脆すぎる東京の交通機能

寒い日が続いておりますが、皆様風邪など引いておりませんでしょうか。

北海道出身のテラバヤシは、中途半端に8度とか10度とかで空っ風がずっと続くくらいなら、これくらいの気温の方がシャキッとして心地いい気がします(ですが鼻炎や咳喘息の悪化の原因になるので、身体的には良くないのですが)。

さて、今回の話題は他でもない、今週月曜日の首都圏大雪?事件についてです。
北海道出身のテラバヤシであれば、あれくらいの雪なんともないだろう。
そう思われる方もいるように思います。
確かに雪の量自体は、大したことありません。
あの日の雪は、札幌では、11月頃、まだ積もる前に降るちょっとした吹雪のようなものです。

が、裁判所の期日もなく来客もない日だったので、あの日は自宅でおとなしく起案をしておりました。

なぜなら、雪質自体が北海道育ちの私には馴染みの少ないべた雪。歩行の感触がサラサラ雪とは勝手が違うし、転んだら悲惨だろうと思ったからです。
そしてもうひとつ、こういうとき、東京は外に出ると帰れなくなる危険が高くなる厄介な町だと思っていたからです。
言うまでもなく、主要交通機関が概ね止まる、交通渋滞が起こる、この二つが理由です。

そして、これに拍車をかけているのが、各種鉄道会社と地下鉄の相互乗り入れではないかと、テラバヤシはそう思うのです。
日頃は便利な相互乗り入れ。
しかし、あれもこれもどんどこ繋いでしまっているため、1つの路線がダメになると、連動して他の路線もダメになる、支障のない範囲で折り返し運転にするということになってしまいます。

札幌の場合、私鉄はありませんし、市営地下鉄とJRは、相互乗り入れを一切していません。人口が人口だけに、それをするだけの経済的効果がないと言うこともあるのかもしれませんが、今回の騒動を見て、大雪対策の意味もあるのかもしれないと思いました。
地下鉄は地下鉄のみで独立しているので、雪の影響を受けずに走行することができます。市内であれば、JRが止まってしまった場合や大幅に遅れてしまった場合、代替手段として地下鉄が使える場合が結構あるでしょう。
そして、多くの家庭が自家用車を所有しているので(テラバヤシ家はありませんが)、最寄の地下鉄駅までたどり着けば、家族が車で迎えにきてくれる、最悪タクシーでなんとかなる。そういうことだと思うのです。
冬場のノロノロ運転やある程度の渋滞は、札幌っこは慣れっこです。さすがに今回の首都圏の大雪で起こった大渋滞ともなれば話は別ですが。

これくらいの天気ならこうなるだろうという想像力は、大悪天候時のために交通機関はどんな備えをしておくべきか、人はどんな対策を考えておくべきかということのために、非常に重要なのだと、悪天候の中レポートさせられている各報道機関の記者の皆様を見て思ったりしたのでした。

ちなみに、東京メトロの中では、丸ノ内線だけが、私鉄などと相互乗り入れせずに環状になってるんですよね。
地上を通る部分があるので、完全に安全路線とは言えないと思いますが、さすがに、国の中枢部分を通っていく丸ノ内線、不測の事態で安易に止まらないように独立させてるんだな、と思わずに入られません。

しかし、丸ノ内線だけ生きていても、あの日、夕方に期日があった弁護士や、午後からの家事調停が長引いた皆さんは、事務所や自宅に帰るのが非常に大変だったのではないかと思います。

日頃の便利をとって悪天候や災害時に泣くのを我慢するか、備えをとって日頃の不便を甘受するか。喉元過ぎればなんとやらで、前者を選ぶ方が多いとは思いますが、便利というものは一つ歯車が狂うとどうしようもない不便を引き起こすということだけは、忘れてはいけないのだよなあ、などと思う寒い寒い木曜日なのでした。

[PR]
by terarinterarin | 2018-01-25 14:12

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin