。

下の名前の問題点、それは漢字にしてしまうと、だれも一発で「ともえ」と読んでくれないということです(これは以前、こちらのブログでも書きましたけれども)。
この際、平仮名表記の「ともえ」にしてしまえば、実は「智栄」は「ともえ」なんていう、少しは女の子らしい名前なんだよということも宣伝できるいい機会ではないか!!

こうして、私は、法律事務所開くなら、「ともえ法律事務所」にしようと決めました。確か、2年くらい前のことです。

今まで周囲の何人かには、独立後の事務所の名前が「ともえ法律事務所」であることを伝えていました。
大抵の人は、かわいいとか、「下の名前なんだ」などと、狙い通りの反応をしてくれるのですが、たったひとり、思わぬ反応をした人がいました。
「なんでともえなの!!三つ巴のともえ?」

ちなみにこの方、刑事弁護をやっている弁護士なら、知らない人はいない方です。
白髪に髭を蓄え、メガネをかけて、よく響く声。
そう、割と最近引退した有名なあの監督によく似ておられる、あの方です。

何事か成し遂げる人というのは、発想力が凡人とは異なるようです。






[PR]
by terarinterarin | 2014-10-05 18:34 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin