人気ブログランキング | 話題のタグを見る
何度かこのテーマで書いていますが、今日は相談者の側から見たポータルサイトについて書いていきたいと思います。

現在私が所属している事務所は、事務所の案件に対応するのが主であるため、弁護士ポータルサイトなどを使って露出を稼ぐ必要はありません。

しかし、自分としては、いざというときの法律相談の勘所を忘れたくないという気持ちで、毎日とあるポータルサイトを覗いて、寄せられた相談に答えています。

ポータルサイトに寄せられている相談の中には、少なからず、Q&Aにおける弁護士の回答で「最終判断をしたい」というものが見受けられます。

つまり、お金をかけずに、自分の疑問に対する答えを見つけたいと考えている人が多いのです。

もちろん「実際に法律相談を受けるまでもない」問題もありますので、そういう疑問をお持ちの方にとっては、それは間違いではないでしょう。

しかし、基本的に、弁護士が相談者の事情に応じた回答をするにあたっては、個別具体的な情報を本人から収集する必要があります。
場合によっては、メールやLINEのやり取りなどの証拠を確認する必要がある場合もあります。

ポータルサイトのQ&Aでは、弁護士が確定的な回答をする情報が圧倒的に不足しています。
そこで弁護士がしている回答は、あくまで「そこに書かれている事情を前提にした場合の仮のもの」でしかありません。

自分の事情に即した回答を得るためには、やはり、法律相談料を払い(現在は無料相談のところもありますが)、原則的には弁護士の元に足を運んで、必要な証拠を持参して、聞きに行く必要があるのです。

私がポータルサイトで回答する場合には、相談者が実際に弁護士に法律相談に行く気になるように書くことを心がけています。面談で相談することを提案することが非常に多いです。

そういう気持ちでいる弁護士は私だけではないようで、他の弁護士の相談を読んでいても、そういう回答をしている人が結構いる印象です。

なかには、詳細な事情を書きまくって(そのためやたら質問が長文)、精緻な回答を引き出そうとしている相談者も見受けられますが、正直なところあまり意味はないかなと思います。

まず、そもそも、そんなに長文の相談を読む弁護士は少ないでしょう。
また、読みにくくて聞きたいことが頭に入ってきません。
本来有料の法律相談で聴くべき話を「ただで済まそうとしている人」という印象が強く、あまり関わりたくないという気持ちが弁護士側に働くこともあります。
かえって、良質な回答を遠ざけている可能性があると思います。

ポータルサイトを使って法律相談をする場合、あくまで目安、基本的な知識を仕入れるくらいの気持ちでいてもらいたいと思います。

それ以上のことを知りたい場合には、やはりきちんとお金を払って、実際に弁護士に会うべきです。

「ただほど高いものはない」という言葉がありますが、法律相談に関して言えば「ただの情報ほど実際に使えないものはない」くらいに考えるのが良いのではないでしょうか。


弁護士ドットコムが広めたポータルサイトの世界は、弁護士の広告という意味でも法律相談のあり方という意味でも、(当時は)画期的なものだったと思います。

弁護士に「広告による営業意識」を植え付けましたし、法律相談をカジュアルなものにする意味がありました。

しかし、時が流れて、弁護士にとってポータルサイトはうまみが少ないものになったと同時に、一般の人から「専門的な知見を得るためにはお金を払うことが必要」という感覚も奪ったと思います(もちろん、この点に関しては法テラスの存在も絡んでいることは事実ですが)。


将来的に弁護士ポータルサイトはどんな姿になっていくのでしょうか。
いくつかのサイトはおそらく閉鎖されることでしょう。

そして、弁護士広告の主流は、事務所サイトへの誘導となっていくように思います。

いくつかの大手?事務所がやっているようなチャット相談のようなものが、案外主流になっていくのかもしれません。








# by terarinterarin | 2022-12-13 19:00 | Comments(0)
最近とある資格試験に合格しました。

公益社団法人日本愛玩動物協会が実施する、愛玩動物飼養管理士2級試験です。

愛玩動物飼養管理士とは、いわゆる「動物愛護法」の趣旨に基づいて、ペットの愛護や適正使用管理の普及啓発活動を行うために必要な知識・技能を持っている者と上記協会が認定登録したものです。

まだ試験に受かっただけで登録をしていないので、正式には「愛玩動物飼養管理士」を名乗れません。

ですが、試験の合格通知はありましたので、とりあえず「試験に受かった」とはいえる状況です。

この資格は、通信教育とセットになっているもので、教本で学んだあとオンラインのスクーリングがあり、課題を提出して、最後に認定試験を受けるという仕組みになっています。

勉強を始めてから認定試験まで7~8か月の長丁場でした。

試験の合格率自体は8割程度と高いですが、教本は分厚いものが2冊ありますし、スクーリングも2週間のうちに6本視聴しなければならない、提出課題も設問数が多い…というわけで、怠けていては取れない資格です。

また、ネット上では「課題を提出していれば簡単」と言われていた最後の認定試験も、案外設問がひねっていて難しく感じ、終わった直後は「落ちたかも」と思うほどでした。

弁護士のダブルライセンス、トリプルライセンスも昨今は珍しくありません。
公認会計士、税理士、中小企業診断士、社労士、宅建などなどいろんな資格をお持ちの方が結構いらっしゃいます。

とはいえ、愛玩動物飼養管理士を持っている弁護士は極めて少ないだろうと思います。
過去にネット上でひとりふたりおみかけしたことはありますが、その程度です。

また、この方たちは、ペット関係の法律相談や依頼を受けることが多い弁護士のようでした。

私の場合、そのような事情はなく、単に自分が過去にハムスターを飼っていたり、地域猫と仲良くなって、猫の保護や地域猫活動に興味が湧いてきたという事情があって、この資格を知りました。

元々動物や生き物が好きで、飼育本を読んだりするのも好きだったので、その延長で受講受験を決めたという感じです。

この先も、これを仕事に活かしていこう!!と意気込んでいるわけではありません。
興味があったから受けた。ただそれだけです。

勉強はとても楽しいものでした。
教材を読むのはとても興味深いものでした。
動物愛護の歴史や、現在の動物問題、動物観の変化など、知らないことを知ることができました。

認定試験前は、引っ越しや新たな事務所での執務開始と重なって、あまり勉強時間が取れませんでしたが、それでもできるだけのことをやりました。

この先1級が待っています。
最近まで1級まではいらないかななどと思っていましたが、2級に受かると、ちょっと考えも変わってきました。

どれだけ時間が取れるかわかりませんが、もしかするとチャレンジするかも。

ちょっと考えてみようと思います。


# by terarinterarin | 2022-12-07 19:00 | Comments(0)
先日久しぶりの復活をしたこのブログ。

実は7月以降10月末まで非公開にしていました。

どうして非公開にしていたのか、どうしてテラバヤシは札幌に帰ったのかなどについて、今日はお話しすることにしたいと思います。


そもそものきっかけは、昨年の秋から冬にかけてのことでした。

父が脳梗塞で倒れました。

幸い麻痺は残らなかったものの、2回入院し、失語症や記憶障害など、若干不便を感じる後遺症が残りました。
入院中はコロナということもあり、家族はほぼお見舞いに行けない状況でした。

私はひとり東京で、何の手伝いもできず、悶々としていました。

母も体は本調子ではありませんでした。

元々、札幌を離れたときからいつかは帰ろうと思っていました。
このことをきっかけに、そろそろ帰ろうかなと考え始めました。

とはいえ、その時点で私はハムスターを飼っていました。
ちょうど2歳を迎えた頃でした。
ハムスターとしては高齢に差し掛かっていました。
この子を飛行機に乗せて連れていくわけにはいかない。

だとしたら、この子を見送ったら、私は札幌に帰ろう。
そう心に決めました。

ハムスターは、今年の4月末に老衰で亡くなりました。

私は、その後、札幌にUターンするための転職活動を開始ししました。
そして、今の事務所と出会い、内定をいただくことができました。


内定をいただいた後、私は「懲戒請求を受けないようにしなければならない」と考えました。

移籍するに際しては、東京弁護士会から札幌弁護士会に登録替えしなければなりません。
懲戒請求されると、その事案が終結するまで登録替えできないのです。

SNSやブログの記事は、嫌がらせや面白半分の懲戒請求のかっこうの的になります。

私は、登録替えのお知らせをぎりぎりまで行わないことにするとともに、ブログをいったん非公開にして、懲戒請求のリスクを少しでも減らそうと考えました。

そうして7月に非公開にしたのです。

実は、全く別方向から、しかも移籍直前に懲戒請求されるかもしれない事態が発生したのですが(私に落ち度がないことは周囲に理解してもらっています)、無事にその件も乗り越え、登録替えして、今の事務所に移籍することができました。

今の事務所はこれまで私が携わってきたこととはかなり違う業務を手掛けるところとなります。

執務の内容ややり方、時間帯も違います。

なので、更新頻度にも影響が出ると思いますが、今後もできる範囲で、ブログでの発信をしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。



# by terarinterarin | 2022-11-14 20:00 | Comments(0)
皆様、大変ご無沙汰しております。

半年以上ぶりの更新です。

既に本日、ウェブサイトやフェイスブックで公表しましたが、本日付で、弁護士法人北千住パブリック法律事務所を退所しました。

明日11月1日から、NTS総合弁護士法人札幌事務所において、執務を開始することとなっております。

長きに渡り更新をしていなかったのは、移籍を考慮してのことでした。

自身の発信が元で、(嫌がらせの)懲戒請求等がされてしまっては、登録替えに差し障りが生じてしまうことを考えたのが第一です。

また、7月からは新規事件の受任も停止しておりましたので、ブログを見た方が依頼をご希望されても対応できないことを考慮してのものでもありました。

今後は、また、マイペースでブログの更新をしていければと思っております。

ご興味を持っていただけましたら、お読みいただけますと幸いです。

札幌には10月22日に入りましたが、東京から見ると季節が1歩先に進んでいて、本来着るべき秋物を着る機会を逸しました。

札幌は、東京とはまた仕事の勝手が違うかもしれません。

徐々に慣れていければなと思います。

ではこれからまたよろしくお願いたします。

# by terarinterarin | 2022-10-31 17:40 | 告知 | Comments(0)
私は、2社の弁護士ポータルサイトに登録しています。

最近どちらのポータルサイトも、
「SNS上の誹謗中傷」に関する法律相談がかなり多くなっています。

急激に増えてきた気がします(個人的な感触です)。

そして、その大半は、誹謗中傷された人の相談ではなく、
誹謗中傷をした(あるいはしたと疑われる)人からの相談です。

とある人のツイートに、「〇〇」という書き込みをしたが
名誉毀損罪や侮辱罪に当たって逮捕されないか。

という内容のものや、

とある人のツイートに、「✖️✖️」と書き込みしたところ、
その相手から、「裁判にする」「弁護士に依頼した」などという書き込みがなされた。
自分はどうなるのか。

という内容のものが多いです。

どうして急にこのような法律相談が増えてきたのだろう?
と考えました。

おそらく、
プロレスラーの木村花さんの事件や
川崎希さんの件などから、
誹謗中傷された側が(お金はかかっても)法的手段を取ることは可能
ということが世間に広く周知されたことが
影響しているのではないかなと思います。

これらの件によって、
誹謗中傷された側は、誹謗中傷されてビクビクする必要が少なくなり、
「訴える」「弁護士に相談した」と宣言することによって、
誹謗中傷した側に、プレッシャーをかけることが容易になりました。

一方、誹謗中傷してしまった側は、
してしまった後で、ネットで誹謗中傷関係の記事を見たり、
誹謗中傷した相手から警告を受けたりして、
「自分がやったことは犯罪なのか?」
「捕まるのか?」
「多額の損害賠償を払わなければならないのか?」
などとビビってしまうようになったのだと思います。

ネット上の誹謗中傷は、
大小合わせれば、日常的にかなりな数に上っているはずで、
捜査機関が、有名人や身元が特定されている人以外の件で、
名誉毀損罪や侮辱罪で告訴を受理して捜査を行うということは
まずないのではないか、と思います。

まして、逮捕という身体拘束を行うことは、
よほど悪質な事案以外は考えられないでしょう。

*有名人やネット上で身元が特定される人のケースは別です。

一方、民事の損害賠償請求に関しては、
犯罪捜査よりも要件という意味ではかなりハードルが下がるので、
逮捕されるよりも提起される可能性が高いようにも思われます。

ですが、そもそも、
誹謗中傷した人が誰であるかを特定して、
警察に相談したり、民事訴訟を起こす前提として、
発信者情報開示請求というものを行う必要があります。

*警察が犯罪捜査に乗り出す場合、
警察自らがプロバイダに照会をかけることもあります。

発信者情報開示請求は、それ自体時間もお金もかかります。
弁護士に頼むとなれば、弁護士費用もかかります。

しかし、一方で、民事の場合、認められる慰謝料の額は、
わずかなことが少なくありません。

コストが見合わないのです。

なので、その点から、誹謗中傷されても、
実際には、手続きを諦めてしまう人が少なくないのも、
また事実ではないかと思います。

ただ、金銭的に余裕がある人は、
たとえ見返りが少なくても、
発信者情報開示請求や
これに続く損害賠償請求、警察への告訴などに
乗り出すことになるのだろうと思います。

発信者情報開示請求やこれに続く手続には
コストや手間ヒマがかかるので、
たいていの人は手続きをとらない。
だから誹謗中傷した人は安心していいですよ。

などと言うつもりはこれっぽっちもありません。

確かに実際に手続がとられるリスクは少ないかもしれません。
ですが、あなたのケースが、被害者が手続を取るケースになる可能性は
全くのゼロではありません。

そのことを肝に銘じて欲しいな、と思うのです。

ポータルサイトの相談を読んでいると、
気軽に個人を誹謗中傷する人って多いんだなあと思います。

きっと、同じような投稿を読んで、
ついつい尻馬に乗ってしまった
気が大きくなってしまった
つい酔った勢いで…
ということがほとんどだと思います。

立ち止まるきっかけがないまま、
口を滑らせてしまう。
その結果、後で逮捕や損害賠償請求に怯える結果になってしまう。
そういうことなのだと思います。

私も、過去には、SNS上で強い表現を用いて
ブログやSNSが炎上したことがありました
(個人を誹謗中傷したことはないつもりですが)。

SNSというのは、
有名人でない限り発言が拡散されていく感覚が薄く、
ストレートな物言いをしてしまいがちな媒体です。

ですが、たとえフォロワー数が少なくても、
人目につく一言を発すれば、
それは、もの凄い勢いで拡散されていきます。

いいね!やリツイートがたくさんあると、
自分の発言が支持されているような錯覚に陥ったりもしがちです
(いいね!やリツイートは必ずしも賛同の趣旨ではありません)。

そういうことを頭に置いておけば、
人の尻馬に乗って、
個人を傷つけるような発言はしないで済むのではないかな。
そんなふうに思います。

加害者になったのではないかと悩む前に、
加害者にならずに済むことを考える方が
生産的ではないかと思うのであります。










# by terarinterarin | 2022-04-04 16:57 | 法律相談 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terabayashi