アクリル板について思ったこと。

今回のお題は、まさしく、富田林警察署で起きてしまった被疑者逃亡事件についてです。

今回逃げたのが、なかなかな凶悪罪名の被疑者だったので、付近住民の皆さんはさぞ不安なことと思います。
そして、富田林警察署の署員の皆さんは、今も肝が冷えきったままのことでしょう…

今回の逃亡の手口は、

接見室のアクリル板をブチ破って、面会者側サイドに出て、施錠されてないドアを開け、
その後、おそらくは留置管理室の前ないし付近をすり抜けて、
どこかから署外に出た…

というもののようです。

警察官の皆さんは、アンビリーバボのようですが、我々弁護士から見ても、アンビリーバボです。

さっき、NHKニュースで、あたかも本物らしい接見室のセットを使ったり、ガラス屋さんで実際にアクリル板を使ったりして、手口を解説してました。

が、我々弁護士が知る接見室のアクリル板は、あんなちゃちいもんじゃございません。

犯罪の嫌疑をかけられて身体拘束されている人の中には、精神疾患や人格上の問題などなどにより、留置施設の中で、大暴れしちゃう人もいます。
接見中もしかり。

なもんですから、接見室のアクリル板は、尋常じゃないくらい分厚いです。
一般家庭用は厚さ3ミリとか言ってましたけど、そんなペラッペラ感は、微塵もありません。

加えて、アクリル板は枠にただはめ込まれるだけではなく、隙間が隙なく充填剤で埋められています。

実は本日接見で警察署に行ったのですが、私の依頼者が中に入って来る前に、思わずしげしげとアクリル板を見てしまいました。

そして思いました。

ここをブチ破った彼は、ものすごい力持ちだと…

接見が終わった後に、弁護士が留置管理室の職員に声をかけていかなかった、などとあたかも弁護士に非があるかのような報道がなされていますが、これについては、真偽の程はわかりません。

どうやら接見が終わったのは、午後8時頃のようです。

留置施設の就寝時刻は午後9時。
8時頃から就寝準備のため、留置管理室の職員の多くは、施設内に入ってしまって、受付まわりにいないこともあったりするのです。

留置管理室だけではありません。
夜や土日の警察署は、人が少ないです。
東京の都市部の警察署ですら、夜は、シーンとしています。

逃げた彼は、その時が留置管理室が手薄な時間であることに気がついて、今回の方法をとったのかもしれないし…

逃げちゃった以上、警察署が矢面に立たされるのは仕方ないかもしれませんが、被疑者が怪力で、盲点を突かれた上に手薄な時間帯だったという不運が重なった、不幸な不幸な出来事としか言いようがない、と思います。

なので、富田林やその周辺の皆様の不安はお察ししますが、誰も責めないで欲しいな、と思うのでした。



by terarinterarin | 2018-08-13 21:31 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。ウェブサイト https://attorneyterabayashi.simdif.com  「弁護士テラバヤシ」でツイッターもやっています。


by terarinterarin