<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どんどん秋めいてきた今日この頃。
ともえ法律事務所も、あと1か月弱で開業1年となります。

ここ1か月くらいのことですが、相談申込のルートが以前とちょっと違ってきました。これが実は「意外なこと」の1つめです。
ウチの事務所は、個人のいちげんさんが依頼者・相談者の9割以上を占めています(と思います。別に統計とったわけではないですけど)。
そして、その半分くらいは、今まで弁護士ドットコムや「シェアしたくなる法律相談所」を経由する電話やメールでの申し込みでした。

が、急激に、その割合が減り、このような媒体や事務所ホームページを経由せずに、最初にブログや記事を読んで、そこから事務所に電話をくださったり、お問い合わせフォームでメールをくださったり…という流れでたどり着く方が増えているのです。
8月下旬から9月にかけて、半数くらいはそういう方だったのではないかと思います。

なぜ、いきなりブログに来るのか?
テラバヤシは、ドットコムやシェア法を経由しないでたどり着いた方に、相変わらず「どうしてうちの事務所へ?」という質問を続けているのですが、どうも聞いたところによると、インターネットで何がしかのワードを検索している最中に、テラバヤシが書いた記事を読んで、それで興味を持つなり共感を抱くなりして、「どれどれ、ちょっと相談してみるか」などという気持ちになり、おいでになる…というパターンのようなのです。

しかも、「法テラス」を検索している最中に見つけた…という方が多い。

「法テラス」というワードで調べている方は、おそらく法テラスの利用を考えていたのではないかと思われるのですが、そこで、どうして、悪口記事を書いているテラバヤシのところにおいでになるのか…までは、ほとんど聞いていないので、よくわかりません(ただ、ひとり、「寺林さんの言いたいことが自分はよくわかりました」とおっしゃっていた方がいらっしゃいました)。

声を大にして言いますが、扶助基準の収入の方については、法テラスが利用できる旨をきちんとお伝えしており(告知義務があるはず)、必要な場合にはきちんと扶助申し込みをしているので、法テラスの営業妨害にはなっていないはずです。

それ以外にも、もうずっとずっと前に書いたPTAトラブルの記事に興味を持って連絡をくださる方もいらっしゃいます。

以前、このブログで「ブログ書いてもお客なんて増えない」と大大的に書いてしまいましたが、案外、集客機能あるのかもしれない、などと単純なテラバヤシは多少思ってしまっています。
しかし、このブログでは言いたいことを言いまくってますし、WEBサイトで細々書いている記事にしたって、特に自分の色を出さないようにしているわけでもない。ダイレクトにブログからともえ法律事務所に来ている方がいる裏では、例えば、絶歌の記事なんかを読んで「こんな弁護士には絶対頼まんわ」とそっぽを向いている方が大勢いるはずだと、現段階では考えています。

とはいえ、どうして今頃「ブログダイレクトさん」が増えたのかは、謎です。法テラスの記事のインパクトがそんなに強かったのだろうか…(ちなみに、WEB記事といえば、実は、ウィキペディアのとある項目に私がWEB記事で書いた内容が引用されており、ばっちり脚注に名前が出ております。横道にそれましたが…)

そして、意外なことの2つ目は、電話対応にまつわることです。
何回も書いているとおり、テラバヤシは電話番さんを置いておらず、事務所への電話は携帯に転送しています。外出中などは、携帯で着信を確認し、折り返しています。
見たことがない携帯電話の番号の8割方、そして、ドットコム経由での電話は、法律相談やあるいはその申込みです。

先日、そういう電話に折り返して、法律相談の依頼を受け、相談を実施したとある方がいらっしゃいました。
相談が終わった後、その方に「折り返してもらえて、とてもうれしかった」と言われました。
正直、この言葉には、かなりびっくりしました。
テラバヤシの感覚だと、法律事務所であるにもかかわらず、電話に出てくれる人がいないということにイラつかれて普通(でも、相手が弁護士だから一応丁寧に対応する)、でしたから。

しかし、その方は、気持ちが弱っていて孤独で不安な時に(というニュアンスだったと思われる)折り返しの電話が来て、すごくホッとしたと言うのです。

そういえば、相談希望の方に折り返すと、8割の方は、「折り返し電話が来たのが意外」という反応をしますし、中には「わざわざありがとうございます」なんて嬉しそうな声を出す人もいらっしゃいます。

自分としては、「事務員を置いていないという運営上の都合もあり、すぐに電話に出られなかったことのマイナス点を、折り返し電話することによって挽回する」という意味でしか、これらのことをとらえていませんでした。が、案外、電話を受けてみるほうにしてみれば「わざわざ折り返しの電話をくれた」ということになる場合もあり、弁護士テラバヤシのイメージアップに若干ながらつながっているのかもしれません。

いやしかし…
今日書いた2つのことが以外にも功を奏しているらしいのは、別にどっちもプラスに作用することを狙って始めたことではないからなんだろうな、と思うのです。
ブログとかWEB記事の執筆とかは、もともと文章を書くのが好きだから始めたこと。
電話の折り返しも「電話したのに反応がないのは社会人としてやばいだろう」というごくごく最低限の対応をするつもりで始めたこと。折り返す際には、「すぐに出られなくて申し訳ないっす」という気持ちが強いです、正直。

同じことやるのでも「狙って」やると、途端にあざとくなり、このアタシも「愛想はいいけど、どこか胡散臭い」「集客狙いの受けがいい記事ばかり書いてる」弁護士ってことになっちゃうんだろうなと…(絶歌とか法テラスの記事とかあっても、嫌がらせメールとか来ないですもんね…当然前者については、非難するコメントはブログにつきましたが、人格非難に渡るようなものは1つもありませんでした)。

というわけで、意外な効果に気が付いてしまったテラバヤシですが、金輪際そういうことは忘れて、今後も「こんなこと書いてみましたが読んでみてください」という気持ちで記事を書き、「いや、すぐに電話に出られなくて申し訳ない」という気持ちで電話を折り返すことにしたいと思います。

ではでは。






[PR]
by terarinterarin | 2015-09-25 21:48 | Comments(3)
安保法案大詰めの時に、法テラスですか…という人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、テラバヤシ個人にとっては、とてもタイムリーな話題です。

先日、裁判員裁判の法廷技術研修の講師として、愛知県弁護士会でお仕事をしてまいりました。
実は、愛知県弁護士会は、この法廷技術研修を年2回(概ね3月と9月)実施していて、元法テラス愛知スタッフ弁護士だったテラバヤシは、ありがたいことにいつもお呼びがかかるのです。
研修は土曜日の朝からなので金曜日には前のりします。
そして、毎回、私の担当をしてくれていた元事務局のAさんと食事をします。
今回も、研修前日にAさんと夕食をとりました。

Aさんと話していると、当然、私が愛知でスタッフをやっていた当時の話になります。
今回もそういう話になりました。

独立するまでの間、4つの法律事務所で働いてきました。一番長くいたのは、法テラス愛知でした。
そして、法テラス愛知にいたころは、結構忙しかったけれど、一番、楽しく、充実していたなあ(途中、かなり大変なことはあったのですが、まあそれは置いておくとして)と、しみじみ思いました。
どうしてなんだろうと考えていたのですが、ひとつ、答めいたものが頭の中に浮かびました。

法テラス愛知は、テラバヤシの使い方が、うまかったんだな、ということです。

うまかったんだな、と思うポイントは、
働かせすぎない。
「穴」のある所を埋める要員として使う。
難しい仕事はフォローする。
というところです。

象徴的だったのは、国選の刑事事件での使い方です。
赴任した直後、私を国選の刑事事件の待機者名簿に入れるかどうか、という話が出たことがありました。
そのときに、当時の国選担当の副所長から「寺林さんは、遊軍として使いたい」という趣旨の話が出ました。
つまり、その日の待機弁護士が足りなかった時に、ピンチヒッターとして対応できる要員でいてほしいということを明確に言われました。
だから、それと別に名簿に載って事件の配点を受け、余裕がない状態になるのはできるだけ回避したいというのです。

私が愛知に呼ばれたのは、被疑者国選の拡大、裁判員裁判の実施に併せた人員不足の解消が理由でした。
だとすれば、そういう使い方は、私が呼ばれた目的にかなっている。
私の方も特に異論はなく、ガッテンショウチということで、待機名簿には入らないことになりました。
その時は全然考えても見ませんでしたが、今にして思えば、当時の副所長の話は、弁護士会の意向を反映しているか、あるいは弁護士会の反対派の動きをにらんでのものだったのではないかと思うのです。
つまり、「反対派にさらすことなく、有効活用する」という明確なスタンスがあったのではないか、そのように感じるのです。
実際、国選課は、私が事件の終結報告書を出したころ合いを見計らって、新しい事件を持ってくる…という「生かさず殺さず」作戦に出ている節がありました(殺さないでくれてサンキューです)…

刑事事件だけではなくて民事法律扶助事件も同じです。
何度も書いている刑事施設収容者からの法律相談の対応。
急な対応が必要で、通常の法律相談の枠が空くのを待っていては間に合わない事件。
ジュディケアの先生が審査に回したけど援助決定が出ても自分は受けないとした事件…
通常の法律相談枠に入ることももちろんありましたが、多忙で、ちょっと来月は遠慮したいというと、「ああ、どうぞどうぞ」という感じでした。
いわゆるハコモノ相談よりも、こういう「他には回しにくい事件をやってくれ」という要請の方が強かったと思います。
そしてこれも、おそらくは、「法テラスのスタッフがジュディケアの仕事を奪っていく」という苦情を交わすための一工夫だったのではないかな、と今では思うのです。

テラバヤシはそれでよかったのか、と問われるかもしれません。ここだけ読んでいると、「扶助課と国選課の下請け」みたいに感じられる方もいるかもしれません。
が、私には特に何の不満もありませんでした。

「刑事事件をお金を気にせずやりたい」という夢?をかなえてもらえたというのも大きな理由です。
が、そもそも、愛知の実情なんて、全くわからないで赴任しました。
そして、若いときから、テラバヤシは「自分の適性は自分よりも周りの人が知っている」「自分は仕事を選べない。仕事が自分を選んでやってくる」とな思っていました。
つべこべ言わずに、来るものを拒まず、オープンな気持ちで仕事を待っていれば、自分らしい仕事ができるんじゃないか、そう思いました。
いわば「まな板の上の鯉」として、愛知での仕事を始め、続けてきました(個人的には、貧困をやりたい、福祉をやりたいと高い理想を掲げて赴任する人は素晴らしいと思いますが、それが必ずしもそこで求められる仕事とは限らないという現実も認識すべきだと思っています)。

特殊なルートで来た仕事は、対応が難しいものが多かった。
でも、困った時には所長や副所長の先生たちが相談に乗ってくれました。
難しい仕事を依頼するときにはフォローをしてくれました。
所長や副所長の先生だけではありません。
わからないから教えてください!!と聞いた人は、誰でも親切に教えてくれました。
フォローの体制もばっちりだったわけです。

当時は、実は、愛知側がテラバヤシをどういう風に使おうか、明確なコンセプトを抱いていたのだということに、全く思い至りませんでした。
ただただ楽しく、気持ちよく、仕事をしている毎日でした(途中大変なことは色々あったんですがね!!)。

ここまでのスタッフ弁護士活用成功事例は、実はよそではないのかもしれません。
「まな板の上の鯉」として過ごした3年3か月は、幸せな時間でした。

現役のスタッフ弁護士が、幸せなスタッフ生活を送れることを祈ります。
そのためには、各地域の活用コンセプトとスタッフの心意気が同じ方向を向いていることが必要であることは、今までお話した通りです。











[PR]
by terarinterarin | 2015-09-17 22:32 | Comments(0)
ご無沙汰しております。

フェイスブックの方では、お知らせしましたが、ちょうどお盆のころに熱中症で倒れて入院し、退院後もしばらく静養(都合2週間ほど静養)。
その後はたまった仕事の処理やら何やらで、すっかりブログから遠ざかってしまっておりました。

会う方会う方に体調を心配されますが、回復しておりますのでご心配なく(しかし、40代後半のこの体、別な慢性的な心配はつきまとっております。これは誰しも似たり寄ったりと思いますが…)。

熱中症で倒れる直前に、事務所の複合機が再びいかれてしまうという憂き目に会いました(幸い、FAXをPCのメアドに飛ばず機能は残っていたため、休養中に事務所に届いたFAXを確認できないという事態にはならずに済みました)。
また、休んでいる間は電話に出ることができず、大切な電話がかかってきたらどうしようと、多少回復して以降は、ドキドキしていました(事務所にかかってきた電話は携帯に転送してもらっていましたが、とりあえず寝てなきゃいけないし、そもそも病院で電話かけられるところも限られていたので…回復傾向になってからは、こそこそと電話かけられるエリアでかけたりしていましたが)。

複合機については所詮一人事務所、卓上の小さなもので足りるだろうとタカをくくっていたのですが、やはり仕事させすぎの過労のためにいかれていたようで、入院前によくある大きい複合機のリースを決めたところでした(退院後に搬入ということになりました。静養中、唯一事務所に出たのは、この搬入の時でした)。
入れたのはcanonの複合機なのですが、いやはや快適です。

というのは、保守点検のサービスが非常にしっかりしているのと、インターネットでトナーの交換時期なども把握してくれているので、なくなりそうだとなったら、勝手に送ってきてくれることになっているのです(全てリース代及びカウンター料金に込み)。
今まで通り、FAXやスキャンをPCメールやPC上のフォルダーに転送する機能もあり…
月々1万数千円(いろいろ考えて3年リースにしたための値段ですが)余計に費用がかさむことになりましたが、「毎月痛い出費になってしまった」という感覚はありません。

以前もお話ししたと思いますが、おひとり様事務所は事務員がいない分を、弁護士自身や外注、マシン?その他創意工夫により補わなければなりません。
確定申告については、細かい作業にめっぽう弱いこのワタシ、税理士さんにお願いすることにして、2月3月に業務が滞る事態から解放されることに成功しました。
複合機は、案外重要な仕事道具であり、かつ故障と隣り合わせでもある。
独立前の私は、そこに思い至ることができず、「リース=やっかい」なので避けたい、一人だからそれほど厳しく使いまわしもしまい、などと侮ってしまい、ヨドバシカメラで、「小さなクリニックで使用するくらいのサイズ」とおすすめされた卓上の複合機を購入して、見事、保証期間内に2回の故障を引き起こしてしまったのでした。

ここで声を大にして、ワタシは言いたい。
これから独立する若手の皆さん。
事務員を雇うお金がなくても、複合機はリースにしましょう。
そして、リース料の安さにはつられないようにしましょう。
リース料やカウンター料金の中に何が含まれているか。
保守体制はどうなっているか。
そこらへんをきちんと見極めたうえで、「いいもの」をリースするようにしましょう。

一方、電話の方ですが。
今回、入院騒ぎを起こして、さすがに電話代行をそろそろ利用しないとまずいか、と考えるようになりました。
複数の業者に見積もりをとったり、サービス内容を詳しく聞いたりしました。
その結果、電話代行の利用は見送ることにしました。

問い合わせをする方の立場からすると、いつも決まった人が対応してくれるのが望ましい。
専属(とはいえ数名をローテする形ですが)にすると、これが目ん玉飛び出るほど高いんだな。これなら、電話番を雇った方がまし。
で、専属をあきらめると、値段は安くなるのですが、「その時手が空いているオペレータ」がとるため、手が空いているオペレータがいない場合には、結局電話をとってもらえないことになる。

さらに、個別の応答マニュアルなんかを用意すると、それでガッツリまたお金をとられることになるという。
払うお金に見合うサービスを提供してくれるところがない、とテラバヤシは感じました。

電話に関しては、今まで通り、不在着信を確認したら、なるべく早めに折り返す、不在時のアナウンスをその時の状況に応じて柔軟に変えて、出られそうなときにかけてもらうようにするなどなど工夫することにより、自分で応対するのが今のところはまだいいかもしれない、と思っています。

あと1か月少々で、ともえ法律事務所も開業1年となります。
思えば、体調不良と戦いながら?の1年で、とはいえ、ありがたいことにそれなりに?ご依頼もいただいている現状だったりします。
始めたころは、事務所の切り盛りの仕方については、「走りながら変える、考える」しかないんだろうなと思っていたのですが、まさにその通りだなというのが、今のところの感想です。

「お金をかけるところはかける」という割り切りと、「粗相があってはいけない」なんて気張ってなんでも完璧にしようとせずに、多少の取りこぼしは仕方ないだろという割り切り。
このふたつが必要なことは、間違いないかな、と思います。

そういえば、「おひとり様事務所」に代わる名前を考えてくださった皆さん、ありがとうございました。お返事できなくて、申し訳ありません。
色々考えてもらいましたが、当面「おひとり様事務所」で行くことにします、あしからず…



[PR]
by terarinterarin | 2015-09-05 22:07 | Comments(3)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin