人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子どものころから、本を読むのが好きでした。
幼稚園に通っていたころ、親に無断で童話の全集を申し込んできたり(もちろん全て読破)、小学生のころ、図書館に会った伝記本を、ほぼすべて読破したりしていました。
中学生のころは、松本清張や向田邦子を読み漁っておりました。

高校時代は体育会で脳みそ筋肉状態で、あまり読書した記憶がありませんが、大学生以後は、椎名誠、よしもとばなな、村上春樹、東野圭吾、宮部みゆきなどにその時々ではまりつつ、読書から離れる生活は送っておりませんでした。

本の好みはうるさい方で、「どんなジャンルでもどんな作家でもいけます。」「本ならなんでもオッケーです。」というタイプではありませんが、本を読むことは私の人生に欠かせないものでした。

ところが、弁護士になって数年経ったころから、なかなか読書が楽しめなくなってしまいました。
特に、自分の人生の一部であった「小説を楽しむ」という行為がなかなかできなくなってしまいました。

本屋には、しばしば発作的に行きたくなり、主に小説売り場をうろついたりしています。
ですが、なかなか、表紙のデザインやタイトルでピンとくるものに出会えません(最近の本の表紙は、なかなかに毒々しくうるさいデザインが多いような気がします)。
ちょっと気になるタイトルのものがあって、最初の数行を読んでみても、入ってこない。
裏表紙などに書いてある簡単なあらすじを見ても、ときめかない。

1年に1回か1回くらい、「あー!!小説読みたい!!」と猛然と思い、数冊買って読んだりすることはあるのですが、「うーむ。この本は一生涯忘れないなあ」という自分的名作には、本当に近年会いにくくなりました。

自分としては、これは職業病ではないかと思っています。
新人のころから、「テラバヤシは引きが強い」といわれておりました。
スタッフ弁護士のMLや勉強会で事件相談をしても、(濃い事件を多く抱えているはずのスタッフ弁護士の面々によって)ドン引きされるような事件に当たることが数多くありました。
その引きの強さは、弁護士生活10年を超えた今でも変わりなく、たまにこういう事件をやっていてね、と同業の友人知人に話すと、「重たいのやってるね~」と妙に感心されたりします。

つまり、ある意味追体験したり依頼者とともに関与している現実の事態が、あまりにも奇想天外だったりドラマチックだったり、緊張感マックスだったりするために、並大抵の小説では、ドキドキわくわくできなくなっているということなのではないかと思うのです。

もちろん、私以上にインパクトの強い事件をやっている弁護士はたくさんいるわけで、そういう人たちの中には、信じられない読書量をこなす読書家も多数いると思います。
そういう人たちって、心のコントロールの仕方が上手なんだろうな、と思います。
私のように、いちいち「うわー」とか「まじかよ」などと一喜一憂したりしないのでしょう…

なので(?)、ここ数年の間に読んだ本の中で「これは面白かったなあ」と思った本は、たぶん本当に面白く、生涯忘れないだろうななどと考えます。
そういう本を2冊ほどご紹介したいと思います。

まずは、私なんぞが紹介する必要もありませんが、村田沙耶香の「コンビニ人間」です。
コンビニの仕事でしか生き生きできない主人公のありようがおかしくもあり、「これでべつにいいんじゃないか」とも思わせる、何とも爽快感のある一冊でした。

もう一冊は、瀬尾まいこの「そして、バトンは渡された」です。
親が何人も変わってきた女性の生活を描いているのですが、「親と子」の関係や「親の情」というものの多様性を感じさせられる作品でした。

実は、ここ数日「本読みたい。でも何読んでいいかわからない」という状態だったのですが、昨日北千住ルミネのブックファーストを何周もして、買いました。
益田ミリの「47都道府県 女ひとりで行ってみよう」という本です。
何とも脱力したエッセイです。
小説に向かい合う気力は、残念ながら湧いてきませんでした。

移動時間に楽しめればと思います。

もっと気楽に本が読みたいです。



by terarinterarin | 2019-01-29 18:55 | Comments(0)

拘置所の中。

ゴーンさんの一件で、未決拘留者が過ごす拘置所の中の生活に注目が集まっております。
特に冷暖房がないという話は世間の皆様の驚愕を呼んだようですが、拘置所のあっと驚く生活はそれだけではありません。
今回は、テラバヤシが今までの弁護士生活から知るに及んだ拘置所の中のお話についてお伝えしたいと思います。

1 服装の制限
スウェットなどのウエストを絞る紐は外さないと差し入れできません。
パーカーやタートルネック、ハイネックの服も差し入れできません。
靴下はスニーカーソックス限定。足首が隠れるソックスは差し入れできません。
女性の下着に関しては、レースなどが付いたものは、確か差し入れ禁止だったはず。
Tバックのパンティも差し入れできなかったと記憶しています。
ほつれがあるような服も差し入れできません(一度、差し入れしようとしたスラックスの裾のまつり部分が落ちてしまったいたことがあり、急ぎだったので自分でお裁縫して差し入れしたことがあります)。

服装の制限は、大量な洗濯物を裁かなければならないという施設の都合と、自殺防止の観点からなされていると思われます。
拘置所の中には精神的に追い詰められている人、不安定な人がたくさんいるので、手っ取り早い自殺方法である「絞首」ができないようにするため、ひも状のもの、ひも状にできるものの差し入れが禁止されるわけです。
ですが、これでは、暖房がない施設で、冬場に暖をとれる服装をすることがかなり困難になります。
ツイッターにも書きましたが、私が担当した被告人の中には、あまりの寒さで足の指がひどいしもやけで紫色になってしまった人がいました。

自殺防止のために服装制限するなら、冷暖房何とかしてくれと切に思います。

2 食べ物などについて。
タオルや歯ブラシなどの日用品、雑誌や新聞のほか、パンやお菓子、コーヒーなどは拘置所内の売店で買うことができます。外の人がここから買って差し入れすることも可能です(東京拘置所の場合は、拘置所前にある池田屋という差し入れ専門のお店で買って差し入れすることもできます)。
ただ、買った食べ物などは、自身のみで消費しなければならず、同房の人とかに分けてあげることはできません(とはいえ、暴力団のお偉いさんなんかは買ったものを同房の人にばらまいているという話は幾度となく聞いたことがあります)。
東京拘置所ではチョコパイ、名古屋拘置所ではしるこサンドが人気商品と聞いたことがあります…

お金あれば好きなもの食べれるんじゃないか!!と思う人も結構いるかと思いますが、裏を返せばお金がないと食べられないわけです。
拘置所内の貧富の差は、かなり目を見張るものがあると思われます。

また、飲み物に関しては、確か1日に1回か2回お茶が湯呑1杯分支給されると聞いております。
熱い夏場にこれじゃ足りない…
水分不足で便秘などにもなりやすいでしょうし…

3 医療体制について

体調不良の人については医師の診察も受けられる体制にはなっていますが、「診察願」を出してから、最低でも1週間から2週間は待たねばなりません。
刑務所もそうですが、施設内には准看護師の資格を持った職員が常駐しており、市販の風邪薬や睡眠導入剤などは与えられるようです。
ですが、それ以上の医療についてまともな対応を受けることは非常に困難です(ちなみに刑事施設で処方される薬はジェネリック医薬品です)。
外部からの薬の差し入れもできません。
糖尿病などの継続的な治療が必要な人は、結果として放置される事態となります。
実は、刑事施設からの法律相談や弁護士会の人権擁護委員会への人権救済申し立ての中で非常に多いのが、医療の問題です。

(拘置所の話ではありませんが)ある知的障害の受刑者は、出所時に健康状態があまりにも悪くて入院しなければならなくなり、予定していた就労ができなくなってしまったという話も聞いたことがありました。
拘置所で未決勾留中でも、例えば糖尿病の投薬を受けられないがために、どんどんやせ細っていく人がいて、会うたびにこちらが不安になることも少なくありません。

拘置所の中では、テレビもラジオもなくもちろんインターネットもできず、新聞や雑誌が読めるくらいで情報も遮断されています。
面会も1日3人一組までと制限されている中、食事も服装も医療も制限を受けなければならない状況です。

拘置所に入るようなことをして人は悪い人たちなんだから、これくらいのことは当たり前だろうという人も中にはいるでしょう(実際、私の知人の医者で、悪い奴らなんだからまともな医療なんか受けられなくて当然だとのたまった人がいました。その人とは一生話をしないと決めました)。

しかし、未決勾留の人は、罪人と決まった人たちではありません。
よしんば悪いことをした人なのだとしても、受けるべき制裁は裁判で決まった「懲役」「禁固」「罰金」などに限られるはずです。
健康な体は更生のためにも欠かせません。
不健康な状態で釈放されると就労ができなくなります。その結果、犯罪に手を染めることにもなってしまうのです。

とにかく、拘置所はないものづくし、拷問のような我慢と不便を強いられる場所といっても過言ではありません。

それでも「別にいいんじゃないの」という人には、一度体験入所してみることをお勧めしたいと思うのであります。




by terarinterarin | 2019-01-20 22:03 | Comments(2)
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、テラバヤシは、2018年年末、実家に帰省したとたんにインフルエンザを発症し、本日まで外出禁止の憂き目に遭っております。
30日から本日まで、お医者さん的には外出禁止期間で、31日に病院に行った以外は引きこもっておりました。
6日に東京に戻りますが、外出らしい外出ができそうなのは明日だけで、実家に引きこもるためだけに帰ってきた正月になってしまいました。

20代のころにインフルエンザになった時には、40度以上の熱が数日下がらず、死を覚悟したくらいでした。
ところが、今回は熱がそもそもそこまで上がりはしなかったものの、ゾフルーザという1回飲むだけのお薬で翌日には嘘みたいに熱が下がり(なんか変な感じは昨日あたりまで残っていましたが)、そんじょそこいらの風邪より全然ラクかもしれないと思ったくらいでした。
時代も変わったものです。

31日に休日の当番病院に行ったのですが、待合室の席がないくらいの激混みで(運よく何とか座れましたが)、診察までに都合3時間ほど待たされました。
診察直前に熱を測ってインフルエンザ検査の綿棒を鼻の穴に突っ込まれ、その後診察。言われた言葉は「インフルエンザA型陽性でした。抗インフルエンザ薬と解熱剤を出しますので。」のみ。
長いことお待たせしてすみません、という言葉もなければ、聴診器あてるとか喉の赤みを見るとかいうことも一切ありませんでした。

それで、お会計3540円(初診料込み)。

1分かかったかかかってないかわからない診察で、この値段です。
我ら弁護士なんて、法律相談30分やって、やっと5400円もらえるかどうかの世界です(初回相談無料を実施している弁護士は30分ただ働き)。

うーむ、なんたるコスパの違い!!

と熱に浮かされた頭でそんなことを考えてしまいました。

弁護士と医者の仕事って、よく比べられますし、確かに似ている側面がないわけではありません。
例えば、非常に深刻な法律問題を抱えている依頼者の場合、弁護士は長期間でわりに深く関わることとなります。その分、精神的にもその人を支える役割を担う必要が出てきます。
お医者様の方も同じで、長い治療が必要な重病の患者に対しては、長期間で深いかかわりが必要になるし、命が関わることにもなるわけだから、精神的にも支えることとなります。
この場合、その仕事の対価がどうなるのか(割いている労力に見合ったものであるかどうか)については、ケースバイケースなので比較することはできないと思いますが、仕事の内容や質としては非常に近いところがあるようにも思います。

が、今回のインフルエンザの件で決定的に医者と弁護士が違う領域があると感じました。
それは、医師や弁護士が権威付け的な意味でしか関与する必要がないルーティンな処理が求められる領域や、最小限のサービスを提供する領域の話です。

例えば、今回のインフルエンザは、検査などは医師以外のスタッフがしていて、医者が必要なのは患者に対する病名の告知と処方箋の作成。それだけでも、患者は文句を言わずにお金を払ってくれます。
持病の定期的な診察で、調子どうですか?じゃ、お口アーンして、胸の音聞かせてください、くらいのほんの10分ほどのやりとりでも、患者は文句を言わずにお金を払ってくれます。

かたや弁護士。
今や個人の債務整理の仕事は、特に破産なんかの場合、概ねルーティン的な処理ができますが、報酬はほぼほぼ扶助基準。
法律相談は無料が当たり前。
お金を払いたくなくて、電話やメールで物凄い突っ込んだ話をまくし立てるなんて人も少なくありません。
アイミツ取られるのも今や当たり前の世界。
つまり、こういう領域で、弁護士は今や徹底的に買い叩かれ、医師は買い叩かれないという違いがあるわけです。

この辺りの差って、開業した場合の事業規模をどうするかという話に結構直結するところになるような気もするのですが…

東京あたりでは、人員を抑えてこじんまり経営しているクリニックも結構あるようではあります。
先日がん検診に行ったクリニックも、先生が受付手伝ったりしていたし…

が、お一人様なお医者様という選択はなかなかないのではないかと思います。

医師と弁護士、食いはぐれる危険度の高さに歴然たる違いを見た、そんな2018から2019のインフルエンザ体験だったのでした。






by terarinterarin | 2019-01-04 16:50 | Comments(0)

寺林智栄の弁護士としての日々や思いをつづります。ウェブサイト https://attorneyterabayashi.simdif.com  「弁護士テラバヤシ」でツイッターもやっています。


by terarinterarin