頭が痛い代理人。

今抱えている案件の中で、相手方の代理人が非常に痛い、というか、はっきり言えば、「弁護士としての能力には欠けているが、ずるいことや不当なことをする能力には長けている」人物で、対応に苦慮しているものがあります(一部地域では結構有名な弁護士のようです。裁判所的にも。それがどのような意味合いであるかは、ここでは割愛します)。

進行中の事件ですので詳しいことは書けないのですが、自分自身がずるいことや不当なことをするだけでなく、依頼者にもずるいことや不当なことを実践させるというタイプ。

こういう場合、こちらがマメにその証拠さえ取っていけば、あとは正攻法のやり方でなんとかなります。
また、こういう手に相手が打って出てきた時というのは、「今苦しいです」と言うているのと同じなので、特段弁護士としては慌てることもありません。
「あ。効いてるな、こちらの戦略」と思えばいいだけのことです。
対応することに手間はかかるし、腹も立つのですが、先ほども述べた通り、正攻法を続けていけばいいのです。

が、相手が「依頼者に不当なことをさせる」場合というのは、それによる不利益や心情の悪化などが、往々にして、こちらの依頼者に直接的に生じることになります。
しかも、予測不能な手を使ってきたりするため、された時の衝撃というのは非常に重いものがあります。

私の依頼者も突然予測不能な弾が飛んできたために、体に変調をきたすほどのショックを受けてしまいました。

そんな手を使う同業の輩は当然相手方の代理人として許せんなと思うことしきりです。

こんな手を使って、この弁護士、今までに訴訟で良い結果を得たことがあるのでしょうか。
きっと依頼者に不当なことやずるいことをさせるときには、それが有効な手段であるかのように説明しているのだろうと思うのですが、こちらとしては、「いやそれ、依頼者の首を明らかに締めてるでしょ」と簡単にわかるようなやり方だったりします。

実は複数案件がかかっている当事者なのですが、1つの訴訟に関しては、そのやり方があまりに不当だったことが理由で、こちらが勝訴しています。

この弁護士を相手にしたことがある複数の弁護士からも、「ずるいやり口、不当なやり口」の話を聞いていますが、少なくともその全てで、私の知人の弁護士側に有利な判断が出ているのです。
つまり、依頼者の利益を守れていないわけです。

まあ、こういう弁護士がいいと思って依頼する人々ですから、この弁護士のおかしさには気づかないのかもしれません。そういう意味では、非常に相性の良い依頼者をつかんでいると言えなくもありません。

が、終わってみれば、自分の得には何もなっていない。
そこで依頼した人は、依頼した弁護士を間違えたことに気づくことになるのでしょうか。
それとも、精一杯やったから仕方ないと思うのでしょうか。
後者のように思わせるまでいらいしゃを洗脳させられるのであれば、その弁護士も大したもんだと思うのですが、どうしても提出してくる書面を見る限り、そこまで人を口車に乗せる能力があるようには思えない。

いろんな意味で頭が痛い代理人。
こういう弁護士がうまい具合に駆逐される世界にならないと、弁護士業界の信用性というのはなかなか上がらんのだろうなと思うのでありました。

[PR]
by terarinterarin | 2018-02-25 12:50

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin