<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どうやらこのブログを始めて2年が過ぎたようでした。
最初の投稿は、2014年5月23日とあります。
まだ、独立する前のことでした。

2年前の投稿を読み返すと、とにかく頻繁に更新しようということだけ考えて書いているのが、ありありとわかります。
しかし、そんな古い投稿でも、コンスタントに読まれている投稿がいくつかあります。
特に、刑事事件関連の投稿は、細々ながらも継続的なニーズがあるようで、今でも自分の投稿のアクセス数で上位に来ることがよくあります。

このブログを始めた5か月後の10月22日に、独立することになりました。
ブログ始めた当初は、まさか5か月後に自分が独立することになるなんて、思ってもいませんでした。

独立する前の投稿と独立した後の投稿では、記事の内容が変わったように思えます。

独立する前は、自分が背負っていたのは自分の名前ではなく、「琥珀法律事務所」でした。
自分の発言が世間に「問題」と判定された場合、自分だけではなく、琥珀法律事務所に火の粉が飛ぶ可能性が高い。
そういう意識が投稿にも反映されているように思えます。
今は、(法テラスの記事なんかは別ですが)何を書いても自分で尻拭いするしかないので、「自分で自分の尻をぬぐえるか」というシンプルな判断基準で原則的には書くことができています。

独立してから、今まであった盾(ボスであるとか組織であるとか)も事務員さんというヘルプもなくなりました(それは自分が選んだことですが)。
その分、色んな事に自分が真正面からドーンとぶつかってしまうことも増えました。
肉体的に疲労するだけならまだよいですが、真正面からドーンとぶつかるということは、精神的にもかなりな疲労を呼び込むのだと改めて分かりました。

今まではあまり感じなかった女性弁護士に対する差別的な視線(それは、男性の年長弁護士によるものでしたが、ことごとく。)を感じることも、何回かありました。

組織にいる、人と一緒にやっているということと、ひとりでやるということが、これほどまでに仕事とのかかわり方を変えるものなのか、と思ったものでした。

しかし、それだけに気づかされることもたくさんあり、「ひとり」でやることについての自分なりのアイデアも沸いてくるようになりました。
そんななかで、私よりもぐんと若い世代の同業者が、期せずして独立しなくちゃならなくなった場合に、役立ててもらえると嬉しいと思うこともいくつか出てきて、そういうことも(そうじゃないこともあるけどね)このブログで発信していければいいなと考えるようになりました。

そういう意味でも、独立前の投稿と独立後の投稿は、内容に違いが出ているかなと思います。

よく「ブログを書いてます」というと、営業目的であるかのように言われますが、自分の場合、あまりそういう意識はありません。
ただ、結果として広告的効果が多少あるというだけのことです。

独立前の自分と独立後の自分を眺めてみて、おひとり様でやり始める方に対して、今何か言えることがあるとしたら、3つに集約されるかな、と思います。

1つは、集客を意識しすぎてはいけないということです。
集客を意識しすぎると、自分の今後の収入もわからないのに過大な広告費をかけたり、あるいは非弁提携しているようなよからぬ業者に引っかかったりするような危険を招くように思います。「ひとり」で独立した弁護士は、常にそういう業者に狙われているといっても過言ではないでしょう。

2つめは、きちんと休むということです。
さっきも書きましたが、おひとり様で何かやるということは、色んなことが真正面からドーンとぶつかってくるということでもあります。
疲れます。そのままにしておくと倒れます。
ですから、1日に1時間、定期的に何日かは仕事からまるっきり離れる日を作って、仕事モードから離脱することが必要だと思います。

3つめは、当たり前の話ですが、仕事の基本をきっちりこなすということです。
たとえていうなら「ホウレンソウ」と「約束を守る」ということでしょうか。
依頼者や裁判所に対してこれらのことをしっかり履行することが、実はどんな広告よりも大切なことではないかと思います。

特に裁判所は、事務所の名前や大きさ、弁護士としての経験によって、弁護士を評価するようなことはしないところだと思います。
書面の締め切りをしっかり守る弁護士か、裁判所に報告すべき事態かどうかを判断できる弁護士か、不在中の電話にしっかり折り返しができる弁護士か、という部分が、信用できる弁護士かどうか判断するにあたって、ある程度のウエイトを占めていると思います(もちろん主張の内容がまともかどうかが一番であることは間違いないでしょう)。

依頼者だって同じです。「いついつまでに提訴します」と約束しているのに、それをとっくに過ぎても何の反応もないということでは信頼を失います。そういうことが続けば、紹介案件のいくつかを失うことにだってなるでしょう。

もちろん全ての約束を守ることは不可能です。守れなかった場合には、そのことについて釈明したりするなど、適切な対応を採らなければならないでしょう。

なんかいい子ちゃんの終わり方でこっぱずかしいことこの上ないのですが、まじめに仕事をしていれば、弁護士の仕事に対して悪い噂は立たないでしょう。
高いお金かけて身の丈に合わない広告をするくらいであれば、「悪い噂」を立てられないようまじめに仕事するということの方がはるかに大切だと思います。

弁護士の名前をネットで検索すれば、今の時代、「悪い噂」だってヒットしちゃう可能性が結構あったりするわけですから。

いつまで続けるかわかりませんが、この先も当面はこのブログ、弁護士として思ったことを不定期に綴っていきたいと思います。
気が向いたときに訪れていただけると幸いです。

ではでは。






[PR]
by terarinterarin | 2016-05-29 18:05 | Comments(0)
ゴールデンウィークの休暇を終えて、通常通りに仕事をしていたある日のことでした。
1枚のFAXが届きました。
電話代行の案内でした。

月額使用料、なんと6000円。
今までに見たことのない破格の料金設定です。

いつもなら、それきりにするところです。
が、最近、以前にもまして事務所を留守にすることが増えてきました。
そのたびに、電話の着信が気になって気になって仕方なくなっていました。

特に裁判所や検察庁からの電話は、メッセージを録音してくれることがほぼありません(裁判所はごくまれにありますが)。
そのため、折り返しのしようもないということがありました。
幸い今まではありませんが、ひょっとすると電話をとれないことで依頼者に大きな不利益が起こることもあるかもしれません。
そんなことが気になって気になって仕方なくなっていました。

ファックスに書かれていたURLにアクセスしてみました。

シンプルなサイトで、「業界最安値!!」とか人を飛びつかせるようなコピーは一切書いていませんでした。
1日10本、月200本で6000円という値段だということがわかりました。
詳しい問い合わせは、メールでしてくれるとのことでした。
何時から何時までの対応なのか、土日祝日の対応はどうなのか、応対はどのような言葉で行うのかなどなどが気になりました。
メールで問い合わせしてみました。

回答によれば、平日9時から18時までで、対応もごくごくスタンダードなもの。電話を受けたら指定メアドにオペレーターから連絡あり。
また、特に注意すべき点は予め指示していれば、それを踏まえた対応をしてくれる、ということでした。

回答は、とても早く返ってきました。
2回問合せをしましたが、どれも1時間以内にレスポンスがありました。
内容はコピペではなく、イチから書いているのがわかりました。

1日10本も電話が来ることはありません。
多い日で、6~7本。
月200本を超えることもありません。

そんなテラバヤシにとって、ここの会社の料金は、とても良心的。
おまけに対応も丁寧。
無理無理契約を取りに来ない。

こんなところが気に入って、その日のうちに申し込み。
翌日の午後には、利用開始できるようになりました。

電話転送手続をした後で、きちんと設定されているか確認するために、自分の携帯から事務所に電話してみました。
事務所から代行会社に電話が転送され、オペレーターさんが出ました。
柔らかく、感じの良い応対で、とてもホッとしました。

翌々日には早速不在中の電話に対応してもらいました。

どこの誰からどういう用件で電話が来たか。折り返し先はどこか。
非常に短いメールの文面の中に、必要な情報が全て盛り込まれていました。
折り返しがとてもスムーズに行きました。

今まで、半ばかたくなに代行を拒否しているところがありました。
前にも書きましたけど、価格設定、が提供するサービスに見合っていると思える業者がなかったからです。
が、そういう「意地?」もどうやら限界を迎えたようでした。
電話をとれないストレスは、予想以上に大きかったようでした。
FAXは、グッドタイミングで送られてきました…

まだ代行さんにお世話になったのは1回だけですが、それでも「ああ、頼んでよかった」と、ストレスから解放された感触を味わいました。
そして、この価格設定であれば、文句はありません。

代行さんをお願いした後は、ホームページ上の土日の連絡先を、業務用の携帯電話番号に書き換えるという作業を行いました。
既に依頼を受けている方は携帯かメールで連絡をくださるので、土日に事務所の電話に誰も出なくても、特に問題ありません。
段取りは、あらかた整いました。

おひとり様事務所のお仲間(?)様、あるいは、登録後まもなくひとりでやらざるを得なくなった方などなど、電話代行を導入するかどうか悩んでいる方、結構いらっしゃるかもしれません。
個人的には、別に最初から代行に頼む必要はないと思います。
自分一人でやり始めてから、テラバヤシみたいに「やっぱり駄目だわ」と利用し始めるのも十分ありです。むしろ、そっちの方が、代行さんに具体的な要望も出せますし。

探せば、たとえ一人でも、登録後まもなくでも、頼れるサービスっていうのは巷にあるものです。
そういうものをうまく駆使すれば、事務員を使わないおひとり様事務所も、なんとか切り盛りしていけるものだと、改めて思ったのでありました。


[PR]
by terarinterarin | 2016-05-15 17:00 | Comments(0)

憲法記念日が過ぎて。

昨日の昼、テラバヤシは、両親と妹と、帰省した時によく行く札幌市内の寿司屋に行ってきました。
円山公園という(京都の円山公園とは全く趣は違うけど)緑豊かな公園のほど近くにある寿司屋です。

札幌は天気も良く、気温も高い日でした。
お年寄りも子供連れも若い人たちも、たくさんの人がお花見や散歩に公園に向かっていったようでした。
お寿司はとてもおいしく、お店の大将の温かい接客にも触れ、よい気分になりました。
帰りには市内のデパートでケーキを買い、家族4人で3時過ぎのおやつにしました。

夕食は、母が作った生姜焼きでした。
ちょうどテレビは夕方のニュースの時間でした。
憲法記念日ということで、各地で行われた護憲派の集会、改憲派の集会の様子が流れていました。

憲法を改正することはいいと思うけど、やっぱり戦争ができるようになるのはダメだ。

テラバヤシ父が、一杯飲みながらそんなことをつぶやいていました。

一日の終わりに、憲法の前文を読みました。
改めて目にするのは、とても久しぶりです。

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

この一説が、心にしみました。

[PR]
by terarinterarin | 2016-05-04 00:22 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin