<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏休み真っ只中。今週からお盆も始まり、われらの業界もつかの間の「まったり」感を味わえるシーズンです。
とはいえ、テラバヤシは、毎年のことながら、13日から、日弁連3日間研修と東京三会2日間研修の講師のため、お盆は全く休めないのですが。ああ、ご先祖様、大変申し訳ございません…

6月から7月にかけて、色んな人とお話したり食事をしたりする機会が珍しく多々ありました。
で、東京あたりでは、テラバヤシのような「イソ弁もノキ弁もパートナーも事務員もいない」おひとり様事務所経営弁護士が、結構いるんだなあ、新たな事務所形態として実はもう定着しつつあるんだなあと感じるようになりました。
先日も、非常勤裁判官の関係で飲み会をした際に、その中のおひとりが「おひとり様事務所」だった。
法テラスの審査委員でご一緒した先生も、かつて「おひとり様事務所」だった。今は事務員を雇われているようですが。
で、人づてに、あの人もそう、この人もそう…みたいな話も舞い込んでくる。

1つのカテゴリーとして定着しつつある?「おひとり様事務所」ですが、「おひとり様」になる動機、「おひとり様事務所」をやることのスタンス、業務遂行方法等は、割に多様であるように思います。

動機としては、ザックリ言えば、ネガティブ方向とポジティブ方向に、わりに両極端に分かれるのかな、と思います。
ネガティブ方向というのは、言わずもがな。
新人さんで、入れてくれる事務所がない。当然、大規模にお金をかけるだけの資力もない。
とか、今の事務所にはもうどうにもいられない(ブラックとか、合わないとか、理由は様々)、資金もあんまりないけど、とりあえず出よう。引き受けてもないので、とりあえず一人で、みたいな感じなど。

ポジティブ方向は、これもまたザックリ分けると、「マイペース型」と「こころざし型」に分かれるかなあと思います。
事務所から事件を無茶振りされて、死にそうになりながら仕事するのはもういや。(弁護士をやっている以上、どうしても突然降ってわいてくる仕事というのはあるものですが)そんなにもうからなくていいから、自分のペースで仕事がしたい。事業規模もそれほど大きくしたくないから、人も雇いたくない、というパターン。
「こころざし型」は、自分がやりたいことに特化したいという思いで開く場合(そして、それを突き詰めると収益的にそれほど…な場合)。

テラバヤシのともえ法律事務所は、言っておきながら何なのですが、マイペースとこころざしを足して2で割ったような感じです。
元々規則正しい生活というのが苦手で、自分のペースで仕事したいな、と思ったのと、人に相談しにくい話をあんまり緊張しないでお話してもらえる事務所を作りたいなというのと、あと、ハクション大魔王よろしく「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん」みたいな身軽さが欲しかったというところです。

で、動機がわりにからんでくると思うのですが、「おひとり様」をやるスタンスも、「暫定派」と「このままでいい派」に分かれると思うのです。
ネガティブ方向で「おひとり様事務所」を開業した人は、おそらく「おひとり様」自体を肯定的に捉えていないので、機会があれば、他の事務所に入りたいとか、一緒にやってくれる人がいればすぐにでも…と思っている人が多いでしょう。
ポジティブ方向の人は、まあ、濃淡はあれ、「このままでいい派」になる傾向が大きいのかな、と思います。特に「こころざし型」の人なんかは。
まあ、事務員くらいは雇いたいと考える人は多いでしょうが、誰かほかの弁護士と一緒にやるとなっても、基本的に同じ方向向いてくれる人じゃないと難しいでしょうし、弁護士同士の軋轢が生じるかもしれないというわずらわしさを考えると、「だったら、無理して大きくしなくてもいいわ」となりやすいと思います。

テラバヤシの場合は、結構濃ゆい「このままでいい派」に該当すると思います。
自分の場合、「マイペースでやりたい」という気持ちが強く(要はわがまま)、かつ「自分と相談者、依頼者の空間」というものにこだわりすぎているようで、事務所に常時「自分以外の他人」を入れることに対して、抵抗感があります。
多少の不便はあっても、それをカバーする手段があるのであれば、このままの形態で構わないと現時点では思っています。今後も変えることはありません、とまで言うつもりはありませんが。

業務の遂行方法も結構違うと思います。つまり、業務を円滑に遂行するために何か工夫しているか、ということです。
一番問題になるのは、電話の対応。
電話秘書サービスを常時使っている人、不在がちな日だけを選んで使っている人、全く使っていない人。
私は全く使っていないのですが、その代り、事務所にかかってきた電話を業務専用の携帯に転送するようにしています。
着信を見つけたら、「原則として」速やかに全て折り返すことにしています。そして、電話に出られなかったことについてまずお詫びをすることから始めます。
この対応で、困ったということは今のところありません。特に東京やその周辺の裁判所は、割にこういうことに慣れているような気がします(折り返しが遅々としてこないご高齢のおひとり様先生には手を焼いているようですが)。

個人的に電話秘書サービスは、あんまりお安いところだと、受けた電話の連絡内容を正確に伝えてもらえるのか、そして守秘義務の問題が不安ですし、士業に特化しているサービスになると結構いいお値段で、対費用効果という点で、二の足を踏む状況です。
もちろん、利用することを否定するつもりは全くありませんが。

自分の場合は、依頼者が50代以下の人が多いこともあり、日ごろの連絡方法はメールが中心です。
事件を受けるときに「ひとり事務所で、電話をとれないことも多いので、メールでの連絡が早いです」ということを予め伝えておきます。
働いている方や小さなお子さんをお持ちの方も多いので、よほど急ぎの用事じゃない限り、メールで事足ります(個人的には、電話で話すくらいなら、メールの方がいいと考えています。感情的になりやすいデリケートな事件でも、文字を打つ過程で冷静になることも少なくない印象です。メールでだめなら、もう会って話す)。

こうして考えると、「おひとり様事務所」も結構多様だし、(東京あたりでは)偏見も少なくなって以前よりは「かっこわるい」みたいなハードルも低くなっているとは思います。
が、ネガティブ派にしろ、ポジティブ派にしろ、ひとりでやるには、それ相応の覚悟は持っておいた方がいいな、という印象です。

まるっきり「ひとり」でやるということは、事務所のあれやこれやを全て、自分一人が背負うことを意味します。
他人様にグチグチ言われない気楽さがある反面、煩雑でもあるし、気持ちの上での負担も決して軽くはありません。
他に人がいる事務所でしているつらい思いに比べて、それが軽いか重いかということは一概には言えないけれど、質が違うプレッシャーは間違いなくあります。
事務員が対応してくれるであろうことも自分でしなければならないので、気を休める暇を見つけるのが難しいともいえます(忙しい人からすると、他人がいる事務所でも同じだわ、とお思いでしょうが、「気が休まらない」の質はやはり違うと思います。なかなかうまく言えませんが)。

まあ、こういうプレッシャーに耐えられない人は、「こころざし型」の人でも、こだわりを捨てて早めに他人を事務所に入れたり、事務所をたたんで他の事務所に移るということを考えればいいと思います。
逆に、ネガティブに「おひとり様事務所」を始めた人でも、こういうプレッシャーはあまり気にならず、案外居心地がいいということもあると思います。

最近は、(これも都市部中心かもしれませんが)事務所の再編も結構頻繁に気楽にやっている時代のようですし、出入りが多い=前の事務所で問題起こしたんじゃ?みたいな見られ方も減ってきているようです。
「今がこうだから将来もこうあらねばならぬ」ということにあまりこだわらずに、「事務所の在り方」を考えていけばいいんじゃないかなと思う今日この頃です。

ちなみにテラバヤシですが、おひとり様事務所独特の?気疲れは時折感じるものの、「事務所でゆっくりのんびり相談者の人とお話しする環境を(100%ではないにしろ)整えられた」ということに満足しており、当面このままでいこうかな、と思っています(電話秘書サービスくらいは、毎日ではないにしろ入れようか思案中)。

なお、さっき話した「気疲れ」については、自分の場合、案外、訴状とか調停申立書の提出準備という事務作業をのんびりやることによって、フッと解消されることもあったりするんですよね。
手際よくきれいにセットできた時なんて「ふふ」と何気に自己満足したりして。スカッとしたりするもんです。

しかし、自分で呼んでおいてなんなんですが「おひとり様事務所」ってネーミング、なんだか物悲しい感じですなあ。
何かいいネーミング、ないでしょうか。






[PR]
by terarinterarin | 2015-08-09 16:50 | Comments(10)
猛暑の日曜日。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
残念ながら、今回は法テラスの悪口ではありません。悪口を期待していた皆さん、期待しないでください。

FBにはちらっと書いたのですが、先日、法テラスにちょっとした便宜を図ってもらったことがありました(ということを、こんなブログで書いちまっていいのか、という問題はあるのですが)。
急ぎの案件で、民事法律扶助の援助申請をしたのです。
一応、扶助のルールとしては、援助決定が出て契約書にサインしないと代理人にはならないので、動くことはできない。
もちろん、例えば、おばあちゃんが闇金に脅されてどうしようもないとか本当に本当に急を要するときには委任状だけ先にもらって、動いちゃうことが必要な場合もあります。が、以前、事実上動いていた後で、諸事情により援助不開始になったことがあったので、個人的には、現在かなり慎重にやっている状況です。

今回の案件、援助申請した後で、相手方が結構かたくなで強硬だということが判明しました。そこで、法テラス側にある程度事情を説明し「できるだけ早く審査をしてほしい」とお願いをしたのです。
そしたら、かなり早く決定を出してくれました(提出書類の不備があったので、それを補正した分は遅くなりましたが、ただ、補正後1週間以内で出してくれました)。

この件で、スタッフ弁護士をやっていたころに見てきた地方事務所(民事法律扶助や国選を担当する部署ですね)の職員さんのことを、ふと思い出しました。

法テラス愛知にいたころは、テラバヤシがいた法律事務所と地方事務所は、ドア一枚で繋がっており、いつでもお互いに行き来できる状況でした。
休憩室は共同で、昼時には地方事務所の職員の方と私や法律事務所の事務局が一緒にお昼を食べたりしました。

もうね。地方事務所の職員の皆さんなんて、仕事に追いまくられてる感じでした。

事務局長なんて、毎日10時、11時までいるのが普通でした。

扶助課なんて、大量に持ち込まれる援助申請の処理だけでなく、相談者(時々弁護士)の苦情処理に追われるのが日常茶飯事。
愛知にいたころ、用事があって地方事務所サイドに行くと、扶助課の職員の大半の方は、いつも受話器を握っている状態。
終わればかかってきて、終わればかかってきて…の繰り返しで、もうへとへとです。
昼間に書類の処理する時間がなくて、残業必至、みたいな。

国選課の方だって、警察署の○○摘発月間とか、芋づる式で共犯事件の犯人が一斉逮捕されたとか、そんなことになれば、もう国選の名簿なんかアテにもできず、ひたすら受けてくれる人探し。
国選の報酬決定出したら、弁護士から苦情の電話がかかってきて対応しなくちゃいけないし。

で、実は今、法テラス東京で民事法律扶助の審査委員をやっているのですが、1日に決済を出さなきゃいけない書類の量がもう半端ない。
1日にあれだけ来るということは、担当の職員の人は、来る日も来る日も膨大な量の申請書をチェックして、決められた基準にのっとって不足書類の提出を求めるための書類を作ったり、書類審査だけではまずそうな案件については、上と相談の上で面談審査に回したり…裏でやっている仕事の量を考えると、事務仕事が苦手なテラバヤシとしては、ちょっと気が遠くなるレベルです。

そんななかで、先日、私がFAXを送る際に送信表に書いた「なるべく早急に審査をしてほしい」という一言を見逃さないで、担当の人は審査に回してくれたんだなと思うと、なんだかちょっとうれしくなってしまったわけであります(もしかすると、この職員の方は、テラバヤシが方々で?法テラスの悪口を言っているのを知っていて、これで通常通りの審査にまわしたりしたら、またうるさいこと言われるんでないかという恐怖心の下でそうしたのかもしれませんが。妄想妄想)。

法テラスに対して言いたいことや文句があっても、前線?に立つ職員の人に対しては、紳士淑女としての姿勢を保とうと、それだけは決めています。
だって、彼らに与えられている裁量はわずかであって、ルールに逆らった処理はできないわけですし、そもそも私の主張とか意見と職員の皆さんは関係ないわけですから。

そりゃ、個別の事件の決定について不服がある場合には、まず地方事務所を通さないといけないわけですから、その限りで職員の人に苦情を言わねばならないことはあります。
だけど、この場合、職員の人たちは窓口でしかない。「窓口として、決済を出す人にお伝えくださいね」というスタンスでやらねばならない。

まあ、中には電話対応や窓口対応がよくない人ってのもいるかと思うんですが、でもそれって、どういうサービス業でも同じなわけであって、「法テラスは職員の対応も丸ごとおかしい。だからつぶすべき組織なのだ」なんてことにもならない。問題の本質とは関係ないですよね、やっぱり。

でも、これも愛知にいた時に感じたのですが、「クレーマー」の中には、弁護士とか司法書士とかもいるようで、職員の人が決められないことで職員の人に議論を吹っ掛けたり、口汚くののしったり…とかもあるみたいでして。
そういう態度っていうのは、主張したいことの正当性まで弱めてしまう危険性があるよなあ、きっと、などと思うわけです。

法テラスの職員さんの中にも、今の法テラスの在り方に疑問をお持ちの方が、少なからずいらっしゃるようです。
私が指摘した「スタッフ弁護士あまり?」の状況であるとか、どうしてスタッフがこういう業務をするようになったわけ?とか、国選の報酬算定を中央一括にしたこととか、実際に「どうなの?」というお考えをお持ちの方とお話をしたこともあります。

心で思っていても、職員としてやっている以上、弁護士みたいにおいそれと口に出せない立場の皆さんが、法テラスの事務方の職員の皆さんたち。
いくら「法テラスよくないぜ」とか思っていても、間近でその働きぶりを見てきたテラバヤシとしては、その人たちの働きを否定するような振る舞いだけはしたくないなあと思っています。

と、今日はちょっとイイ奴ぶって、すみません。


[PR]
by terarinterarin | 2015-08-02 18:20 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin