<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「絶歌」の感想文の投稿、多くの方に読んでいただいているようで、ありがたい限りです。

本日、ヤフーニュースを見たところ、被害者Hくんのお父さんによる怒りのコメントがありました。
お父さんの怒りは凄まじいようで、「息子は2回殺された」とコメントされた、と記載されておりました。
元少年Aから送られてきた「絶歌」は当然読んでおらず、送り返したとのことです。

テラバヤシとしては、お父さんのお怒りを筋違いであるとか、言っていることがおかしいであるとか、そんなことを言うつもりは毛頭ありません。

ただ、まずは、このお父さんの気持ち・考え方は、被害者(やその家族、遺族)すべての考え方を代表するものではない、と、ここで申し上げたいと思います。

被害者やその家族の皆さんの加害者や被害に遭ったことに対する考え方は、実に様々で、「ふつうはこれ」ということはとてもできない、というのが率直なワタシの意見です。

ワタシは、今までわりに多くの刑事事件で弁護人を担当してきました。その多くは、自分がやったことを(全部ではないにしろ)認める事件でした。
刑事事件というのは、多くの場合、被害者がいるものです。
「やりました」と認める事件であれば、当然、被害者の方に謝罪する、被害者の方と示談交渉するということも弁護人の役割となります。
そんなわけで、被害者やそのご家族の皆さんと接触する機会も多数ありました。

成人が犯した数百円程度の万引き事件で、「両親連れて頭下げに来い。誠意のある金額出してくれよなあ」と被害者の方に電話口で巻き舌でまくしたてられこともありました(注:コンビニの万引きなどは、現行犯で犯人を捕まえたりすると、その後実況見分やら何やらで、人件費はかかるわ、その日の売り上げは落ちるわで、実際に店がこうむる損害額はかなり多額であることは事実です)。

かと思えば、高齢の一人暮らしの男性にかなりな大けがをさせた強盗致傷事件で、家庭の事情で示談金として十分とは言えない金額しかご用意できなかったのに、あっさりと示談に応じてくださった上、嘆願書まですらすらと書いていただいたということもありました。

とある殺人事件では、被告人の意向で謝罪すらできなかったところ、裁判が終わった後に、ご家族の方がワタシに会いたいと連絡をとってきたことがありました。
被告人本人にその旨伝えたところ、「会ってあげてください。何でも話してくれていいです」と言われ、事務所でお会いしたことがありました。
もちろん、本人から許可はもらっているとはいえ、ご家族の方には「守秘義務があるのでお話できないことが多々あります」と予め伝えて了承してもらってお会いしました。
その方は、非常に落ち着いた様子で、ご自身の身の上や被害者の方との関係などを小1時間ほどお話しになって、お帰りになりました。

性犯罪の被害者の方で、「お金はいらないけど、お詫びの手紙は受け取ります」と連絡をくださった方もいました。
幼児が被害に遭った事件では、被疑者が精神障害を抱えており、被害者の親御さんから被疑者の両親に逆に励ましの手紙が来たこともありました。
もちろん、何度も連絡を試みても、無反応の方、一切接触したくないという方もおられました。

ワタシが担当した事件以外でも、被害者のスタンスとして、興味深いものがいくつかあります。

1980年に起きた新宿西口バス放火事件。多数の方が亡くなりました。
生き残った被害者杉原美津子さんという方がいました。
杉原さんは、拘置所にいた犯人の丸山氏に対して、自分はあなたのことを一度も恨んだり憎んだりしなかった、さばくつもりもなかったなどと手紙をしたため、会いに行きたいと申し出ました。そして、面会が実現したというのです。
丸山氏は心神耗弱が認められ、無期懲役となりました。しかし、その後、獄中で自殺しました。
杉原さんは、NHKのドキュメンタリー番組の中で、丸山氏が自分で自分の命を絶ったということに対して、大きな怒りの気持ちを吐露していました。

また、どの事件の話だったかは忘れてしまったのですが、殺人事件の被害者のお兄さんが死刑宣告された犯人と何度も面会を重ね、その結果、この犯人を死刑にしないでほしいという気持ちを持つに至り、法務大臣に嘆願書を出したという話を、深夜のドキュメンタリー番組で見たこともありました。
結局死刑は執行され、被害者のお兄さんは、無念の思いを最後に吐露されていたわけですが。

自分の経験やテレビなどで垣間見た、実に様々な被害者やその家族の対応を振り返ると、被害を「受け入れる」「納得する」(こういう言葉が果たしてふさわしいのかどうかはわかりませんが、今選択するとしたら、私のボキャブラリーとしては、これしかありえません)という言葉の意味は、被害に遭った人それぞれ違うのだろうし、「受け入れる」「納得する」というところに達する方法も、それぞれ違うのだろう、そう思うのです。

元少年Aのもう一人の被害者Yさんのお母さんは、今回、Aの真意を知りたいというようなコメントを発していて、その心中は明らかにはなっていませんが、少なくともH君のお父さんのような怒りを前面に出す(これも報道によれば、なので真意の細部についてはわかりませんが)には至っていません。

Hくんは、元々はAの弟の友達でAともよく遊んでおり、しかもAがHくんをひどく殴ったりしてもご両親は許してくれるような存在でした。Hくんが行方不明になり、Aの所業だと明らかになる前には、寝込んだHくんのお母さんをAの母親が見舞ったということもあったようです。
そのような経緯を考えると、Hくんのお父さんの反応も無理はない、と思います。

一方で、このお父さんが「受け入れる」「納得する」ためのステップというものを踏むことができないでいるのではないか、とも思うのです。むしろ、そのことが、非常に悲しくむなしく思えます。
こういうステップを踏めない限り、被害者や遺族は、怒りや恨みという感情を抱いて生き続けなければなりません。
怒りや恨みはエネルギーを要する感情であるうえ、生産性がない。こんな感情を何十年も抱き続けなければならないことは、ご本人にとってこの上なくつらいはずです。
本来、自分自身で「受け入れる」ステップを踏むことが難しいのであれば、他者(多くは、医者やカウンセラー、あるいは被害者支援に携わる人々)の助力を得て試みるということになるのでしょうが、そのあたりはどうなっているのか、ということも気になります(このあたり、以前お父さんが書かれた本に書かれていることがあるということでしたら、どなたかご指摘いただけると幸いです)。
お父さんの感情は、誰にもケアされずに放置されてきたように思えてなりません。

個人的には、今回の「絶歌」をめぐる世の反応を見ると、報道されているお父さんの言葉だけが独り歩きして、それが「犯罪被害者一般の代表的な意見」であるかのように流布され、全面的にこれに従うのが加害者としてあるべき姿という結論になっていることに、気持ち悪さを覚えます。

だって、本当はお父さんはどうしたいのか、どうされたいのか、心の中を覗いてみないと何もわからないわけですから。
被害者の気持ちというのは、それだけ深く複雑なものだと思うのです。

傍観者は傍観者でしかありません。
被害者でもなければ加害者でもない。
そして、被害者にもなりうるけれど加害者にもなりうる、そういう立場にいるはずです。

そういう傍観者の立場を忘れて、被害者気取りになり、マスコミで報道されている表面的な言葉だけにのっかって、とりあえず同情してみる、とりあえずこっちが多数派っぽいから元少年Aをたたいてみる、というのは、実は被害者にとっても非常に失礼なことではなかろうか。

自分の近しい人物すら、そういうことに気が付いていないということにショックを受け、書かずにいられなかった月曜の夕方だったのでした。





[PR]
by terarinterarin | 2015-06-29 19:10 | Comments(10)

「絶歌」感想文。

いまさらですが、「絶歌」読み終えました。

読んでいて、書いている最中、元少年Aは、つらくてつらくてたまらなかっただろうなと思いました。
そりゃもう、「辛い」なんて言葉が果たしてふさわしいのか疑問を抱くほど、苦しくて、悶絶しながら書いた部分がたくさんあったんじゃないでしょうか。
特に、事件後、自分を責めない家族と対峙した場面。
勤務先の先輩の自宅に招かれて、自分が周りをだましていると考えた場面。
苦しい気持ちは彼の文章ににじみ出ていて、テラバヤシも読んでいて何度も苦しくなりました。途中何度か立ち止まらざるを得ず、一気にこの本を読むことはできませんでした。

「罪を償う」とか「自分がしたことと向き合う」とは、どういうことなんだろうと改めて考えました。
こちとら弁護士の端くれ、刑事弁護や(数は圧倒的に少ないが)少年事件にも携わっています。
そういう立場として、自分自身、それが何を指すのかわからない「罪を償う」「自分がしたことと向き合う」という言葉を、自分は、心して担当している被疑者被告人や少年に言わないようにしてきました。
そんな中身のない抽象的なワード、実感を伴う経験がない私が吐いたところで、相手にとって何の解決にも示唆にもならないことは、言われなくてもわかるからです。

そもそも人間は、自分がしたことと向き合う能力に乏しい生き物なんではないかと、テラバヤシは常日頃から思っています。
他人と他愛もないことでケンカしたとしましょう。
ひどい言葉を吐いたとしましょう。
「悪いことしたな」と思う一方で、「でも、相手がこんなことしたんだからしかたない」と逃げるのが普通でしょう。
そんなもの、いちいち全面的に受け入れて「私はなんて悪い人間なんだ」と思っていたら、身が持たないからです。これは人の防衛本能のひとつなんじゃないかと思います。
こんなちんけでくだらないことですら言い訳をしながら生きている人間が、人を殺すなどという大罪を犯して、それをすぐに全面的に受け入れて反省なんてできるわけがないのです。
しでかしたことが大きければ大きいほど、背徳的であればあるほど、人は向き合うことが難しいはずです。

元少年Aは、「どうしてあんなことをやったのか」と考え続けているようです。
自分の歴史を文字にするという作業を通して、自分の人生を振り返り、自分なりにそれを位置付けようとしているさまが見てとれます。
事件前の幼少期の部分については、装飾的なワードを多用した言い回しが目立つことは事実です。
しかし、少年院退院後の部分の記載については、このような表現はなりを潜め、直截な表現になっています。自身の内心の描写が多くみられます。
「自己顕示している」「美化している」という批判がありますが、それは、装飾的な言い回しのせいなんでしょうか?
「反省していない」「自己弁護している」という批判もあるようですが、それは、苦悩を描いているからなんでしょうか?

不自然なほどの装飾的な言い回しは、私も多少驚きながら読んでいました。
彼自身のボキャブラリーがこういうものなのか。それとも、あえてこのような言い回しをしているのか。それとも意図せずこうなっているのか。
最初は、生々しい言葉で幼少期の話を書くのを無意識のうちに避けて、結果、こういう言い回しになったのかと思いました。が、読み終えて、彼は、幼少期の自分を自分なりの観点から表すために、あえてああいう言い回しを使ったんだろうなと思うようになりました。彼の読書量からいうと、おそらくボキャブラリーは相当に豊富なはずですから。

殺人者は、自身の苦悩を語ってはいけないのでしょうか?
苦悩を語ることは、すべからく「自分を受け入れてほしい」という心の表れであり、それはあってはならない甘えと評価すべきなんでしょうか。
彼には、生々しく自分の苦悩を語ることによって、自分と同じ罪を犯す人が製造されることを少しでも防ぎたいという気持ちがあったのだと思います。
これは、どうして人を殺してはいけないのかという問いに対して、「どうしていけないのかはわかりません。でも絶対に、絶対にしないでください。やったら、あなたが想像しているよりもずっと、あなた自身が苦しむことになるから」(太田出版「絶歌」p282より引用)と答えていることにも表れています。

もちろん、彼がこの本を書いた動機は、後書にもあった通り、自分のためなんでしょう。しかし、この本の中には、こういう強烈なメッセージがあった。だからこそ、太田出版は出版に踏み切ったように思えます。

さっき書いた「あなた自身が苦しむことになるから」という言葉にも批判が集まっているけど、これ、何がいけないんでしょう?
「人の命は尊いから」とでも、ストレートに書けばよかったんでしょうか。どうせ何を書いてもやり玉に挙げられるんでしょうが、この言葉は彼の正直な思いだと思うし、決してはずれではない。
どうして人を殺してはいけないのかという問いに、周囲を納得させられる答えを持ち合わせていない人間は、非難する立場にはないでしょう。
死刑になりたいと願い、死刑になれないとわかって絶望し、生きることを強要されて生き始め、不安定な生活を生きる中で生きたいと願うようになり、自分が奪った命の大きさを知ったというくだりが、本の中にあります。
彼自身、この本を読む誰よりも、ひょっとすると「命が尊い」ということを実感しているんじゃないんでしょうか。だからこそ、ストレートに表現できなかった(はばかられたのかもしれない)ように、テラバヤシには思えてなりません。

この本には、非常に大きな社会的な意義があります。
14歳にして猟奇的な殺人を犯した一人の男性が、その後の人生をどう生きているのか。
その記録としての価値は、とてつもなく大きいでしょう。
教育書としての価値もあるのではないか、そう思います。
そして、刑事事件や少年事件、事件を起こした人にかかわるすべての人にとっても、その罪を犯した人の心理を理解するうえで、貴重な一冊といえると思います。

読みもしないで、この本の存在価値を否定する人。
読んだうえで、言葉じりや表現ぶり、非本質的な部分のみに着目して非難する人。
こういう人って、自分は元少年Aとは全く次元が異なる別の人間だと思っているのでしょうか。

同じ境遇におかれて同じ場面に遭遇しても、自分は、絶対に120%同じことをしない、まさか、そんな風に思っているんでしょうか、非難する皆さんは。
私は、そういう人こそ、恐ろしいと思う。
元少年Aは、自分は更生した、100%大丈夫、なんて、語ってはいないのですから。

様々なご批判はあるでしょう。
しかし、テラバヤシは、彼が50歳になった時の続編を読みたいと思っています。


[PR]
by terarinterarin | 2015-06-26 19:46 | Comments(11)
6月4日木曜日、ともえ法律事務所は臨時休業しました。
とある方の葬儀に出るため、名古屋に行くことにしたからです。
その方は、テラバヤシが法テラス愛知法律事務所で勤務していた当時、同地方事務所の副所長をしていた弁護士でした(報道で名前も出てしまいましたし、隠す必要もないのですが、こういうブログで名前が出るのはご本人にとってあまり本意ではないかもしれないので、名前はあえて出さないで書き進めたいと思います)。

お亡くなりになったのは、突然のことでした。当初、葬儀に出るかどうか迷いましたが、やはり参列したいと思い、向かうことにしました。

テラバヤシは、法テラス愛知法律事務所の第1号弁護士でした。
赴任したのは、弁護士1年目をやっと過ぎたばかりのころでした。
そのうえ、愛知県弁護士会は、法テラス反対派も多いと言われている土地でした。
行ったら、たぶんいじめられるよ、と散々脅されました。
友達も親戚も一人もいない土地での、心細い船出でした(実は人生初のホームシックになったのは愛知でした)。

亡くなった先生は、副所長の中でも民事法律扶助(経済的な事情で弁護士費用のねん出が難しい方のために、弁護士費用を法テラスが一時立て替えるシステム)の担当で、「ミスター法律扶助」と言われるほど、民事法律扶助のシステムに精通している方でした。

法律事務所の事務員(開所時に初対面)Bさん(仮名)は、パラリーガルの経験がない方でした。ワタシが赴任する前の数週間、この先生の事務所で、トレーニングを受けさせてもらっていました。
法テラス愛知法律事務所は、最初の1年間はテラバヤシとBさんしかいませんでした。そのうえ、ぺーぺーの新人弁護士だったテラバヤシは、Bさんにろくすっぽ教えることもできませんでした(注:Bさんは、電話応対も帳簿の付け方も文句のつけようがなく、パラリーガルの独特の部分さえ覚えていただければ十分な方でした)。先生の事務所の事務員の皆さんは、その後もBさんと交流をしてくださって、ふがいないワタシの代わりに、精神的な部分も含めて色々と手助けをしてくださいました。

この先生がいなければ、テラバヤシは、法テラス愛知での仕事を全うすることはできませんでした。
都市部の法テラスには、刑務所や拘置所からの法律相談が相当数持ち込まれます。
刑務所や拘置所からの法律相談は、解決が困難なものや相談者がひと癖ふた癖ある場合が多く、対応に時間がかかることも少なくありません。一般の事務所の弁護士がやるには、負担が多いものも相当数あります。
そこで(もちろん全てではありませんが)、赴任して半年くらい経ったころからでしょうか、先生から、こういった案件で法律相談に行ってほしい、場合によっては事件を受けてくれないかと相談されることが出てきました。
自分としては、こういう「負担は重いけれど経済的にはペイしない事件」をやるのが給料取りのスタッフ弁護士の仕事、と思っていたので、当然のように引き受けていました。

実際に法律相談に行ってみると、その後どのように対応すればよいのか迷うことも多く、そのたびに私は、先生に相談していました。
あるとき、この手の案件で、かなり本格的なクレームがついて、下手をすると懲戒請求されかねないという事態になったことがありました。
相手に納得してもらうために、手紙のやり取りを続けなければならなくなったのですが、この時も、先生は面倒そうな様子を一切見せずに、手紙の書き方や返すタイミングなど、ひとつひとつ丁寧に対応を教えてくれました。
なんとか事態を切り抜けることができました。

後で知ったのですが、当時、先生は、「面倒な仕事をやらせているのだから、懲戒を受けさせるわけにはいかない」と漏らしていらしたとのこと。「反対派がいる土地」にスタッフとしてやってきた、どこの馬の骨ともつかぬワタシのことを大切に思ってくださっていることがわかって、ちょっとジーンとなったものでした。

それだけではありません。週に1回法テラスの地方事務所に来ると、必ず法律事務所の方をのぞいて下さいました(法テラス愛知は、法律事務所と地方事務所がドア1枚で繋がっています)。
ワタシがいない時でも顔を出して、Bさんに一言二言、声をかけてくださっていたようです。

葬儀には、Bさんと一緒に参列しました。
葬儀の受付には、先生の事務所の弁護士や事務員の皆さんが立っていました。
ひと段落した後、Bさんと一緒に、事務員の方とお話をしました。今でもBさんと事務員の皆さんが連絡を取り合ったり、会ったりして、交流を続けていることがわかりました。
先生の事務所から法テラス愛知法律事務所に入ったワタシの後輩弁護士も、いまだに先生や先生の事務所と深いつながりを持っていました。
そして、先生は司法修習生を一人抱えていました。その修習生はワタシに、「こんなときなのに、事務所の皆さんは私のことをとても気遣ってくれるんです」と話していました。
突然のことだったので、先生が担当していた案件の対応も相当大変だったはずです。そんな中でも司法修習生に対する配慮を忘れない先生の事務所の皆さんに、テラバヤシは、感動すら憶えてしまいました。

大袈裟に表現しているわけではありません。

うちの業界、ここまで、周りを思いやったり、人の繋がりを大切にしている場面って、愛知を出て以来、見たことも感じたこともありませんでした。
(悪口になっちゃいますが)私は、その後、法テラス愛知から法テラス東京に転勤したのですが、地方事務所の人との関係は希薄でした。同じ法律事務所には何人も弁護士がいたはずなのに、一緒に仕事をしている仲間という気持ちには全くなれませんでした。
地方事務所の人も所長や副所長とももちろん関わりはありましたし、相談の機会も設けられていました。が、「腹を割って話す」「親身になって話す」という雰囲気はありませんでした(もっとも私の方に馴染もうという気持ちがなかったと言われてしまえば、それだけの話です)。
そこはかとない孤立感を感じたものです。

なにも、東京の法テラスやワタシに限ったことでもありません。
実は葬儀があった日の夜、事務所に司法修習生女子三人が遊びに来てくれて、いろいろ話を聞かせてくれました(夜には東京に戻っていました)。
まだ、弁護修習前ということもありますが、就職の情報もネット上のサイトに登録されているものしかないらしく、とにかく世界が修習生オンリーでかたまってしまっている感じが見受けられました。

テラバヤシが修習生だったころは、検察修習の時は担当検事と、裁判修習の時は、左陪席や右陪席(たまに部総括)あたりと、よく飲みに行って、いろんな話を聞かせてもらったりしたものです。もちろん、修習先の弁護士に限らず、色んな法律事務所に遊びに行って、先輩弁護士から話を聞かせてもらったものです。
そこで、就職に関する情報を得ることもあったし、法曹として必要な心構えを身につけることもあったし、自分の進路について考えることもありました。
ワタシは修習は札幌で、就職とともに離れてしまったので実感することはできていませんが、札幌修習からそのまま札幌弁護士会に入った人なんかは、たぶん、修習の時の繋がりが、そのまま仕事に生かされていることが圧倒的に多いのではないかと思います。

ヒトと関わる仕事のはずなのに、業界内部でのヒトの繋がりが実は薄れてしまっているんではないか。
ヒトに支えてもらってる、いつでも相談できるという安心感がないと、(特に若手は)難しい案件を抱え込んで、誤った処理をしてしまいがちになります。精神的に追い詰められてしまいがちにもなります。
孤立感を感じる人が増えて、それにつれて、よろしくないとされる弁護士やメンタルやれる弁護士が、じわじわ増えているんじゃないんでしょうか。
それって、弁護士になったばかりの若手やこれからほうそうになろうという人にとってばかりでなく、中堅ベテランの弁護士にとっても不幸なことなんではないかと。
だって、仕事を安心して任せられる人、そこまでいかなくても安心して仕事の話ができる人が、下にいなくなっちゃうってことなんですから。

どうしてこうなってしまったんだろうか。
単に法曹人口が爆発的に増えたという、ただそれだけのこと、なんでしょうか?

くしくも、葬儀の日は、先生のもとにいた歴代修習生と現修習生を集めての飲み会を開く日だったのだとか。
うまく言えないのですが、こういうことが必要なんだよな、弁護士業界。
と、なんとなく漠然と思ったと同時に、先生は、やっぱり時代の問題点にきちんと気が付いて、ご自分なりにこうあるべきということを実践されていたんだなあと感服してしまったのでした。

ご冥福をお祈りいたします。





[PR]
by terarinterarin | 2015-06-07 01:45 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin