私のお値段、ハウマッチ。

ウェブサイトや各種雑誌等々の記者の方からインタビューを受けることも少なくないテラバヤシ。
先日もフェイスブックにアップしましたが、インタビューを受けた本が発売され、1冊献本していただきました。
このインタビューは電話で行われたもので、取材料はいただいていないのですが、このように本をお送り頂く(お礼の一筆付き)と、その方の感謝の念というものをジンと感じて、インタビューを受けてよかったなと思うものです(記事内容も私が話したことを忠実に反映してくれておりましたので、なお嬉しかったです)。

このようなインタビューに際して、取材料を頂く場合といただかない場合があります。
電話インタビューでいただいたことはありません。
面談でのインタビューでは、いただいたことといただかなかったこと、両方あります。

この点に関しては、面談インタビューはせめて取材料もらうべきだろう、と思う人もいるかもしれませんし、いやいや電話インタビューだってもらってしかるべきでしょう、と、同業者の中でも、色々と考え方にさのあるところだと思います。

テラバヤシは、その点、ぶっちゃけどうでもいいかなと思っています。
もちろん、発行部数が多い雑誌のインタビューで小1時間ほど割いた場合には、そりゃあんた、多少はいただいてもいいんじゃないですかね、と思ったりしますが、WEBサイトや地方紙のインタビューなんかだと予算も乏しいだろうし、インタビュー代出すのも大変よね、と思ったりするもので。

いずれにせよ、自分から要求したことは一度もありませんし、これからもするつもりはありません。

無料でインタビューに応じた場合、記者さんの対応で、ああ、応じてよかったなと非常に気分良く終われる場合と、2度と応じるもんか、あそこはという場合があります。
前者は、インタビューに応じた後、きちんと記事全文の案を自発的に読ませてくださり、訂正にもきちんと応じてくださって再確認、アップした時には連絡をくれる場合です。対応が丁寧な分、こちらも手間がかかるわけではありますが、記者としての心意気も感じますし、こちらの発言も大切にしてもらえたと感じるので、たとえ無償でも、非常に清々しい気持ちになります。

後者は、記事の確認でも全文を読ませない(注:他者のインタビューも入っている場合、現在はこちらが主流だそうです。個人的には匿名にしてでも全文を確認させるべきだと思いますが。発言というのは編集の妙で意味合いが変わりますので)、訂正を求めたら、自分で対応せずにいきなり上司を出してくる、訂正後の記事を確認させない、挙句、アップした時に連絡もよこさない、というようなケースです。
「あんたの名前出してやってんだから広告になるでしょ」という横柄さがプンプン匂います。そこまで上から目線に立たれる必要もないので、こんなところのインタビューは2度と応じてやるもんか、と思います(ちなみに割と最近、フルコースでこれらの要素が詰まっているインタビューを受けました。不快な気分になりました)。
弁護士としての時間をいくばくか費やさせていることに対する敬意を多少でも払ってもらいたいものです。

インタビューに答えることがもたらす広告的効果というのは別に絶大なわけではありません。1つ1つをとってみれば、極めて限定的と言っても過言ではありません。
マスコミの方の中には、そこを何かとんでもなく勘違いしている人もいるようで、そういう方って、一般の方に一体どういう対応しているんだろうと思うと、ちょっと恐ろしくなったりします。

話は変わりますが、依頼を受ける際の料金体系や、正式には契約は終了したけれども事件の残務処理的な仕事について、あらためて料金を頂くかいただかないか、頂く場合もあるとしてその線引きをどこに置くか、ということも、弁護士それぞれ違うものだと思います。

最終的にはケースバイケースということになるのでしょうが、私の場合、依頼者のほとんどが個人の大金持ちではない方(すみません、みなさん)なので、弁護士費用は、比較的低額になります。残務処理的なものでも、単なる事務連絡レベルであれば、特に追加料金を頂くこともありません。
が、安売りすればいいというものでもなくて、事件を受けた時の手間暇を予測した上で、「これ以下の料金は絶対譲れない」という線は設けておくことが必要ですし、残務処理で一定の「手間」がかかるものの場合には、追加料金を頂くことも必要でしょう。

安売りしすぎることは、結局、依頼者につけ込まれる隙を与えたり、「あそこはなんでもかんでも最初に払った安い料金内でやってくれる」という噂が流布し、安い金で弁護士を使いまわそうという良くない依頼者に取り憑かれることもあるからです。

かといって、なんでもかんでも「金換算」というのもいかがなものかと思います。
普通に着手金取っていて、別に遠方の裁判所に出向くわけでもないのに、さらに裁判期日や調停期日について時間給で日当を取るとかいう事務所を聞いたことがありますが、着手金がごく低額であれば話は別として、原則的には、依頼者に過剰な負担を強いる、すなわち、依頼者に利益を逆に損なう料金体系ではないかと思うのです(依頼者を金づるにしていると言ってもいいでしょう)。

以前同業の誰かが、弁護士費用が自分の弁護士としての価値だと言っていたのですが、自分としてはものすごい違和感を覚えた発言でした。
弁護士費用って、原則的には、事務所の規模(つまり事務所経費がどれくらいかかるか)、自分の手間がどれくらいかかるか、依頼者に過剰な負担を強いることにならないか、という諸事情を勘案して決まるものではないんでしょうかね。

決して安売りのしすぎはないように配慮しているものの、テラバヤシは個人的には、依頼者の利益を守れた、勝訴判決をもらった!!という方に価値を見出しているので、諸事情により、低廉な弁護士費用で受けた事件でもこのような結果が出た場合には、小躍りするくらい嬉しくなったりするものです。
依頼者が、喜ばしい結果を手に入れて嬉しそうな顔をするのを見れるのがなによりだと思っています。

幸い、マスコミの方と違って、事件が終わって、いい結果が出たにもかかわらず、ありがとうの一言もないという方はいらっしゃいません(別にお礼を言われるためにやっているわけではありませんが、でも、軽くでも言われたいですよねえ、やっぱり!!)。成功報酬の出し渋りにあったこともありません。

テラバヤシの弁護士としての値段を色々考えて見ましたが、取り立てて高額ではない一方で、安い値段や無償で何でもやるぞというお人好しでないこともお分かりいただけたかと思います。
弁護士に限らず、人間は見返りを求めるものです。
その見返りが金銭に限られないこともあるということです。
テラバヤシは多少気難しい弁護士なのだと思いますが、別におかしなことを皆様に要求しているわけでもないと思うので、これからも、こういうスタンスで弁護士稼業をやっていこうと思います。


[PR]
by terarinterarin | 2018-02-03 15:53

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin