<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

頭が痛い代理人。

今抱えている案件の中で、相手方の代理人が非常に痛い、というか、はっきり言えば、「弁護士としての能力には欠けているが、ずるいことや不当なことをする能力には長けている」人物で、対応に苦慮しているものがあります(一部地域では結構有名な弁護士のようです。裁判所的にも。それがどのような意味合いであるかは、ここでは割愛します)。

進行中の事件ですので詳しいことは書けないのですが、自分自身がずるいことや不当なことをするだけでなく、依頼者にもずるいことや不当なことを実践させるというタイプ。

こういう場合、こちらがマメにその証拠さえ取っていけば、あとは正攻法のやり方でなんとかなります。
また、こういう手に相手が打って出てきた時というのは、「今苦しいです」と言うているのと同じなので、特段弁護士としては慌てることもありません。
「あ。効いてるな、こちらの戦略」と思えばいいだけのことです。
対応することに手間はかかるし、腹も立つのですが、先ほども述べた通り、正攻法を続けていけばいいのです。

が、相手が「依頼者に不当なことをさせる」場合というのは、それによる不利益や心情の悪化などが、往々にして、こちらの依頼者に直接的に生じることになります。
しかも、予測不能な手を使ってきたりするため、された時の衝撃というのは非常に重いものがあります。

私の依頼者も突然予測不能な弾が飛んできたために、体に変調をきたすほどのショックを受けてしまいました。

そんな手を使う同業の輩は当然相手方の代理人として許せんなと思うことしきりです。

こんな手を使って、この弁護士、今までに訴訟で良い結果を得たことがあるのでしょうか。
きっと依頼者に不当なことやずるいことをさせるときには、それが有効な手段であるかのように説明しているのだろうと思うのですが、こちらとしては、「いやそれ、依頼者の首を明らかに締めてるでしょ」と簡単にわかるようなやり方だったりします。

実は複数案件がかかっている当事者なのですが、1つの訴訟に関しては、そのやり方があまりに不当だったことが理由で、こちらが勝訴しています。

この弁護士を相手にしたことがある複数の弁護士からも、「ずるいやり口、不当なやり口」の話を聞いていますが、少なくともその全てで、私の知人の弁護士側に有利な判断が出ているのです。
つまり、依頼者の利益を守れていないわけです。

まあ、こういう弁護士がいいと思って依頼する人々ですから、この弁護士のおかしさには気づかないのかもしれません。そういう意味では、非常に相性の良い依頼者をつかんでいると言えなくもありません。

が、終わってみれば、自分の得には何もなっていない。
そこで依頼した人は、依頼した弁護士を間違えたことに気づくことになるのでしょうか。
それとも、精一杯やったから仕方ないと思うのでしょうか。
後者のように思わせるまでいらいしゃを洗脳させられるのであれば、その弁護士も大したもんだと思うのですが、どうしても提出してくる書面を見る限り、そこまで人を口車に乗せる能力があるようには思えない。

いろんな意味で頭が痛い代理人。
こういう弁護士がうまい具合に駆逐される世界にならないと、弁護士業界の信用性というのはなかなか上がらんのだろうなと思うのでありました。

[PR]
by terarinterarin | 2018-02-25 12:50

刑事事件は疲れますな。

平昌オリンピックが始まった今日この頃、久しぶりに刑事事件付いてきたテラバヤシです(注;刑事専門になったという趣旨ではありません)。

これらについてはFacebookに投稿しているので、Facebookのお友達はお分かりかと思います。
疾患をいくつか抱えて治療しながら(かつ夜間業務を医師に制限されている中)、刑事事件を「まじめに」やるというのは、なかなか骨が折れます。

もちろん負担が多いのは、捜査弁護の方です。
一番負担が重いのは接見です。次に、警察や検察に対する抗議。場合によっては、接見させない刑事にその場で文句つけなきゃいけない場合もあり、そうすると頭は冷静なまま、相手の出方によっては本気で喧嘩しなければならないという、非常に難しい小技を使わねばなりません。

それがね、この歳になると疲れるのです。

単純に接見のための移動も疲れます。最近、割と遠方の刑事事件を受任してしまい、移動だけで半日潰れ、東京に戻ってきた時にはそれなりにへとへと、となってしまいます。

実は、それ以外にも示談で被害者に怒鳴られるとかそういう精神疲労もあるのですが、私の場合、理由は置いておくとして、そういうことがそもそも無理という事件しかほぼないので、この点の疲労はないのですが。

起訴後の弁護活動も疲れます。
特に否認事件の場合は疲れます(が、最近否認事件ばかりです、はい)。
証拠の精査、証人尋問の準備、被告人質問の準備、その実践に最終弁論。
しかし、この辺りは、民事でも和解できない事件の場合、似たような労力がかかるわけなので、特に刑事事件だから、ということもないように思います。

ですので、刑事事件が非常に疲れると思わせる要素というのは、捜査段階にあると言っても過言ではありません。

恐ろしいのは、刑事事件の場合、民事と違って、手を抜こうと思えばどこまでも手を抜くことができ、それを、無意識のうちにできてしまう人には、この感覚はわからないということです。

もし、今日のこのブログに共感できない読者の弁護士がいたら、ひょっとすると、依頼者から、ちゃんとやってくれないと不満を持たれているかもしれません(注;依頼者にもあれな方がいるのは、民事も刑事も変わらないので、そういう場合は当然除外します)。



[PR]
by terarinterarin | 2018-02-10 17:15
ウェブサイトや各種雑誌等々の記者の方からインタビューを受けることも少なくないテラバヤシ。
先日もフェイスブックにアップしましたが、インタビューを受けた本が発売され、1冊献本していただきました。
このインタビューは電話で行われたもので、取材料はいただいていないのですが、このように本をお送り頂く(お礼の一筆付き)と、その方の感謝の念というものをジンと感じて、インタビューを受けてよかったなと思うものです(記事内容も私が話したことを忠実に反映してくれておりましたので、なお嬉しかったです)。

このようなインタビューに際して、取材料を頂く場合といただかない場合があります。
電話インタビューでいただいたことはありません。
面談でのインタビューでは、いただいたことといただかなかったこと、両方あります。

この点に関しては、面談インタビューはせめて取材料もらうべきだろう、と思う人もいるかもしれませんし、いやいや電話インタビューだってもらってしかるべきでしょう、と、同業者の中でも、色々と考え方にさのあるところだと思います。

テラバヤシは、その点、ぶっちゃけどうでもいいかなと思っています。
もちろん、発行部数が多い雑誌のインタビューで小1時間ほど割いた場合には、そりゃあんた、多少はいただいてもいいんじゃないですかね、と思ったりしますが、WEBサイトや地方紙のインタビューなんかだと予算も乏しいだろうし、インタビュー代出すのも大変よね、と思ったりするもので。

いずれにせよ、自分から要求したことは一度もありませんし、これからもするつもりはありません。

無料でインタビューに応じた場合、記者さんの対応で、ああ、応じてよかったなと非常に気分良く終われる場合と、2度と応じるもんか、あそこはという場合があります。
前者は、インタビューに応じた後、きちんと記事全文の案を自発的に読ませてくださり、訂正にもきちんと応じてくださって再確認、アップした時には連絡をくれる場合です。対応が丁寧な分、こちらも手間がかかるわけではありますが、記者としての心意気も感じますし、こちらの発言も大切にしてもらえたと感じるので、たとえ無償でも、非常に清々しい気持ちになります。

後者は、記事の確認でも全文を読ませない(注:他者のインタビューも入っている場合、現在はこちらが主流だそうです。個人的には匿名にしてでも全文を確認させるべきだと思いますが。発言というのは編集の妙で意味合いが変わりますので)、訂正を求めたら、自分で対応せずにいきなり上司を出してくる、訂正後の記事を確認させない、挙句、アップした時に連絡もよこさない、というようなケースです。
「あんたの名前出してやってんだから広告になるでしょ」という横柄さがプンプン匂います。そこまで上から目線に立たれる必要もないので、こんなところのインタビューは2度と応じてやるもんか、と思います(ちなみに割と最近、フルコースでこれらの要素が詰まっているインタビューを受けました。不快な気分になりました)。
弁護士としての時間をいくばくか費やさせていることに対する敬意を多少でも払ってもらいたいものです。

インタビューに答えることがもたらす広告的効果というのは別に絶大なわけではありません。1つ1つをとってみれば、極めて限定的と言っても過言ではありません。
マスコミの方の中には、そこを何かとんでもなく勘違いしている人もいるようで、そういう方って、一般の方に一体どういう対応しているんだろうと思うと、ちょっと恐ろしくなったりします。

話は変わりますが、依頼を受ける際の料金体系や、正式には契約は終了したけれども事件の残務処理的な仕事について、あらためて料金を頂くかいただかないか、頂く場合もあるとしてその線引きをどこに置くか、ということも、弁護士それぞれ違うものだと思います。

最終的にはケースバイケースということになるのでしょうが、私の場合、依頼者のほとんどが個人の大金持ちではない方(すみません、みなさん)なので、弁護士費用は、比較的低額になります。残務処理的なものでも、単なる事務連絡レベルであれば、特に追加料金を頂くこともありません。
が、安売りすればいいというものでもなくて、事件を受けた時の手間暇を予測した上で、「これ以下の料金は絶対譲れない」という線は設けておくことが必要ですし、残務処理で一定の「手間」がかかるものの場合には、追加料金を頂くことも必要でしょう。

安売りしすぎることは、結局、依頼者につけ込まれる隙を与えたり、「あそこはなんでもかんでも最初に払った安い料金内でやってくれる」という噂が流布し、安い金で弁護士を使いまわそうという良くない依頼者に取り憑かれることもあるからです。

かといって、なんでもかんでも「金換算」というのもいかがなものかと思います。
普通に着手金取っていて、別に遠方の裁判所に出向くわけでもないのに、さらに裁判期日や調停期日について時間給で日当を取るとかいう事務所を聞いたことがありますが、着手金がごく低額であれば話は別として、原則的には、依頼者に過剰な負担を強いる、すなわち、依頼者に利益を逆に損なう料金体系ではないかと思うのです(依頼者を金づるにしていると言ってもいいでしょう)。

以前同業の誰かが、弁護士費用が自分の弁護士としての価値だと言っていたのですが、自分としてはものすごい違和感を覚えた発言でした。
弁護士費用って、原則的には、事務所の規模(つまり事務所経費がどれくらいかかるか)、自分の手間がどれくらいかかるか、依頼者に過剰な負担を強いることにならないか、という諸事情を勘案して決まるものではないんでしょうかね。

決して安売りのしすぎはないように配慮しているものの、テラバヤシは個人的には、依頼者の利益を守れた、勝訴判決をもらった!!という方に価値を見出しているので、諸事情により、低廉な弁護士費用で受けた事件でもこのような結果が出た場合には、小躍りするくらい嬉しくなったりするものです。
依頼者が、喜ばしい結果を手に入れて嬉しそうな顔をするのを見れるのがなによりだと思っています。

幸い、マスコミの方と違って、事件が終わって、いい結果が出たにもかかわらず、ありがとうの一言もないという方はいらっしゃいません(別にお礼を言われるためにやっているわけではありませんが、でも、軽くでも言われたいですよねえ、やっぱり!!)。成功報酬の出し渋りにあったこともありません。

テラバヤシの弁護士としての値段を色々考えて見ましたが、取り立てて高額ではない一方で、安い値段や無償で何でもやるぞというお人好しでないこともお分かりいただけたかと思います。
弁護士に限らず、人間は見返りを求めるものです。
その見返りが金銭に限られないこともあるということです。
テラバヤシは多少気難しい弁護士なのだと思いますが、別におかしなことを皆様に要求しているわけでもないと思うので、これからも、こういうスタンスで弁護士稼業をやっていこうと思います。


[PR]
by terarinterarin | 2018-02-03 15:53
来週の金曜日からいよいよ平昌オリンピックが始まります。
競技自体は木曜日から先行して始まり、日本期待の?フィギュアスケート団体も開会式前から始まります。
南北統一チームがうまくいくんかとか、ほとんどロシア選手団といって差し支えないだろうというもはやいじめとしか思えないロシアドーピング問題、本気で寒くて選手が出場する前に凍死するかもしれないスタジアムでの開会式などなど、気になることはたくさんありますが、スポーツ好きにとっては、やはり冬のスポーツの4年に1度の祭典。
ハヤシは、少しずつ気持ちが盛り上がってきています。問題は仕事とオリンピック観戦とのバランスですが…

私が住む札幌は冬の体育の授業にスキーがあって、小学校の頃は、3、4時間目めがけてスキー担いで近くの山(注:スキー場ではない。ちなみに札幌の皆さん、旭山公園です)に行き、給食食べるためにまたスキー担いで下山するという、ほとんど拷問としか言えない教育を受けていました。
よく北海道の人だからスキーは上手なんでしょうね、とか言われますが、私は札幌っ子の中では、上手ではないグループに入れられていたので、正直、スキーをやるのは好きではありません。
が、見るのは別。特にスキージャンプとノルディック複合は非常に興味があります。

最近は陰が薄いですが、実は冬季オリンピックの中で一番好きなのはカーリングです。
カーリングほど面白いスポーツはないと思います。
日本チームが出ていなくても面白い競技です。
ルールは単純、駆け引きが大切、駆け引きを実現する腕前はもっと大切という頭と体力が両方必要というのも当然魅力です。

が、それ以上に魅力なのは、これ以上にフェアなスポーツはないというところにあります。
まず、競技審判はいません。ジャッジは原則として、自分たちで行います。
競技場は観客から丸見え。ズルは一切できません。
もう勝てないと、ギブアップの判断をするのも自分たち。

そこにいる選手やコーチ全員がフェアでなければ成り立たない、実におとななスポーツなのです。

日本でカーリングが盛んな地域は、北海道は北見と長野。女子は北見のチーム、LS北見が、男子はSC軽井沢クラブという長野のチームが出場します。今回は、どちらもメダルや入賞の期待がかかっています。
競技期間が長いので、一生懸命お仕事しているみなさんも、夜の部にやる試合くらいは1度や2度見ていただきたいと思います。

フェアであること、誠実であることを求められる?法曹のみなさんは、きっとはまるに違いないと思います。

スポーツはやはり、日本人が活躍してもしなくても、その競技自体が楽しめるものがいいですね。
テラバヤシにとって冬季スポーツでは、それはカーリング(フィギュアスケートも最近は、外国人選手の方が好きだったりしますねえ。)であり、夏のスポーツでは陸上競技です。

そういう風に純粋に競技を楽しみたいのに、イケイケ日本を煽られるとなかなかに白けたりするので、やはり観戦は、無駄な盛り上げのないNHKになるかなと思っております、はい。

私の場合、きちんと受信料は払っているので、文句を言われる筋合いもなく堪能できるでしょう。

とにかくみなさん、平昌では是非、カーリングにご注目ください。




[PR]
by terarinterarin | 2018-02-01 17:30

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。


by terarinterarin