人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私、声が大きいんです。

昨日開催された第28回司法シンポジウム。
そこで私、総合司会をさせていただきました。

総合司会は、私と長崎県弁護士会所属の曽場尾雅宏弁護士の2名で行いました。

司会用の台本を作成したのは曽場尾弁護士、気の利いたアドリブを繰り出したのも曽場尾弁護士で、私は、与えられた台本を(基本的には)そのまま読み上げ、ひたすら噛まないようにと気をつけながら、なんとかやり通すという感じでした。

しかし、そんな私でも、何人かの方から昨日の司会をお褒め頂きました。

お褒めのポイントは、すべからく以下の2点でした。

声が通る。
滑舌が良い。

そうなんです。
私、声が大きくて滑舌が良いのです。
これは自分でも否定しません。

これは、前職で鍛えられた賜物です。
テラバヤシは長い受験時代、某資格試験予備校の札幌校で、公務員試験講座の講師をしておりました。
その前の大学院生時代も違う資格試験予備校で公務員や行政書士の講座を持っていたことがありました。

時代はバブル崩壊後の公務員試験人気花盛りの時期で、50人を超える受講者が広い教室に散らばっているという状況でした。

一応マイクはありましたが、マイクだけに頼っていては、端っこや後ろまで声が届かない、そんな状況でした。

何年も何年もその仕事をやっているうちに、自然と遠くまで明瞭な発音で声が届くすべが身についたようです(ちなみに腹式呼吸を自然と身につけたようで、長い時間大きな声で話した後は、オペラ歌手みたいに、体の中に空気が溜まった状態になります)。

新人の頃、初めての尋問の際にも、当時のボスに「声が通るのはとてもいいことだ!!」と褒めてもらったことがありました(おそらく褒めるポイントはそこしかなかったと思われます)。

まさか予備校講師時代に身につけた技?が弁護士になって10年以上たった今、こんな形で役に立つとは思ってもみませんでした。

弁護士としての能力に直結しなくても、やはり褒められるのは嬉しいもので、昨日は何人もの方にお褒め頂き、非常に良い気分になれました。

とはいえ、思うのです。

弁護士は、声が大きい人間が多くないか、と。

昨日の司法シンポジウムの登壇者の中でも、私以上に声が大きい人が何人かいました。

例えば、弁護士任官パートで、旬なネタをバンバン繰り出しながら漫才を披露した、旭川弁護士会のくまちんこと中村元弥弁護士。

マイクいらないんじゃないかと思いました。それくらい、よく通るお声でした。

委員長の中村隆弁護士(札幌弁護士会)も響きのある良いお声です。

新人の頃に尋問時の私の声を褒めてくれた元ボスも、いい声かどうかはともかくとして、声は大きいです。
その事務所のパートナーの1人も、よく通る声をしています。

弁護士には、声が大きい人間が多いように思います。

よく、政治家は声が通らないとダメだ、と言われます。あれは、街頭演説の際に聞いてもらえないからというのが理由なのだと思います。

弁護士に、声が大きい人間が多いのはなぜなんでしょうか?

政治家みたいにしょっちゅう?人前で話すわけではありません。
「口喧嘩は声がでかい方が勝つ」とは言いますが、別に弁護士、口喧嘩が仕事ではありませんし(いや、過去に相手方などと電話で口論になったりしたことはありますが)。

もしかすると、声が大きい方が、同じことを話していても説得力が大きいのでしょうか。
声質にもよりますが、話すことに自信を持っているように聞こえるというのもあるのでしょうか。

ちなみに、無罪判決を何件も勝ち取っている高野隆弁護士は、低い声質でボソボソ話すお方です。
いいお声をしてらっしゃいますが、決して声を張っているわけではありません。

それでもきちんと裁判員や裁判官の説得に成功してらっしゃるということです。

やはり、弁護士は、ただ声が大きければいいというわけでもないようです。






by terarinterarin | 2018-09-30 18:19 | Comments(0)
東京限定の話なのでしょうか。

よくわかりませんが、弁護士(特に男性弁護士)の服装が、ここ1,2年非常にラフになってきたなと思うのです。
ラフになったと思うのは、ノーネクタイの男性が増えてからということが理由です。

世間の働く男性の服装はどんどんカジュアル化していますが、男性弁護士もご多分に漏れずそうなっているようです。

もちろん、夏場は裁判所が「クールビズ」なので、それに合わせて?男性弁護士もクールビズ(私も相当クールビズ)していて、ノーネクタイに半そでシャツ、あるいは長そでシャツの袖をまくって、というのはわかります。

が、近年は、クールビズ期間じゃなくてもノーネクタイの男性弁護士が増えたように思います。
若い方中心ですが、若いとはいいがたい方もそこそこノーネクタイです。

ジャケットは着ていてもネクタイはしないというスタイルが非常に浸透しているのではないでしょうか。

それだけでなく、いわゆる「スーツ」ではない方も非常に増えたと思います。
単品のジャケットと単品のスラックスを合わせるスタイルの男性弁護士も、とても多くなったなと思います。

個人的には、クールビズが浸透した結果なのではないかと思っています。

クールビズ浸透→そもそもネクタイ自体が季節問わず窮屈→1年通して別にしなくても構わないんじゃないか→ジャケット着てれば別にスーツじゃなくてもいいんじゃないか
…とこんな思考過程で(「チコちゃんに叱られる」の「たぶんこうだったんじゃないか劇場」風にお届けしたつもりです)、男性弁護士の服装がどんどんラフになっているように思うのですが。

裁判所職員(裁判官、書記官、事務官含めて)の雰囲気が、年がら年中ラフな雰囲気にシフトしてきたせいもあるように思います。
裁判官は法廷では法服着ているからあまりわかりませんが、書記官事務官なんて、夏場じゃなくても、基本的にネクタイしている人とかジャケット着用の人はものすごい少数派。
一昔前は、もう少しいたような気もするのですが…

これだけラフだと、こちらも「そこまで気合い入れる必要ないんじゃない?」と思うのは、当然でしょう。

これらに加え、ユニクロをはじめとして、ライトなビジネスファッションを展開するブランドが増えてきたというのも更なる追い風になっているように思います。

男性弁護士はこういう風潮をどう思っているのでしょうか。

ネクタイしめなくてもいいというのは、非常に楽だと思って喜んでいる人が多いのでしょうか。
もしそうだとしたら、その考えは非常に甘いと言わざるを得ないでしょう。

スーツというのはいわば制服みたいなもので、極端な話、そこそこ質の良いスーツを着て、そこそこちゃんとしたネクタイをしていれば、男性のお姿は「それなり」に見えるものなのです。
そのようなものを脱ぎ捨てて、カジュアルなファッションにシフトするということは、自分のファッションセンスがもろに人目にさらされることを意味します。

つまり、「おしゃれ」「おしゃれじゃない」「きちんとしている」「だらしない」「かっこいい」「かっこ悪い」という残酷な品評が待ち受けるということになるわけです。

これは実は、「スーツ着てればOK」ではなかった女性たちが常にさらされてきた道でもあります。

ついに男性も(というか男性弁護士も)そういう残酷な目に遭うときがやってきたのだなあと感慨深い思いになったりするものです。

そういえば、最近男性化粧品や男性エステが着実に浸透しているようですが、これも男性の「脱スーツ化」→「自分で気を遣わないと見た目がとんでもないことになるかもしれない」という危機感の表れではないでしょうか。

今まで男性弁護士は、見た目に気を遣わない人が多すぎた気がするので、個人的には悪くない風潮かなと思ってはいます。
化粧やエステは勘弁してほしいですけれど(差別的でしょうか)。


by terarinterarin | 2018-09-23 17:06 | Comments(0)

実家が被災しました。

今日は法律関係の話では全くありません。

テラバヤシの実家は北海道札幌市にあります。

朝目が覚めてスマホを見ると、6時過ぎに母からメールが来ておりました。
それで明け方に北海道で大きな地震があり、札幌の実家でも電気と水道が止まってしまったことを知りました。

幸い、家具が倒れたり食器が割れたりすることもなく、自宅自体の被害はほぼない状況で、家族も怪我はしていないようです。
ですが、なんと北海道全域で停電してしまい、本格的復旧まで1週間ほどかかる見込みだという話で、これから先の暮らしがしばらく大変そうな状況です。

以前にもこのブログで書きましたが、寺林は、東日本大震災の時に名古屋から東京に出張中で、日帰りの予定だったのが弁護士会館で一夜を過ごす…という目に遭ったことがありました。

そのとき、弁護士会館の電気はきちんとついていましたし、トイレも使える状況でした。
食べ物も、地下にあるレストラン「メトロ」からカツカレーの差し入れがあり、ひもじい思いをしないで済みました。
そんなわけで、「明日は帰れるかな」くらいの気持ちで夜を明かしており、ものすごく心細いという気持ちはありませんでした。

今回の家族の被災状況は、私が経験したものよりも深刻なもので、大きな不便を強いられています(それでも、自宅が倒壊した方やお亡くなりになった方もいるわけで、それに比べれば全然大丈夫なのですが)。
両親は70代の半ばで、一応大きな病気もなく元気に暮らしてはいるものの、復旧までのストレスは大きなものだろうなと案じずにはいられません。

飛行機も飛んでいないので、様子を見に行くこともできませんし。
自分が大地震を経験した時よりも、はるかに大きな心配を感じています。

改めて災害は他人ごとではないと思います。
大阪をはじめとしてつい先日までの台風で大きな被害を被った人、未だに停電続きで生活に大きな不便を感じている人、たくさんいらっしゃることと思います。

一日も早い復旧を祈らずにはいられません。

復旧に向けて全力で取り組まれている皆様、お疲れ様です。そして、よろしくお願い致します。

私も他人ごとではありません。
自分の災害対策は極めて不十分なので、できることから始めようと思うのでした。



by terarinterarin | 2018-09-06 19:07 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。ウェブサイト https://attorneyterabayashi.simdif.com  「弁護士テラバヤシ」でツイッターもやっています。


by terarinterarin