おひとりさま事務所、おひとりさま反省会。

師走ももうすぐ終わりです。

今年はいろんなことがありました。
いろんなことがありすぎて、ひとつひとつ挙げるのは骨が折れるので、やめようと思います。

今年一番の出来事は、事務所の移籍でした。
おひとりさま事務所を卒業しました。

卒業してもうすぐ2ヶ月経ちますが、卒業して気づいたおひとりさま事務所の反省点と良かったことをいくつか述べたいと思います。

反省点その1。
ネット集客に頼りすぎたかなあと思います。
ネット集客自体は、この事務所規模とネット営業規模の割にうまく行っていたと思います。
が、ついつい弁護士会の相談申込みを忘れて数年過ごしていたりしたもので、集客ラインがネットほぼ一本になってしまっていました。
集客の波は、どの自営弁護士にも起こりうることですが、これを少しでも抑えるためには、集客ラインを複数作ること、それから仕事をくれる人を早めに抑えることが、ものすごーく大切だと思います。

反省点その2。
クレジット決済を導入しておくべきでした。
法律相談に来る際、意外に小銭がない方、そしてこちらもお釣りがない、という事態がたまに起こります。
また、着手金も法テラス利用じゃなくても分割になる時があります。
面倒な小銭のやりとりや、報酬回収のリスク回避のために、クレジット決済を導入すればよかったと思っています。
まあ、実際取りはぐれは、ほとんどなかったのですが、最近はiPhoneやiPadで簡単にクレジット決済できますし、まだまだ導入してない事務所が多いことを考えるてと、差別化という意味でも導入して損はなかったように思います。

良かったことその1。
事務所をマンションにしたのは良かったと思っています。
物件選びは、その後の顧客層にも繋がる問題ではありますが、家賃を抑えられたことは事務所経営の面で非常に助かりました。
見栄を張って大きなハコを作れば、収入の多くがそちらに割かれてしまうわけです。
ハコを大きくするかどうかは、事務所が走り出してから考えればいいことでもあります。
小さなハコから始めると、精神的にゆとりを持って経営することもできます。
私は卒業するまで小さなハコのままでしたが、自分の選択は間違っていなかったな、と思います。

良かったことその2。
書面を書くのが早くなりました!!
事務局の役割も果たさなくてはならなかったので、長々と書面書きに時間を割くこともできません。
段取りを考えながら、さっさ、ぱっぱと(ある程度の)書面が書けるようになったのは、大きなメリットです。

大変じゃない?と言われたおひとりさま事務所、実際大変でした。
裁判所や相手方から何を言われても構わないのであれば、どれだけグダグダにやっても良かったでしょうが、やはり依頼者を背負っているというのは、大きな歯止めになりました。
私は元々が粗忽者なので、細かいミスはたくさんしましたが、それでも怪しい弁護士認定されずに(だと思うんだけど)やってこれたのは、依頼者に迷惑かけるのだけはあかん!!と思っていたからだと思います。

この気持ちさえあれば、おひとりさま事務所でも、それなりの信用を得て、運営していけるように思います。

私は卒業してしまったけれど、独立するかどうか悩んでる方がいたら、まずはこじんまり始めてみることをお勧めします。

本年もご愛読いただき、ありがとうございました。
たぶん今年最後の投稿になると思います。
来年も引き続き、のんびり書いていきます。

では、皆さん、メリークリスマス🎄
そして、良いお年をお迎えください。




by terarinterarin | 2018-12-23 12:13 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。ウェブサイト https://attorneyterabayashi.simdif.com  「弁護士テラバヤシ」でツイッターもやっています。


by terarinterarin