<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

頑張れ、女の子。

2月も20日を過ぎて、寒いながらもちょっとずつ春を感じる東京です。
ここ最近は、睡眠時間をなるべく多くとること、とにかくいろんなものを食べることを心がけてきたので、体調もだいぶ上向きです。

独立してから、今まで事務所任せにしていたことも、当然自分で対応しなければならなくなりました。
事務員を置いていないので、尚更です。
今まで直接かかわりがなかった人ともかかわるようになりました。
例えば、広告関係やホームページ作成等々の会社の営業の方、他士業の方。
男性もいらっしゃれば、女性もいらっしゃいます。
数としては、圧倒的に男性が多いのは間違いありません。

が、実際にお会いして、お話を伺ってみて、契約に至った案件は、全て女性とお話ししたケースでした。
広告関係の契約。
WEB集客サイトとの契約。
そして昨日の税理士の方。

別に、お相手したのが女性だから、という身びいきな理由で契約したわけではありません。
お話ししていく中で、「じゃ、契約してみようか」という気になったから、契約したのです。
なんでだろう?と考えたのですが、いくつかの点で、上記の皆さんは明らかに男性(実際に私との関係で上の方々と競合関係にあり、実際にやり取りした方)よりも優れていると感じられました。

まず、こちらの話を聞くという点が挙げられます。
当然、ともえ法律事務所のホームページをご覧になってから、皆さんおいでになっています。
男性の営業の方は、基本的にそれ以上の情報を私から得ようとしない。つまり、その場で、私と会話してホームページに現れない情報を得ようという感じがあまり見られない。後は、いかに自社の製品、サービスが優れているのか、であるとか、値引きなんかの話に入ってしまうのです。
女性の営業の方は、会話しようという意識が皆さん高い。一見関係ないような世間話でも、きちんと目を見ながら、真剣にちゃんとしてくれます。隠れたニーズや客(つまり私)の性格、モノの考え方を観察しているのです。

そして、こちらのニーズに合った提案をしてくれるという点も優れています。
複数のサービス、商品がある場合、私がお会いした男性の営業の方は、おすすめのものばかり説明して他のものについてはほとんど説明しませんでした。説明するとしてもデメリットを強調する感じ。私が興味を示した他の商品についても、どうして興味を示したのか聞かずに「それはよくない」「先生にはちょっと合わない」で済ませてしまう感じ。
私のところに来てくれた女性の方は、おすすめのものはおすすめのものとして、いいことも悪いことも含めてそのサービスや商品の特徴を説明してくれます。そのうえで、こちらの要望を聞いて、「だったらこれがいいと思う」等と言ってくれます。理由も説明してくれます、当然。
広告関係の営業の女性の方は、当時自分が抱えていた事情を説明したところ、パンフレットには載っていない隠れプランを紹介してくれました。結局それに決めました。

青色申告を依頼するために、とあるサイトに登録して税理士さんを探していたところ、複数の税理士さんからアプローチがありました。サイトに登録する際には、いくつかの質問項目があり、それに回答します。
男性の税理士さんは、全て、それだけで費用について具体的に提案してきました。しかも、断定的に。青色申告をお願いしているのに、あからさまに今後のお付き合いよろしくお願いします、みたいなアプローチの方も中にはいました。私が個人の小さな事務所っぽいということを知るや、逆に電話で妙に高い費用を吹っ掛けて、「検討します」と言ったら、やたら不愛想に電話を切った方もおられました。
私が、昨日依頼した税理士の方は、まずメールの内容が「ご要望の費用でお受けできるかとは思いますが、一度お会いしてお話しさせていただきたい」という私から見て、極めてまっとうな対応をしてくれました。
実際に話を聞かないとニーズ(つまり、税理士さん自体がどの程度の手間になるか)が分からないだろう→具体的な提案はその後、というスタンスがすでにメールで見えていました。
きっとこの方にお願いすることになるんだろうな、と思いながらお会いしました。お渡しした資料をその場でチェックして、いくつかの質問をしてきました。そのうえで、「この値段でできるだろう、よほどのことがない限り」とおっしゃったので、お願いしたというわけです。

ものすごくザックリですが、「男性は成果を急ぎすぎるあまり、顧客の真のニーズを逃しがちだが、女性は成果を急がず、顧客の真のニーズにこたえようとする」と言えるのではないかと思います。
ごくごく数名のサンプルだけでこんなこと言って…と思われる方も多いかもしれません。

が、これ、正しいと自分は思うのであります。
女性は今まで「結果が出るのに時間がかかること」ばかりやってきました。子育てだってそう(しかも手塩にかけて育てたからといって親の望み通りに育つわけでもない)。料理だってすぐにうまくなるわけじゃない。夫や子供が喜んで食べてくれる料理を作るには、食べた人の顔を見て言葉を聞いて、日々工夫していくしかない。
姑や小姑、近所の奥様との会話などなど、一定程度のストレスを伴う会話には慣れっこである。

一方、男性の方は、外に出て働いて嫁や子供を食べさせるために、マイホームを買うために少しでも早く給料を上げたい、そのためにはすぐに成果を出さねばならない…
それぞれが生きてきた環境が、女性も外で働くのが当たり前?になったこの世の中で、営業のアプローチの仕方として表れているのではないかと思うのであります。

こんな男女観、大昔のことだろうと笑うなかれ。
今働いている世代は、先ほど書いたような男女の枠組みの中にいた親に育てられてきた世代。アプローチの仕方に大きな影響を与えられているはず。DNAとして組み込まれているといっても間違いはないのであります。

個人的な好みは、当然女子的営業です。
そして、例えば弁護士のところに電話をかけてきて「離婚事件なんですけど、おタクならいくらでやってくれますか」なんて事件の概要も話さないでいきなり聞いてくる人が増えているこの状況は(そんなこと答えられるわけないだろ!!)、男子的営業に世の中の多くが慣らされてしまった結果ではないかと思うのです(そういえば、こういう聞き方してきた人も、今まではすべて男性でした)。

高い安い、オプションが多い少ないということだけが、商品として優れている、サービスとして優れているという画一的な指標。
そういうものを粉砕して、お客にとって、依頼者にとって必要なものを与えて、心豊かに暮らせる世の中を作れるのは、やっぱり女性なんじゃなかろうか。最近、とみにそう思います。

私は、そもそもフェミニストではありません。
若いころ、女の子からいじめられていたせいで、女性が苦手でした。女性だけでまとまるということも、大嫌いでした。
しかし、こういうこともあったりして、最近、やっぱり女の子を応援したい気分になってきたのです。

おんなのこ~!?と眉をしかめる人もいるかもしれません。
しかし、いくつになっても、女性の中には「少女」の部分が残っています。おじさん、おやじと言われている男性の中に、かすかでも「少年」が残っているのと同じです。世の中の女性は、すべからく「女の子」であり続けるわけです。
女の子の強さと純な部分が、「成果を急がない」真のサービスを生むのです(とこじつけ)。

というわけで、頑張れ、女の子。
テラバヤシは、女の子を、全力で応援します。


[PR]
by terarinterarin | 2015-02-21 16:18 | Comments(0)
昨日も今日も自宅で過ごしている寺林です(多少仕事をしています)。

さて、FBの方にはちらっと投稿しましたが、先日、週刊現代から取材を受けて、テラバヤシの発言が同誌に掲載されるという出来事がありました。
転売ビジネスの落とし穴とかいうタイトルの記事でしたが、そこになんと、「インターネットビジネスに詳しい寺林弁護士」という肩書で載ってしまったわけです(私の方からこの肩書について色々書くのはちょっと現代さんに申し訳ない気がするので…みなさん、察してください)。

この取材の話は、非常に唐突にやってきました。
ある日(確か夕方だったような)、突然電話が鳴り、それをとると週刊現代の記者と名乗る方であり、記念スイカ事件とかペヤング事件とかいろいろあるけど、ダフ屋とか転売ビジネスの法的問題について取材させてほしいと言われました(突然のお電話ではありましたが、記者さんの名誉のために言うと、別に不躾でもなんでもなく丁寧なお話しぶりでした)。
なんで突然週刊現代なんていうメジャー誌から電話がかかってきたんだ?????ということに気をとられすぎて、転売ビジネスなんぞについて語れるのかということも判断しない間に、OKの返事をしてしまいました。
そして、情けないことに、返事をしてしまった後、やけに心細くなり、同期の友達の弁護士に同席してもらうことにしました(注:ただし、掲載された発言については、私が話した内容に限定されていました。さすが)。

取材は、ダフ屋行為に関する迷惑防止条例の解釈の話から始まり、後は実際にどんなトラブルがあるのか、それについては法的にどんな問題があるのか、ネットオークションで物を買ったりするときにどんなことに気をつけねばならないのかといった内容に及びました。
時折、雑談なと交えつつ、1時間半ほどお話ししました。
ダフ屋に関しては、以前、関連記事を「シェアしたくなる法律事務所」というサイトに書いた際に、記事内容に誤りがあったとのご指摘を受けて、後日訂正したという苦い経験があったので、かなり慎重に調べて取材に応じました。
が、ダフ屋に関する話は、まあほんの一部で、話はどんどん広がっていきました。

記者さんの帰り際、思い切って聞いてみました。
「で、なんで私になったんですか?」
記者さんは、こう言いました。
「同業の友人に、こういうのに詳しい弁護士さんいないかと聞いたら、寺林先生の名前が出てきたんですよ。」

……なるほど。
私は確信を持ちました。そこで名前が出てきた理由は、私がふだん書いているWEB記事にあるに違いないと!!。
テラバヤシは、先ほど挙げた「シェアしたくなる法律事務所」(以下、「シェア法」といいます。)のほか、複数のサイトで執筆をしております。
もっとも定期的に本数も多く書いているのは、「シェア法」でして、執筆内容も多岐に及びます。
御岳山が噴火した時には、入山届の義務化について書いたりしたし、レストランの「子供同伴お断り」の問題について書いたりもしたし。
で、その中で先ほど挙げたダフ屋の話のほか、AKBの使用済投票券がヤフオクで売られていた問題、iPadを売りに出しているかのように誤解される書きぶりだったけど実際は化粧箱のみをヤフオクに売りに出していた問題など、書いていたわけです。

たぶん、お友達の記者の方は、これらの記事を見ていたのでしょう(と、勝手に解釈)。

WEB記事の仕事は、別に特段お金になるようなものではありません。
執筆料をくれるところもあれば、くれないところもあります(シェア法さんはくれます)。お代も高かったり安かったりします。まあ…弁護士費用の感覚からすると、いずれも「高額」とはいえません。
知り合いの弁護士から、「なんでそんな安いのにやってるの」なんて言われることもあります。

それに、いいことばかりでもありません。
以前、やはりシェア法で書いた「木根尚登、実はギター弾いてなかった問題」でネットがプチ炎上した際(このブログで触れましたが)にわかりましたが、自分に対する罵詈雑言がバンバン書き込まれて、それが、いやでも目に入ってきたりします。
実際、この後もAKB投票券事件の記事がアップされた時には、2ちゃんねるで記事がコピペされたりして、「寺林って弁護士、アホじゃね?」なんていうタイトルの書き込みがされたりもしていました(それがまた、いまだに検索すると結構上の方で出てきたりするんだな)。

でも、不思議と止めようという気になりません。
なぜか?
まず第一に、自分がモノを書くのが昔から結構好きだから、という理由が挙げられます(うまい下手はさておき)。
書かせてもらえる場があるなら、書かせていただきたいというのが根本にあります。
第二に、記事案をもらった際に、法的にこの問題どうなるのか?と考えたり調べたりする時間がわくわくして楽しい、というのも理由の1つです。
そして、(わりに堅めの記事に限定されますが)自分の書いたことが支持されて、別なところで取り上げられたりすることもあり、そういうのを目にすると「おし!!」とガッツポーズを作りたい気分になったりするからです。

WEB記事の書き手さんの中には、営業ツール・広告ツールとしてこういうものを考えている人も結構いるようなんですが、個人的には少なくとも直接的な営業効果って、ない、あるいは著しく低いんじゃないのかなあと思っています。
広告目的であれば、もっと別なことする方が生産的であることは間違いありません。

書く人によって、気持ちや目的は様々でしょうが、お金のことを気にしないで、弁護士という立場で楽しくできることがあるのなら、自分の時間の何パーセントかをそこに費やすという過ごし方は、決して悪くないんじゃないのかな、と思います。

ちなみに、WEB記事で依頼されるトピックスは非常に多様ですが、実は、書く内容については、事細かな知識はあまり必要ではないように思います。どちらかというと受験時代に学んできた民法の基本的な条文であるとか、基本的な法的思考であるとか、そういうことの方が役に立つというのが、個人的感想です。

依頼される記事案によって、違うのかもしれませんけどね。











[PR]
by terarinterarin | 2015-02-15 17:53 | Comments(0)
すっかりご無沙汰してしまいました。

前回投稿が1月10日。1か月以上空いてしまいました。

前回投稿後、2度の体調不良に見舞われておりました。
1度目は、前回投稿直後の日曜日。恐ろしいほどの倦怠感と発熱に襲われました。熱自体は1日で下がったのですが、その後、胃腸の調子が悪くなりました。
休日に具合が悪くなったので救急医に行ったところ、休みが明けたらかかりつけ医に行くようにと言われました。
元々、胃腸は、昨年の6月にウィルス性の胃腸炎をやった後も調子が悪く、かかりつけ医から、逆流性食道炎・過敏性腸症候群との診断を受けていました。
また悪化するかと思い、休日明けそそくさとかかりつけ医に行ったところ、ちょうどインフルエンザや風邪の患者であふれかえっていて機嫌が悪かったのか、「こんなことでいちいち来るな」と言わんばかりに、「調子悪かったら薬増やしていいって言ったよねえ」と怒られ、「お腹にガスたまってるよね。お腹すいてないよね。食べなくていいから」などと吐き捨てるように言われて帰ってきました。

それから、食べることに恐怖心を覚えるようになりました。
食べるとまた具合が悪くなるんじゃないだろうか。また熱が出るんじゃないだろうか。そう思うと、肉や魚を食べることがなかなかできませんでした。
お粥やうどんやおとうふや、そんなものばかり食べていました。
体重は、どんどん落ちていきました。

そうこうしているうちに、1月20日過ぎに、また倒れてしまいました。ちょうど沼津で法廷技術研修の講師をやっている最中。2日目の午後から発熱しました。
研修自体は乗り切りましたが、帰りの新幹線ではずっと寝たきり。自宅に帰ってもコーンスープ1杯しか飲めず、後はひたすら寝るしかありませんでした。
これも熱自体は翌日下がりましたが、その後もふらふら。体に力が全く入りません。
「食べてなくて抵抗力が落ちていたため」の発病(単なる風邪のようでしたが)は明らかでした。

「きちんと食べないと、また倒れる」と思い始め、少しずつ食事の量や栄養価の高そうなおかずを増やすようになりました。
それでも、「食べるとまた具合が悪くなるんじゃないか」という恐怖心はなかなかぬぐえませんでした。
一方で、事務所への往復だけで疲れる。法律相談1つ、期日1つで、はあはあ言う、という、自分でも驚くほどの疲れやすさに、何とかしなくちゃ、と気持ちばかりが焦りました。
何も用事がない日は、自宅で休息しながら起案して、体力温存。週末をはさんで3日間どこにも出かけない、ということもありました。このまま引きこもりになったりして…などと思うこともありました。

体調不良の後半部分は、精神的な不安に負うところが極めて大きく、そのことも自分でなんとなくわかっていました。
で、思い切って以前から仕事で知っていた心療内科の先生に相談しに行きました。

胃腸の疾患は心的なものが原因。
だからといって、病気じゃないわけではない。
根本的に治すには環境変えなきゃいけないけど、そんなことは到底無理。
だから、付き合っていくことを考えよう。

そのあと、先生はこうおっしゃいました。
「痛くなったら、その時考えればいいじゃない。好きなもの食べようよ」

この言葉は、私を救ってくれる一言でした。
気持ちに張り巡らされていたバリアが、一気にはがれた思いがしました。
今でも、食べることに躊躇することはありますし、揚げ物なんかはまだハードルが高くてトライできません。でも、随分と楽に食べられるようになり、普通に外出もできるようになってきました(まだかなり疲れやすいですが)。

弁護士になって、ここまでずるずると体調不良が長引くのは初めてです。
そうなって、初めて気づいたこと、感じたことがありました。

今振り返ってみると、一番食べれなかった時期、自分は摂食障害の入り口に立っていたようにも思えます。
が、そのときは、全く気が付いていませんでした。「体調的に食べてはいけないから食べていない」としか思っていませんでした。
人は、追い込まれれば追い込まれるほど自分のことが見えなくなってしまう、ということを身をもって体験したように思いました。
特に、私たちのように、普段「頼りにされる」立場?に立つことが多い人間は、どうしても自分を奮い立たせることが多いため、弱っている自分を認められない傾向にあるように思います。
あるいは「弱っちゃいかんのだ」と自己暗示にかけて、本来の自分を冷静に眺められない危険が結構高いように思います。
孤独になることは、外側からそのことに気づかせてもらえる機会もなくなることを意味するので、「おひとり様」で仕事をしている人間にとっては、とても危険だと思いました。

私がこのような状況に陥った一因には、おそらく元かかりつけ医(もうそこの医者には行っていない)の一言が挙げられると確信しています。
この医師は、普段はフランクでよく話を聞いてくれる先生でした。信頼していただけに、先に書いた言葉は、私に大きなショックを与えたように思います。

医師は人の命を預かる職業ですが、弁護士も、人の人生や会社の運命や、時には人の命を預かってしまう場合がある点で、非常に似通っている側面があります。
相談に来るのは、ある意味「弱っている人々」です。
弱っている人々をさらに弱らせるのは、簡単です。再起不能にしてしまうことも、それほど難しいことではないように思います。
あの医師は、あの言葉を何の気なしに発したのだと思います。その何の気なしに発する言葉が、患者や相談者に与える負のインパクトは、時として絶大です。
そのことを、弁護士は、肝に銘じていかねばならんのだと思いました。

そして、おひとり様弁護士としては、体調不良に備えて、自宅である程度お仕事ができる準備をしておくことが必要であるということも痛感しました。
寺林は、電話とFAXの転送は導入していましたが、自宅にプリンタも固定電話もFAXもないという状況でした。

今回、困りに困ってefaxを導入しました。かなり役に立ちました。
いざとなれば、プリントアウトやコピーに関しては、自宅から数十メートルのところにあるコンビニで何とかなりますが、この際、モバイルのプリンター(スキャナー付き)を買おうかなと考えているところです。

しかし、何より必要なのは健康な体。
とはいえ、子供のころから健康絶好調だった記憶がない寺林としては、もはや「細く長く」を選択する人生しかありません。
今回の2回ぶっ倒れちゃった件を教訓に、自分のおひとり様としての仕事のスタイルを、ぼちぼち固めていければなあ、などと思っております。









[PR]
by terarinterarin | 2015-02-12 21:03 | Comments(4)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin