1年経って思うこと。

どうも有名らしいテラバヤシです。

FBで繋がっていないみなさんはナンノコッチャと思っているかもしれません。
最近、初対面の同業者から度々「有名なテラバヤシさんですね」とか言われるようになり、FBにその旨投稿したところ、「あなたは有名だ」「いずれ朝ドラになる」などという反応があり、すっかりその気になっている今日この頃なのです。

10月22日に、ともえ法律事務所は1周年を迎えました。
開業前は、「ダメだったら実家に帰ろう」くらいな気持ちでいて、果たして1年もつのだろうかと半信半疑でした。
1年経ってみて思ったのは、「こんなちっちゃい事務所でも1年くらいはもつもんだ」ということでした。
いや、もうジリ貧でこの先もちようがありません、ということではなく、なんとかもうしばらくは?、弁護士としてこのままお仕事させてもらえそうだという感慨が含まれているわけなのですが。

とりたてて前向きな人間ではありませんが、かといって自分の足跡を振り返るということもほとんどやらない人間です(要は、刹那的にその日暮らしをしている、ということでしょうか)。
が、1年前から今日までを思い返してみると、思うところが種々様々あったりします。

ちょうど開業して1ヶ月くらいたった頃のことでした。
日弁連のとある会合で大阪に行った時のことです。
他の単位会所属の先生と名刺交換して、最近開業したばかりなんですよ、コストを抑えてSOHO可のマンションで始めたんです、なんて話をしたところ、
「企業の方、マンションだと嫌がりません?」
と言われました。

びっくりしました。自分にはこういう感覚は、まるでなかったので。
というか、東京やその近辺で一人で独立しようと思ったら、マンションやレンタルオフィスを使うというのは、割に普通に選択肢に入ってくる方法です。
実際、私の知人の弁護士で独立に際してマンションやレンタルオフィスを事務所に選んだ人は何人もいます。

そして、マンションを事務所にしている弁護士のところに来るのを嫌がるような素晴らしい企業のお客様を抱えて「ひとりで」独立するということは、かなりレアなケースではないかと思われるからです。

正直、この言葉を聞いた時、「弁護士」の仕事やあり方に対する感覚は、東京やその周辺、一部大都市とそれ以外の地域で随分違うし、どういう風に事務所を切り盛りしていくかという感覚に関しても、かなりな温度差があるなと感じました。

実は、テラバヤシの前所属の琥珀法律事務所も、入所当時は、SOHO可のマンションが事務所になっていました(今では弁護士法人になり事務所もビルに移りましたが)。
代表の川浪さんとは以前から知り合いだったのですが、彼はよく私に「マンションの法律事務所っていうのは個人の方は逆に来やすいらしいんですよ」とかつて話していました。マンションに入っていくのを知り合いに見られても、弁護士のところに行ったなどと噂を立てられにくいから、ということのようです。

この言葉は、私の中にずっと残っていて、それもあって独立に際してマンションを選択することにつながりました。

事務所をマンションの一室にしたのは個人的には大正解だったと思っています。
それは単にコストを抑えられるからということではありません。
オーナーさんにいろいろ個別にお願いできるから、ということでもありません。
こと個人の相談者、依頼者の方を念頭に置いた時、緊張感を和らげることができるということがあげられます。

借りたマンションの内装をどうするかということにもよりますが、マンション事務所には、基本的に居住空間的要素が強く残ることになります。
なので、たぶん来た人にとってみれば、オフィスオフィスしているところよりは、リラックスした気持ちになれる可能性が若干ながら高いのではないかと思うのです。

実際、弁護士として相談受けているテラバヤシはどうかといいますと、かなりリラックスしてお話を伺う体勢に入れているように思います。
そういう意味でいうと、マンション事務所というのはまず弁護士自身にとっていいのかもしれない。
自分が緊張でガッチガチだったら、相談しにきた人は余計に緊張しちゃうでしょうから…

元々独立する時には、リラックスした環境で気軽に話ができる事務所にできればいいなと思っていましたし、念頭に置いていたのは、「困っている人」でした(注 企業の方お断りの趣旨ではありません、念のため!!)。
マンション事務所というのは、テラバヤシの事務所コンセプトにマッチしていたのかもしれないと思います。

元々堅苦しいのが苦手な人間なので、最近は裁判所に行かない時には、ジャケット不着用の比較的カジュアルな格好で事務所に出ることも少なくありません。
居住空間的マンション事務所にがっつりスーツ着て相談に乗るというのも、ミスマッチでおかしな感じでしょうから、ま、いいかと思っていますが。
だらしない格好、不快な思いをさせる格好にだけはならないよう配慮して、お客様をお待ちしています。

どういう顧客を抱えて独立するのか、どういう事件をしていくことを念頭に置いているのか(弁護士経験数年を経て独立する場合には、独立したからといって仕事の傾向が180度変わるということはあまりなく、それまでの顧客傾向をある程度踏襲することになるでしょう)によると思いますが、マンションを事務所にするのは、ありです。

恥ずかしいことでもなんでもありません。

ていうかね、二重事務所の禁止とか架空オフィスにしないとか、そういう最低限のルールさえ守っていれば、弁護士の仕事をしたり、独立したりするのに、ああじゃなきゃいけない、こうじゃなきゃいけないなんてことはないはずなのです。

人の自由を守るのが弁護士なんだから、なにより弁護士自身が自由であるべきだと、そう思うのであります(若干かっこよすぎて恥ずかしいのでこれで終わります)。









[PR]
Commented by 女導ー左ファン at 2015-10-27 01:13 x
FB、話題についていけてませんが、表紙拝見しました。やー。お肌白くてキレイですね。いい人そうに見えます。
一周年おめでとうございます。これからも才色兼備・天真爛漫に人類の自由をまもるべくがんばってください☆
Commented by terarinterarin at 2015-10-31 18:04
> 女導ー左ファンさん

コメントありがとうございます。
才色兼備…には程遠いと思いますし、人類の自由という壮大な目標も恐ろしくて立てられませんが、自分に求められていることをぼちぼちやっていきたいと思います。
by terarinterarin | 2015-10-25 22:39 | Comments(2)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。ウェブサイト https://attorneyterabayashi.simdif.com  「弁護士テラバヤシ」でツイッターもやっています。


by terarinterarin