<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日も書いた通り、テラバヤシ、やすらぎの郷にはまっております。
さすがにウィークデーにリアルタイムで観るわけにいかないので、録画を週末に観ています。

今週は非常に考えさせられる回でした。

やすらぎの郷の創設者が死の間際に、主人公の菊村、すなわち石坂浩二を呼び出します。
そして、山で死にたいか、海で死にたいか、と、問うのです。
菊村は山と答えますが、創設者の答は海でした。
その理由は、人生観とはまた違う、戦争とも関わる奥深いものでした。
彼は直後に絶命し、遺言に従って、水葬に付されました。日本海軍の方式での水葬だったようです。

劇中、水葬は違法だというセリフがありましたが、確かに調べてみたところ、ごく例外的な場合を除き、少なくとも日本では、水葬は禁止されていました。違反には罰金刑も定められていました。

ウチの母は、もう何十年も前から、自分が死んだあと、焼場で焼いたら、適当にその辺に撒いとくれ、墓は要らないから、などと言い続けており、ザ昭和の男である父を悩ませています。

今回のやすらぎの郷を見て、死んだあと自分をどうしてほしいか考えたのですが、適法か違法かはさておき、波際に遺体を運んで置いておいてもらいたいなあと思いました。

そのうち、波がテラバヤシの遺体を海へ運び、海底に徐々に沈め、その過程で魚やその他の生き物が私の遺体を食べ、残骸は長い時間をかけて海の一部と化していく。

一見恐ろしそうにも思えますが、肉体を支える精神が朽ちて消えているのに、焼かれた肉体の残骸が、後生大事にダレソレ家の墓の下で、どこにも帰ることなく冷たく放置されることは、経済的に云々、土地が云々とか言う前に、自然の摂理としてものすごーく不自然に思われるのです。

ゾロアスター教を始め、いくつかの宗教では、遺体を鳥についばませ、死者の魂を天に運んでもらう鳥葬が行われています。
遺体を野ざらしにして風化するに任せる風葬という方式もあります。
思想と結びついてはいるものの、地球から生まれた命を朽ちた後も地球の一部としてあつかう点において、理にかなった埋葬方法のように思えます。

やれ、戒名だの、やれ永年供養だのなんだのかんだのと、死人に口なしをいいことに生きてる人間の思惑で、死んだ後まで自由にさせてもらえない国って、なんだかホントにめんどくさいなあ、と思うのでありました。

[PR]
by terarinterarin | 2017-09-23 20:48 | Comments(1)
先日、BLOGOSのブロガーをやめさせてもらいました。

最大の理由は、自分の個々のblogの紹介のされ方が、我慢ならないということでした。

サイトで新着記事などとして紹介される際のリード、ツイッターやフェイスブックにアップする際に抜粋される記事部分、全て、その投稿の中核部分とは全く違うところでした。

もちろん、ブロゴス側としては、ひとりでも多くの人の目を引くように選択していたのだと思いますが、結果は、少なくとも私にとっては芳しくないことばかりでした。

そのリードなり抜粋部分しか読んでない、お門違いのタタキコメントがどんどん並ぶ。
言いたいこと、結局なんなの?というテラバヤシという書き手自体に対する懐疑が生まれる。

弁護士寺林に対する風評、評判によろしくない影響が及ぶ。

ブロゴスの試みは面白いと思うし、小林よしのりさんを始め、使い方がお上手だな、と思う方は何人もいらっしゃいました。

が、私は、申し訳ないけど不信感を持ち、やめさせてもらいました。

事務所開設からもうすぐ三年です。
ウェブ対策や執務体制含め、大幅リニューアルもちょっと考えているところです。

ま、その前に明日から裁判員裁判なので、まずはそちらをしっかりやらねばと。

ウェブだけで、なんとかなるなんて幻想です。
そう洗脳されがちな怪しげなお誘いも多いけど、若い皆さん、気をつけて。
使いこなす才覚がない方は、やらない、早めに撤退する、が懸命です。

[PR]
by terarinterarin | 2017-09-10 12:55 | Comments(3)

ハマる、やすらぎの郷

さて、先日もお伝えした通り、テラバヤシ、ただいまやすらぎの郷にはまっております。

昨日今日で先週放送分を全部見ましたが、姫はまだ死なんのか、引っ張るなあ、とか、撮影中に亡くなられた野際陽子さん、確かに今週のシーンは具合が悪そうだ、などなど、ハエが止まるようなスピードの展開ゆえ、様々なことを感じながら見ています。

このドラマを見ると、自分のこの先の老いを自然と考えます。
やすらぎの郷にいる高齢者たちは、日本の高齢者の中では、富士山のてっぺんにいるくらいの幸せな老後を送っている人々です。

でも、だからこのドラマが現実離れしているかというと、そういうわけではないのです→ご老人3人のレイプ犯退治は除きますが…あれ、人違いだったらどうなっていたことやら。

例えば、姫が自分の身の回りをどんどん捨てていこうとしたシーン。
私の祖母は、自分が死んだ後の後始末にみんなが困らないようにと、いつもタンスや押入れを整理していました。
もう死ぬ!と身動きできなくなってからでは遅い…何も遺産に限った話ではないのです。

また、このドラマは、高齢者の恋愛もよく描かれます。目ん玉飛び出そうなカップルが生まれたりします。
バーに行けば、いつもの連中がいたりいなかったり、1人もよし、何人かで過ごすもよし、そんな当たり前にできるはずの日常の風景も違和感なく見せてくれます。

やすらぎの郷は、高齢者が本来いるべき環境はこんなもんだ、ということを描くと同時に、いずれ、誰もが直面しうる問題を、じっくりゆっくり、リアルに見せてくれます。

ここ数ヶ月、体調不良のため、特に用がないときは自宅で仕事をしており、すっかりやすらぎウォッチャーになっていました。

そういう中で見ているせいか、起こることひとつひとつが、現実に見えてしまいます→レイプ犯退治は除きます。

しかし、同時にそう遠くない老後に対する不安や恐怖も少なくなってきました。
私はたぶん孤独死すると思いますが^^;、それならそれで、しかるべき人と相談して、間違えて残してしまったものはしかるべく処理してもらえるようにしておこうと思います。

[PR]
by terarinterarin | 2017-09-03 20:24 | Comments(0)
ドラマはほとんど見ません。
しかし、今は珍しく、「ひよっこ」と「やすらぎの郷」を見ています。
テンポがちょうどよいのです。特に「やすらぎの郷」のテンポは、自分にマッチしています。
昔からおばあちゃんぽいところがあるといわれてきましたが、拍車がかかったように思います。

さて、今回はもし「ひよっこ」の登場人物が何らかの紛争に巻き込まれた場合、どんな依頼者相談者になるかを妄想してみました。

まず、みね子や鈴子さん、すずふり亭のシェフなどは、巻き込まれたとしても事故みたいなもんでしょうし、非常に理路整然と弁護士に相談し、受任しても非常にスムーズにコミュニケーションを取れる優良依頼者になるでしょう。

漫画家連中は、原稿料の不払いといったトラブルに巻き込まれる可能性が高いと思いますが、おそらく契約書もろくになく、原稿料がいくらだったかの記憶も乏しく、法的請求が困難な案件になる可能性が相当程度高いと考えられます。

愛子さんは、依頼者としては特に問題がある人ではありませんが、話が脱線しがちで、相談時間が長いわりに「核」の部分はほんのちょっとというタイプの相談者さんになるでしょう。
また、案外しっかりしているので、本格的なトラブルになる前に予防的に無料電話相談などを有効に活用し、難なく過ごしていけるタイプではないかと思います。

実は、弁護士泣かせなのは、私の愛するムネオではないかと思います。大したことはやりませんが、盛り上がって大声を出しすぎて内容証明が送られてきたり軽く慰謝料なんかを請求されるんだけど、あの手の性格なのでシャウトせずには生きていられない、そして、弁護士が打ち合わせの際に、トラブル回避のために必要なことなどを話しても、自分のスタイルやこだわりをとうとうと語りだし、結局わかっているのかわかっていないのかよくわからない状況で終了するというパターンかと思います。資力を考えれば法テラス利用者になるかと思います。
また、リピーターになる可能性もあると思います。

大家さんは、今の入居者が皆さん現在優秀なので家賃滞納などの憂き目にあっていませんが、案外人が好いので取り損ねたりする可能性があり、将来的に被害者予備軍かもしれません。
ですが、帳簿をきちんとつけているかどうかはかなり怪しく、銀行振り込みにしていなければ、証拠がそろわない可能性があるのではないでしょうか。

最後に番外編を2つ。
早苗さんは、案外男に騙されて慰謝料請求なんてのがありそうだと思っています。
そして、豊子はトラブルに巻き込まれても、自分で内容証明の書き方から訴状の書き方からなんでも調べて本人訴訟を起こし、勝てるタイプと思います。そんじょそこらの弁護士より相当優秀だと思います。
すくなくとも、こいつよりは100倍優秀だぜという具体的な弁護士が、いま私の頭の中には、少なくとも3人います。

というところで、明日のひよっこも楽しみたいものです。
やすらぎの郷もね。


[PR]
by terarinterarin | 2017-09-01 00:57 | Comments(1)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin