<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

皆様ご無沙汰しております。

体調不良や夏休みもあり、すっかり投稿から遠ざかっておりました。
今回は、たった今あった出来事についてお伝えしたいと思います。

土日の不在中、事務所に冷凍の宅急便が送られてきたようでした。
送り主は記憶にない名前の方でした。
過去のデータやインターネットを検索してても名前が出てこない。

思い切って宅急便の方に、送り主の確認をお願いしました。
そうしたところ、このブログの読者の方で、私の記事に感動してくださったのでお送りしました、とのお話があったことがわかりました。

とはいえ、お受け取りはお断りさせていただきました。
もちろんその方が全くの善意で、私の書いたことに対して「ありがとう」という気持ちでお送りくださったこと自体に疑いを持っているわけではありません。

ですが、(ここは弁護士によって考え方が違うところかもしれませんが)弁護士というのは、「物をもらう」ということについて、かなり慎重にならざるを得ない生き物なのです。
もちろん、顧問先の方からお中元をいただく、依頼者の方が手土産をもってきてくださる。
そういうものは、ありがたくちょうだいします(注:催促しているわけではないので誤解しないでください)。

しかし、我々の職業というのは恨みを買う職業です。
私も今まで脅されたことが何度かあります。
ブログやWEB記事のコメントで、心ない言葉を容赦なくかけられたこともあります。
そういう立場からすると、面識のない方からの贈り物を受け取るということは、「職業的な一線」として引いておくべきであろうと考えているのです。

もちろん、大きな事務所で事務方が何人もいたり、メディアによくご出演になっていて、直接面識のない方から色々送られてくる弁護士などは話が別なのでしょうが、ともえ法律事務所のような超小規模事務所は、「何かが起こる前の一線」というものは厳然と画しておかねばならないわけなのです。

そういう事情ですので、面識のない方からの贈り物は一切お断りさせていただいておりますので、この場を借りてその旨お伝えさせていただきます。
もし、私のブログやWEBの記事を読んで少しでも心が明るくなった方がいらしたら、それはそう思っていただいただけで、こちらとしては幸せです。
思い浮かんだことを適当に並べているだけのブログですので、どうかお気遣いはなさらないでください。
却ってご迷惑をおかけすることになってしまいますので。

今回贈り物をしてくださった方、ありがとうございます。
お気持ちはありがたく頂戴します。
お応えできなくて申し訳ありません。
お返ししたものは、ご自身や周りの方とともに楽しんでいただければと思います。


[PR]
by terarinterarin | 2017-08-28 12:45 | Comments(3)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin